園田競馬「馬単」流し!2000円勝負!大接戦の2着争いの果てに! | 生姜農家の野望Online

園田競馬「馬単」流し!2000円勝負!大接戦の2着争い、その果てに・・・!

(* この記事は、上述の記事のつづきです)

かくして単勝1点勝負に成功して、3,900円の大勝を収めた竜一。

続く……!
2戦目に突入……!

2戦目「C2級二組」1,400m競争

初戦は5頭立てから除外があり、結局4頭立てになるという超小頭数レースだったが、今度は多頭数。

10頭……!
10頭立て……!

「これだけいたら、当てるのは至難の業……!」

不安になる竜一。しかし……
「そうだった。俺には必勝法がある。負けるわけがない……!」

3戦連続で凡走すると走るクラスが降級する、という園田競馬の番組編成システムを利用して、あえて3戦連続での凡走を企てる馬を外して買う……。

つまり2戦連続凡走中の馬の3戦目は、あえての凡走を謀る、という前提で買う……。

それが竜一の編み出した必勝法……!!

▼ 出走馬は以下の通り。

  1. サンボウ 大山 9.6倍
  2. メイショウマツシマ 廣瀬 20.7倍
  3. マクトゥーブ 下原 1.4倍
  4. ミュルミューレ 松本 11.1倍
  5. ホーリーデーンズ 川原 23.2倍
  6. キュティリー 永井 22.8倍
  7. ナリノスマイル 吉村 4.9倍
  8. ハート 板野 91.9倍
  9. グラーネ 田中 39.4倍
  10. ジュンウトナイ 田村 100.4倍

この中で、2戦続けて凡走している馬は、10番のみ。

「10番だけ……!?」

まずい……!
残り9頭もいる!

抜けた人気は3番で、単勝1.4倍。
次が7番で、4.9倍。3人気が1番で、9.6倍。

「3番の騎手は下原さん。さっきのレースで1人気の馬で2着に入った騎手だ。だが1人気の馬で2着は悔しさが残ったはず……」

ならば……。
「2レース連続で1人気に乗ってきたこの局面、それも断トツ人気。下原さん的に負けるわけにいかない局面……!」

勝つのは間違いなく、下原さん……!

問題は2着、3着。なにせ10頭も馬がいるんだ。3連単など3着まで当てる必要のある馬券は難しそう……」

さっきのレースみたいに、単勝で勝負するか?

「いいや買えない。このレース、十中八九勝利すると思われる下原さんが乗る3番のオッズは、1.4倍……。100円買って140円。こんなものは買えない……」

となると、もうあまり選択肢はない……!
「1着はわかってんだ。1着を固定する賭け式……」

「馬単」でいこう!

竜一……!
このレース……!

馬単勝負……!

(*「馬単」とは、1着と2着に入る馬を順番通りに当てる賭け式。)

「だが、2着を決めなきゃいけない。どれだよ2着……」

1人気の3番から、2人気の7番への組み合わせ、3ー7、それが4.8倍と非常に売れている。次は3-1で7.3倍。

そのとき2人気に推される7番の馬体重は、前走より+22キロ。

+22キロだぜっ!?

これだけ肥えたら……

ほとんど牛だろう!

「大体、1人気の組み合わせなんて面白くない!」

7番を除ける!

「ダイエットに失敗した7がくるなんてこと、まさかあり得ないだろう……」

購入した馬券

購入したのは、2人気の7番をあえて外した、馬単4点。

3→ 1,2,4,9

とにかく3番が勝って、1、2、4、9、いずれかが2着にくれば当たる。

すでに3,900円もの大勝を収めている竜一。

この局面、1点500円!
合計2,000円の大勝負……!!

レーススタート!

勢いよく飛び出した10頭!若干8番が立ち後れたものの、それほど大きな出遅れはない!

「ゴチャゴチャして、どこに誰がいるのかわからない。大丈夫だよね?とりあえず3番は勝つよね?

なにせ、前レースのリベンジに燃える下原さんだから……!

向こう正面……!
先頭は6番!2番手は3番下原さん!

下原さん、絶好の位置!

「下原さんはおそらく大丈夫だ!問題は、1、2、4、9!いずれかが2着に入れるか否か!」

4コーナーを回って直線に向いてくる!

あと200メートル!

先頭は3番にかわった!

突き放す!下原マクトゥーブ!勝利は確実!

がっ!

後続……!
竜一の勝った馬たちが伸びてこない……!

大丈夫!大丈夫!

1きたっ!

2着、1キタッ!

って、ええっ!?

最後どうなった……!?

7がなんか……最後バァーって外から……」

ゴール前で強襲した馬、それは竜一が「牛」呼ばわりしていた7番……!

そのとき、近くにいたおじさんが言う。

「ああっ!2着7番や……!

なにぃっ!?

「うそっ……!? 1番でしょ……!?」

▲ 見づらいけれど、内が1番、外が7番。

1番なら、3-1で竜一当たり。
7番ならハズレ。

大接戦の2着争い。

結果は……。

7番……。

「ウソだろうっ!あるのかよ!こんなこと……!」

7番が、普通に2着……!

牛が2着!

「ぐはぁぁぁぁ……ゴール直前まで、ほとんど1番だったのに……」

どうして7番がきちゃうんだよぉぉぉっ……!

その後……。

3戦目「C2 一」1,400m競争

当初から3戦勝負と決めていた、今回の挑戦。

3戦目、残り1,900円の勝ち金額に100円を上乗せして、合計2,000円の勝負に出るも……。

大接戦の2着争いをものにできなかった竜一に、もう流れはない……。

あっけなくハズレ……。

100円負けで決着!

「100円で3レースも楽しめたからよかったじゃない?」

いいわけないだろう……!
これは遊びじゃねぇ……!

勝負なんだ!

こちとらゲーセンでメダルゲームやってるわけじゃねぇんだよ!

勝たなきゃダメ……!
100円でも勝てたら大勝だが!負けたら大負け!

おのれ園田競馬……!
そして俺に馬券を売った高知競馬め……!

必ずやリベンジしてやるっ……!

そう、下原騎手のように……。

俺はきょうから、下原になる!

下原になることを決意して、場外馬券売り場『パルス高知』を退場……。

戦いが……終わった………。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)