手打ちうどん「まるしん」高知・土佐山田。ド迫力の巨大天ぷら!

手打ちうどん「まるしん」の外観

高知県中東部に位置する、香美市土佐山田町にあるうどん店は、「さかえ」「久五(ひさご)」そしてここ『まるしん』3店のみ。しかしいずれも粒ぞろい。

中でも『まるしん』は行列ができるほどの人気店として知られる。

うどんをそれほど食べに行かない人が相手でも、「山田の歩道橋の下にあるうどん屋さん」と言えば、大抵は話が通じる。

これまで竜一がブログに書いた『まるしん』の話は18記事にのぼるが、近年はあまりの人気ぶりにより気軽に行きづらくなってしまい、かれこれ2年ぶりの来店。

過去の「まるしん」関連記事一覧

「手打ちうどん まるしん」の店内

手打ちうどんまるしんの店内

カウンターとテーブル席で構成される『まるしん』の店内は、それほど広くはなく、おそらく20人も座れない。

お昼どきは、その店内が超満員になる。土日にいたっては、昼どきでなくても行列ができることがよくある。

「手打ちうどん まるしん」のメニュー

高知・土佐山田・手打ちうどんまるしんのメニュー▲ メニューは2年前からまったく変更ない模様。

注文したのは「天ぷらおろし」。

平日の午後2時半頃と、わざとピーク時を外して行ったためスムーズに入店できたが「できあがりに25分ほどかかる」と伝えられて一瞬「えっ!?」と思った。

しかし待つ!

25分後………。

天ぷらおろし

手打ちうどんまるしん「天ぷらおろし」

降臨した、天ぷらおろし!

天ぷらが……!
はみ出ている……!

メニューには「天ぷらおろし」とだけ記載されているため、「天ぷらおろし醤油」なのか「天ぷらおろしぶっかけ」なのか、わからない仕様だが、

正解は醤油!
天ぷらおろし醤油!

醤油うどんの系統だ!

それにしても………

手打ちうどんまるしん「天ぷらおろし」

とんでもない天ぷら量!

高さがおかしい!

打倒スカイツリーを目指しているとしか思えない高さ。

一つ一つの天ぷら自体が「巨大」である!

手打ちうどんまるしん「天ぷらおろし」おろし生姜とゆず酢 ▲ おろし生姜は別盛で入れ放題。これが嬉しい。

生姜をたくさん入れたい場合、

入れられるんだよ!

さらには「ゆず酢」が付くことで、途中から味を変化させることが可能となっている。

手打ちうどんまるしん「天ぷらおろし」 ▲ 上空から見た図。

ほぼ麺が見えない。

大きな花のようだ。

咲いている……!

まるしん……
天ぷらの花が咲いている!!

手打ちうどんまるしん「天ぷらおろし」の麺▲ すらりと整った麺線。

ムッチムチのアルデンテ!

温で食べても美味だけれど、冷やしていただくと、より麺の弾力、舌触りをダイレクトに感じられる。

「まるしんの醤油うどんは、醤油を多めにかけて強く効かせたほうがおいしい……」

醤油と非常に相性のよい麺だからこそ、醤油をしっかり絡めると、ただでさえ強い攻撃力が、より上がる。

2年ぶりにいただいた『まるしん』で特筆すべき出来事は、うどんを持ってきてくれた際のこと。

「よかったら天ぷらにかけてください」と、ご主人が示す手の先にあったのは「天つゆ」。

卓上に「天つゆ」が置かれていたのだ。

「天つゆ」が用意されている、うどん屋さんはめずらしい。

出汁に浸けて食べるのが一般的だが、私がたまにやる食べ方は「醤油うどん」においても「ぶっかけうどん」においても、卓上に「醤油」があれば、醤油を天ぷらに垂らしていただく食べ方。

これは昔、うどん屋のご主人に教えてもらった食べ方である。

試しにその”天つゆ”を『まるしん』の天ぷらにかけて食べてみた。

「これはもうほとんど、天ぷら屋さんのクオリティですよ!」

生姜農家の野望Online!
▼ この緑を押していってね(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

「手打ちうどん まるしん」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県香美市土佐山田町楠目339-1(地図
営業時間/11:00~18:00
定休日/月曜日
駐車場/有
一人行きやすさ/◎ カウンター席あり。混雑時を避ければいける
子連れ行きやすさ/△ 座敷なし。幼児連れはつらいかも……

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top