9月はツガニの旬。強い出汁が食欲をそそり、夏の終りを感じさせる。 | 生姜農家の野望Online

9月はツガニの旬。強い出汁が食欲をそそり、夏の終りを感じさせる。

うっ!うまいっ……!
うますぎるっ……!!

炎天下で飲むときっと……うまい!うますぎるビールを炎天下で差し入れしてもらった。草刈りをしていると、いいことがある。

炎天下で飲むビールもおいしいけれど、炎天下で食べる「かき氷」もおいしいから、おすすめです。

食べるのはもちろん「袋氷」。

関連記事:「この氷やないといかん」田舎の人が愛す「袋入りかき氷」がうまい!

関連記事:袋のまま食べる!それが「袋入りかき氷」(袋氷)の食べ方だ!

袋氷を食べながら、目の前の小川を眺めていると、たくさんの魚が泳いでいました。

「そろそろツガニの時期だなぁ」と、ぼんやり思いました。

山の小川では「ツガニ」がとれます。

「ツガニ」とは、正式名称を「モクズガニ」というカニのことで、「上海ガニ」の一種です。

9月頃が「ツガニ」の旬で、脂がのり、メスのツガニはカニミソが増えると言われています。

この時期になると、田舎のおじさんたちは、エサを付けた網を川に沈めてツガニをとります。

大抵は「汁」にして食べるのが、一般的です。

ツガニ汁

これがうまい!

上記の画像は、7年前にオバ=アが炊いたツガニ汁ですが、炎天下のビールに匹敵するおいしさがあります。

海のカニと違い、ツガニの身はカニミソと一緒に、ミキサーですりつぶして汁に入れます。

ツガニの出汁は強く、しっかりと味覚に主張してきます。

その出汁は「うどん」とも相性がよく、高知のいくつかの飲食店では「ツガニうどん」が提供されています。

関連記事:ツガニうどんが美味しい「あおぎ」高知でモクズガニが食べられる店

関連記事:高知・いの町!道の駅「633美(むささび)の里」ツガニうどん

この時期、静かな山あいの集落で昼ごはんなどに「ツガニ汁」を飲んでいると、「そろそろ秋だなぁ」と夏の終わりを感じるのです。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)