将来の夢がない。それなら作ればいい。なりたい自分になる方法。 | 生姜農家の野望Online

将来の夢がない。それなら作ればいい。なりたい自分になる方法。

将来の夢がない。そういう若者は昔からいる。

あるいは夢はあるけれども、到底なれそうもない。

たとえばプロサッカー選手になれるかどうかは、ある程度の年齢になると本人も薄々わかるようになる。自分の実力とトップクラスの差を鑑みて、けじめを付ける。

そうして、現実的になれそうな職業に就いたりするわけである。

しかしどんな職業に就いても、多くの人が徐々に迷い始める。

「自分はこのままこの仕事をし続け、やがて死んでいくのか」

それでいいのか。

「なりたい自分は、どんな自分だろう」

小学生の頃に思い描いた「なりたい職業」ではなく、「なりたい自分」について、大人になって、また考え始めるのだ。

「うーん。なりたい自分ってどんな自分だろう……」

熟考しても、なかなか答えは出ないかもしれない。

なりたい自分の見つけ方

なりたい自分の見つけ方は、意外と簡単だ。

胸に手を当てて考えてみよう。
「自分はなにが好きだろう」と。

好きなものが、一切ない。そんなことはない。

たとえば好きなテレビ番組、好きな芸能人、などいるだろう。

そして多くの人に「好きな食べもの」があるのではないだろうか。

私の場合は、もちろん「うどん」だ。

私はうどんになりたい。

うどんになれば、人々を感動させられる。

なにも強烈なコシをもった、うどんでなくてもいい。人の好みは千差万別だから、コシのないうどんが好き、という人もいる。

つまり、どんなうどんになろうと、誰かの心を掴めるのだ。

同じように、ラーメンが好きな人はラーメンになればいいし、「俺は蕎麦派だ」という人は、蕎麦になればいい。

もちろん「カレーライス」にだってなっていいし、「スパゲッティ」になってもいいのである。

このように、なりたい自分は、いとも簡単に見つかる。

なりたい自分になっていいんだよ

とは言っても、「うどん」にどうやってなるんだよ、と多くの人が憤るだろう。

その答えとして、私は「生姜農家」になった。

うどんになるには……、と考えたとき、自分自身に直接小麦粉を振りかけても、おそらくはうどんになれないと結論づけた。

そこで私は、母の実家で栽培していた「生姜」に着目した。

人によっては「ええっ!うどんに生姜っ!?」と驚かれるかもしれないが、うどんにおろし生姜を入れて食べる、それは讃岐うどんの世界では当たり前のことだ。

おつゆをかけた、一般的な食べ方「かけうどん」はもちろん「ぶっかけうどん」「醤油うどん」「釜玉うどん」などといった、讃岐うどん独特の食べ方にも、好み次第ではあるが“おろし生姜”を入れて食べる。

うどんは「生姜」と共にあるのだ。

ジェダイがフォースと共にあるように……。

私はフォース……すなわち「生姜」を作り出す。それを職人さんが打つジェダイの騎士「うどん」と融合させる。

そこに「最強のジェダイ」が誕生する、そう確信したのだ。

生み出された「最強のジェダイ」は、世界においしいうどんをもたらし、私をうどんにしてくれることだろう。

なりたい自分になるには

なりたい自分になるには、とにかく「なろうとし続けること」だ。

なろうとし続けた試行錯誤した果てに、なりたい自分になれる。

「うどんになりたい」というのは、私ほどのファンタジスタでないと思いも付かない発想だろう。

しかしたとえば「気の長い人になりたい」が、なりたい自分である場合、気を長くするためには、どうしればいいのだろう。ああすればいいのではないか、こうすればいいのではないか、考えてみるといい。

それはただひたすら、“悩む”のではなく、なりたい自分という明確な答えをもって、シッカリと“考える”ことが重要である。

考えた先に、ちゃんと「なりたい自分」が待っている。

なりたい自分になるのに遅すぎることはない

冒頭にも記述したとおり、「将来の夢」には期限がある。

年齢制限のある職業はもちろん、先述のプロサッカー選手などは、80歳になってからトッププレイヤーになりたい、と言っても残念ながらなれない。

それでも「なりたい自分」には、いつからだってなれる。

極端なことをいうと、死の直前にまで「なりたい自分」になれる可能性はある。

ベッドの上。
徐々に遠のいていく意識。

薄らぐ視界の先に息子の嫁がいる。

自分の最期はこの子に看取られるのかと思う。

普段は、この子と言い争ってばかりだった。

でも、いまなら言えるかもしれない。

「ありがとう」と一言、”感謝できる自分”になれるかもしれない。

読者の皆様につきましては、是非「竜一の言うことを真に受けない自分」になっていただきたい所存です。

生姜農家の野望Online!
▼ 応援お願いします(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)