さぬき自家製麺「浜心うどん」高知県・桂浜近くのうどん屋さん

さぬき自家製麺 セルフ 浜心うどんの外観

早い、安い、高知県を代表する観光地「桂浜」近くのうどん屋さん『浜心うどん』。

2011年のオープンから、はや7年目を迎えられる。

オープン当初の記事:さぬき自家製麺 浜心うどん 前編/セルフの新風

スポンサーリンク

浜心うどんの店内

カウンター席、テーブル席に加え、6人がけの座敷が3卓ある『浜心うどん』の店内は、一人でも幼児連れでも行きやすい構成。

セルフ方式のお店で、カウンター越しに注文してうどんを受け取り、先払いで会計するシステムになっている。

浜心うどんのメニュー

さぬき自家製麺 セルフ 浜心うどんのメニュー

浜心うどんで特筆すべきは、年中「冷やかけ(冷たいかけうどん)」が提供されている点。

関連記事:日本の夏!冷やかけの夏!さぬき自家製麺「浜心うどん」高知市長浜

その「かけうどん」は小210円からと、リーズナブルな価格設定になっている。釜揚げ系のうどんが提供されていないのも特徴。

しかし今回は10月、気温もだいぶ下がってきたということで、温かい「かけうどん」と、「肉カレーうどん」をそれぞれ(大)で注文。

かけうどん、カレーうどん

さぬき自家製麺 セルフ 浜心うどん、かけうどん、カレーうどん

かけうどん、肉カレーうどん、それぞれの湖面に沈む長い麺。

さぬき自家製麺 セルフ 浜心うどん、アジフライ、ちくわ天、唐揚げ ▲ トッピングは、アジフライ、ちくわ天、唐揚げ。

浜心うどんのかけうどん(大)

さぬき自家製麺 セルフ 浜心うどん、かけうどん

初手は、オーソドックスな「かけうどん」。

さぬき自家製麺 セルフ 浜心うどん、かけうどん

昆布のお出汁が効いている!

♪ こんぶ~だし効いてるよ!カツオと昆布の合わせ技!

……という歌が昔あったけれど(知らない?)、今回はあえてネギを少なめに入れて、おろし生姜を落とし、天かすを多めに入れてみました。

お出汁をギュッと吸った天かすを、食べると思う。

ああ!天かすうまい!

二日酔いのときなんか、天かすを散らした、かけうどんのお出汁だけ飲みたい。そういう気分になりませんか?

それを白いごはんにかけて、出汁茶漬けにしてもおいしいかもしれない。いいや、おいしいはずだ。間違いなくおいしい。

お出汁は、日本人の心を安らげてくれる。

変なマッサージ器はいらない。

お出汁は、心をもみほぐしてくれるのです!

浜心うどんの肉カレーうどん

さぬき自家製麺 セルフ 浜心うどん、肉カレーうどん、アジフライ

次順は「肉カレーうどん」。

通常のカレーうどんに、牛肉がギュウギュウ、“ギュウギュウ”詰めなるほど入っています。

牛だけに!

さぬき自家製麺 セルフ 浜心うどん、カレーうどん、アジフライ ▲ アジフライを、あえてカレーうどんにのせていく。

こんな贅沢なことがあるでしょうか!

ご家庭でカレーうどんを作ったあげく、アジフライをのせるなんてことは、なかなかできません。

麺を茹でて、カレー出汁も作って、肉を煮込んで、ネギをきざみ、生姜をおろし、アジフライまで揚げる。ご家庭で1食に対して、そこまで手をかけていられますか?

よほど暇でないとできない。

ところが『浜心』さんなら、棚に並んだトレーから、アジフライをトングで挟んで取るだけで、

そんな贅沢が可能になるんです!

さぬき自家製麺 セルフ 浜心うどん、肉カレーうどん、アジフライ

ああっ!贅沢っ!!

こんな贅沢なうどんの食べ方は、通常の自然界ではあり得ないのです!

さぬき自家製麺 セルフ 浜心うどん、カレーうどんの肉

お肉も盛りだくさん!

生きていてよかった!

そのように私はこの「肉カレーうどん」を眺めながら、ちょっとだけ泣きました。

ピリッと辛いスパイスは、心のスパイス。

束の間、日々の忙しさから解放していただける。

カレーのスパイスと、生姜の力で、身体が温まる。

冬場でも『浜心うどん』からの帰りは、上着を脱いで半袖でよいのではないか。そんな気にさえさせられる。

「桂浜で身体が冷えたら、浜心うどんで温まろう」

2017年冬、私はそのキャッチコピーでまいります。

生姜農家の野望Online!
▼ この緑を押していってね(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

「浜心うどん」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市長浜5640(地図
営業時間/11:00~16:00
定休日/無
駐車場/有
一人行きやすさ/◎ カウンター席あり
子連れ行きやすさ/◎ 6人がけの座敷3卓あり

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top