田村神社「日曜市うどん」香川・高松市。150円で食べる神社うどん | 生姜農家の野望Online

田村神社「日曜市うどん」香川・高松市。150円で食べる神社うどん!

さすがはうどん県、香川県。

神社で「うどん」が食べられる!

神社で食べられるうどんとしては、宇多津の「宇夫階神社」の境内にある『うぶしな』が有名。*宇夫階の読みは、うぶしな

関連記事:神社で食べる讃岐うどん「うぶしな」おすすめの「肉ごぼうぶっかけ」

だが、それよりもレア度が高いのが、ここ『田村神社』名物・日曜市うどん。

その名の通り、毎週日曜日のみ早朝6時より……

神社の境内に、うどん店が開かれるのだ……!!

ちなみに竜一の地元、高知にも「日曜市うどん」が……あることはある!

関連記事:【高知市】日曜市うどん

田村神社 日曜市うどんの店内。

広い境内。駐車場に車をとめて降り立つと、初回はおそらく迷う。

「どこでうどんが食べられるんだ?」

わからない。
きっと最初から、うどんなんてものはなかったんだ。

村上春樹さんなみに迷うことだろう。

そして大抵はうどんを求めて、世界の終りと田村神社ハードボイルドワンダーランドをさまようことになるのだが、田村神社日曜市うどんは、本殿すぐそばにある建物の中で提供されている。

田村神社 日曜市うどんはセルフシステム

  1. 入口で注文して、食券を受け取る。
  2. そのまま即席のセルフレーンの奥へ進み、うどんをもらい、会計。
  3. 空いている席に、自分でうどんを運んで行って食べる。
  4. 食器を返却口に持って行き、退店。

うどんを提供してくれるのは、ボランティアスタッフである、地元のおじちゃん、おばちゃん。

田村神社 日曜市うどんのメニュー(持ち帰り用のばら寿司もある)

メニューはシンプル。

  • かけうどん 150円
  • 天ぷら 50円~
  • ばら寿司 100円

冬季限定で「そば」の提供もあり、持ち帰り用の「ばら寿司」は、200円(ケース入り)で販売されている。

それにしても……

かけうどん150円……!
炸裂する香川価格っ……!!

4人で食べに行っても、

たったの600円……!

かけうどん

ほっかほっか!
器からあふれるほど盛られた、温かいうどん。

ゆで置きで強烈なコシは期待できないが、ある意味これが「讃岐うどん古来の形」といえるのではないだろうか。

打ち立て、ゆで立てでないとダメだ。そんな風潮になってきたのは、わりと最近のように感じる。

優しい味わいの出汁に、うどんが浸かる。

それを食べると、なにかこちらまで優しい気持ちになってくる。

うどんは人間と同じだ。

刺激的な人に魅力を感じる一方で、穏やかな人に惹かれることもある。

コシが、コシが……、

そういう現代の讃岐うどんを取り巻く状況に、果たしてそれがすべてだろうかと、田村神社の日曜市うどんは問いかけているようである。

昔ながらの讃岐うどん、田村神社日曜市うどんは、縁側に腰をかけて、ひなたぼっこをするお爺ちゃん、あるいは孫を見つめるお婆ちゃんみたいに、優しく微笑んでいる。

食べさせていただいて、ありがとうございます。

田村神社日曜市うどんにかかわるすべてのかたに感謝したい。

生姜農家の野望Online!
▼ この緑を押していってね(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

田村神社 日曜市うどんの所在地、営業時間、定休日、駐車場。

所在地/香川県高松市一宮町286(地図
営業時間/6:00~13:00(麺がなくなり次第終了)
定休日/日曜のみ営業
駐車場/広い!(約100台駐車可能)
一人行きやすさ/○ 長テーブルにみんなで座る形だが、セルフの利点でサッと食べて出られる
子連れ行きやすさ/○ 座敷などないが、店内で車椅子・ベビーカーの利用もOKとのことで、入りやすい

スポンサーリンク

竜一を監視(Twitterフォローなど)