具材のせるだけ!うどんのアレンジレシピ「唐揚げ枝豆温玉うどん」 | 生姜農家の野望Online

具材のせるだけ!うどんのアレンジレシピ「唐揚げ枝豆温玉うどん」

唐揚げ枝豆温玉うどんの作り方(簡単)

材料(1人分)

  • 冷凍うどん/2玉
  • 冷凍唐揚げ/2個くらい
  • 冷凍枝豆/5~7本くらい
  • 温泉卵/2個(1個でもよい)
  • きざみネギ/好みで
  • おろし生姜/生姜農家的には多めに入れて欲しい

作り方

  1. 温泉卵を作る。
  2. 冷凍枝豆を水にさらして、解凍しておく。
  3. 冷凍唐揚げ、冷凍うどんをレンジで温め、食べられるようにする。
  4. 温めたうどんをザルに取り、水で冷やして、器に入れる。
  5. うどんの上に具材を盛り付ける。好みできざみネギや、おろし生姜を。
  6. 醤油、あるいは、めんつゆに醤油を入れたものでいただく。

▼ 温泉卵の作り方は、クックパッドの投稿の記載通りにすると、完璧にできました。

冷蔵庫の卵直行!!失敗なし!つくレポ3500件突破!殿堂入りありがとう♪蓋をして待ってる12分間が待ち遠しい!

唐揚げ枝豆温玉うどん

夏におすすめのうどん。

この記事を書いている2017年9月上旬は、「あれ?高知の夏って、10月くらいまで続くんじゃなかったかな?」と、生まれてからずっと高知に住んでいる私も首をかしげるほど涼しいのですが……。

いやいや、まだしばらくは暑くなったり涼しくなったりを繰り返すでしょう。そうして本格的な冬になっていくわけですが、「きょうはちょっと暑いなぁ」という昼間におすすめしたいのが、この「唐揚げ枝豆温玉うどん」。

なんだそりゃっ!

……というようなうどんですが、誰かにごちそうするわけでなく、家で自分が食べるうどんですから具材はなんでもいいのです。

未来は僕らの手の中。
未来を創造するように、うどんを創造すれば、どんなうどんだって生み出せます。

具材は、ほぼ冷凍食品でかためているがため(冷凍食品の是非はさておき)、包丁もまな板も鍋もいらない、誰でも手軽に、簡単に作れる料理です。

とくに子どものいる家庭では、「簡単」「手早く」このふたつは重要な要素です。

どうしても日々の生活に追われ、朝起きたら慌ただしく仕事に行き、職場では仕事に追われ、帰ってきたら慌ただしく家事や育児に追われる。

そういう状況が子育てされている家庭の日常だと思います(ウチもそうです)。

だから、たとえばお母さん一人、お父さん一人、休みの日のお昼、普段の生活で疲れているとき、この風変わりなうどん「唐揚げ枝豆温玉うどん」を作ってみてください。

温玉を2個も入れると、うどん屋さんに食べに行った場合には実現しづらい贅沢を楽しめます。

うどんに枝豆?
……と驚かれるかもしれませんが、枝豆が食感のアクセントになって、なかなかおいしい。私はよくうどんに枝豆を入れます。

うどんの白に枝豆の緑が映えて、彩りも綺麗じゃありませんか。

薬味には、きざみネギと、おろし生姜。讃岐うどんの世界では、定番の組み合わせです。

つゆは、醤油に「めんつゆ」を入れるのもあり。

本当は「生醤油」でいただくのが、もっとも合う気のするうどんなのですが、家にうどん屋さんが使っているような”ええ醤油”がない場合には、普通の醤油に「めんつゆ」を垂らして、好みの味加減にすると、ある程度、めんつゆに入っている出汁に救われておいしくなる感じがします。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)