中土佐町・久礼大正町市場でランチ「田中鮮魚店」メジカの新子。 | 生姜農家の野望Online

中土佐町・久礼大正町市場でランチ「田中鮮魚店」メジカの新子。

旬が8月下旬~9月下旬と短く、幻の魚と呼ばれる「メジカの新子(しんこ)」。

「メジカ」とは、ソウダガツオのことで、生後1年未満の幼魚を「新子」と呼ぶ。

鮮度の落ちが早いため、旬の時季がきても、どこでも食べられる魚ではない。まさに「幻の魚」である。

メジカの新子のメッカ・高知でも、たとえば20年前には、漁師町でのみ食べられる知る人ぞ知る魚だったはずが、近年インターネットの宣伝力も手伝って、県外からわざわざ食べにくる人もいるほどの人気魚となっている。

今年は潮の関係で、例年より水揚げが早かったらしく、私も7月中旬には、高知市の名店『英屋』さんで、今シーズン初のメジカの新子をいただいていた。

関連記事:高知の美味しい居酒屋「英屋」メジカの新子と「花ニラ」を食べる!

そんな高知の中でも、メジカの新子が水揚げされることで有名なのは、須崎市、中土佐町あたり。

夏の日差しも徐々に和らぎ、今年もメジカの新子がとれはじめたよ、とのニュースを耳にし始めた、8月下旬のある日。私は突然思い立った。

「ドライブがてら、新子食べに行ってみようか」

そそくさと支度をして、1時間後には車に乗り込み、中土佐町は久礼にある『久礼大正町市場(くれたいしょうまちいちば)』を目指していた。

中土佐町「久礼大正町市場」でメジカの新子を食べる。

夏休み、週末という条件も重なって、たくさんの人でごった返す『久礼大正町市場』。

8月の暑さと、人々の熱気。
「暑いなぁ……」

額ににじむ汗をぬぐいながら、両脇に店が建ち並ぶ通路を歩いていると、市場のおばちゃんが「暑いろう」と、ウチワをくれた。

「ああ、すんません……」

おばちゃんがくれたウチワを扇ぎながら、商店の魚を物色。するとそのとき、どこかで見た人が向こう側から歩いてくる。

「あらあら……」

イケハヤさん!
(*画像はイメージです)

なんと、それは東京から高知に移住されたプロブロガーのイケダハヤトさんだった。

イケダハヤトさんのブログ:まだ東京で消耗してるの?

「さすがやなぁ。オーラ出てるわ……」
波動で周りの魚たちを吹き飛ばしながら歩く姿は、漫画「ドラゴンボール」のフリーザ最終形態みたいだった。

新子に誘われて、大正町市場に現れるブロガーたち。

「おおおおお、イケハヤさぁん!」なんて言っていると、「あんた!はよう魚選んで!どれにするが!」と混雑の中で魚屋のおばちゃんをようやく呼び止めた妻に叱られ、あまりお話しできずに、イケダハヤトさん捕獲に失敗する。

今回は、そのイケダハヤトさんも記事にされている魚屋さんで、メジカの新子を食べる。 

「田中鮮魚店」買った魚をその場で、すぐさま「刺身」にしてくれる魚屋さん。

『久礼大正町市場』正面から入って一番奥にある魚屋さん『田中鮮魚店』。

『田中鮮魚店』で魚を購入すると、その場で刺身にしてくれたり、干物は焼いてくれたりする。それを向かいの食堂で、すぐさま食べられる。

なんという……

画期的システム!

食堂の前に「予約表」があるから、それに名前を書いておき、『田中鮮魚店』で食べる魚を購入する。

▲ 大きなカツオが丸々1本売られていたりするが、これはさすがに一人や二人では食べきれない大ボリュームになりそう……。

目当ての「メジカの新子」も並べられていて、無事に購入。

久礼大正町市場「田中鮮魚店」で刺し盛りランチ。

▲ 食堂では、250円で「ごはん」と「味噌汁」、お新香も出してくれる。

とにかくこの日の『久礼大正町市場』はすごい人の数で、食堂は満席状態。

数十分待っていると、ようやく店のおばちゃんが「中いっぱいやき、外の席でもかまんかねぇ」と声をかけてくれる。

「外の席とか面白いなぁ」と竜一。通路に設けられた席で食べることにした。

『田中鮮魚店』のお兄さんが持ってきてくれた皿を見て、ビックリ。

なにこれ!すごい!

豪華!刺し盛りが完成していた……!

▲ ちなみに注文した魚は、このイサギ(1,200円)と、メジカの新子(500円)

合計1,700円で、こんなことになるとは!

「ええお料理さんに行ってみてくださいよ!これだけ盛って1,700円では出してくれませんよ!

▲ メジカの新子はサービスで、新子には付きものの「ブシュカン」を添えてくれている。

「イサギって、なんかヒョロヒョロの魚やなぁ」と舐めて注文して、刺身にしてもらったら……

どんだ、断崖絶壁!

これにはツッコミを入れざるを得ない。

マッターホルンかっ!

人それぞれ好みはあるだろうけれど、私が思うにメジカの新子は、ブシュカンを上品に少しだけ…ではなく豪快にたくさんしぼって、醤油をつけて食べるとうまい。

ブシュカンは酸味がそれほど強くないため、さわやかさだけがメジカの新子にのる。

「メジカはまだ脂がのりきっている、という感じではないけれど、おいしい。むしろ脂がのっているのはイサギのほうで、こっちはモチモチの食感!

食堂で出してくれた「味噌汁」も、魚の出汁が効いていておいしかった。

ごはん+味噌汁+刺身。

幸せしか感じない、最強の和定食である。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

「田中鮮魚店」の所在地、営業時間、定休日、駐車場。

所在地/高知県高岡郡中土佐町久礼6382(地図
営業時間/9:00~17:00
定休日/第4火曜日(祝日の場合は前後の火曜日が休み)、ほか数日定休日あり。詳細はこちらのサイトにて
駐車場/有(久礼大正町市場の駐車場)
一人行きやすさ/○ カウンター席有り。
子連れ行きやすさ/○ 座敷なしも、外の席はベビーカーに座らせたまま飲食可能。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)

『中土佐町・久礼大正町市場でランチ「田中鮮魚店」メジカの新子。』へのコメント

  1. 名前:サカイ 投稿日:2017/08/29(火) 23:36:50 ID:20f504074 返信

    このブログのフォロワー?(すいません、ネラーのくせにあまり詳しくないので使い方間違ってると思うババ)
    をし始めて数週間のペーペーのサカイです。
    好奇心だけは山のようにある、真性の引きこもりの私(3人の子供の母)(子供の為にはクソ暑い公園、動物園、水族館行きますョ)
    毎年新子を食べたいのに何だかんだと理由をつけ(言い訳とも)行ったことがないので、今回も楽しく拝見させていただきました。
    本当にお買い得で美味しそうですね。

    けど、竜一さんの人徳にもよるんだろうなと、今日も感心しております。

    • 名前:竜一 投稿日:2017/08/30(水) 18:04:14 ID:cad5520b2 返信

      人徳などまったくありません。本当に普段から人徳がないのを実感する人生ですので……(暗)

      メジカの新子はおいしいですけど、たぶん今年は9月に入ってからが、よりおいしいのではないか、という気はしました。記事中にも書きましたが、脂ののりが、まだ本物ではないように感じます。

      それでもブシュカンをしぼって、醤油をつけて食べると、とても美味しいんですけどね(^_^;)