「モンゴモンゴ」高知・香南市野市町のカフェでエッグベネディクト!

高知、香南市野市町の父養寺。

父養寺、

読めますか!「父養寺」。

正解いきますよ。

いいですか、正解!

正解は………

「父養寺」と書いて「ぶようじ」と読む!

その香南市野市町父養寺にあるカフェ『mongo mongo(モンゴモンゴ)』は、ナビを頼りに車を走らせていると、

「こんなところにお店があるの?」

わりと本気で不安になっちゃうほど、意外な場所にある隠れ家的カフェであるが、インスタ女子たちは大抵知っている、おしゃれカフェ。

mongo mongo (モンゴモンゴ)の店内

出入り口のドアを開けると、たくさんのパンが並べられた棚、そしてショーケースに入ったケーキたちが目の前に現れる。

店名になっている「mongo mongo」は、ミクロネシア語で「食べて食べて~」の意味とのこと。

並んだパンやケーキたちは、本当に「食べて食べて~」と言っているようだ。

それらの持ち帰りもできるが、店内で食事することも可能とのことで、今回はランチ。

mongo mongo (モンゴモンゴ)のメニュー

店内で食べられる食事のメニューはシンプルで、

  • 挽き肉のココナッツカレー/950円
  • エッグベネディクトサンド/900円

……があるのみ。

行った時間が遅く、すでにカレーは売切れとのことで「エッグベネディクトサンド」を注文した。

“エッグベネディクト”は食べたことがあっても、“エッグベネディクトサンド”は初めてだなぁ……」

エッグベネディクトサンド

降臨する……!
エッグベネディクトサンド!

「すごくベネッてる……!」

見てください、これを!

東京ドームではありませんか!

「ビッグエッグ」とも呼ばれる、東京ドーム。

私はこの「エッグベネディクトサンド」の姿を見て、唖然としました。

東京ドームは本当に「ビッグエッグ」だったのです!

東京ドームの裏には大草原!

放牧地帯が広がっている……!

これだけ野菜を食べたら、血液がサラサラになること間違いなし!

きっと血流が清流になる!

卵を割ってみます!

開閉式ドーム……!

そうです。ビッグエッグこと、東京ドームだと思われた「エッグベネディクトサンド」の正体は……

福岡ドームだったのです!

卵は意外と固ゆで!

でも、固ゆでのほうが食べやすい!

ドロッとした黄身は、つかめないから大変!
しかし固ゆでなら、驚くほどつかめる……!

エッグベネディクトサンドを単品で注文していたものの、食べていると飲みたくなって、急遽食後に「ホットコーヒー」を追加注文。

静かな父養寺のカフェ『モンゴモンゴ』でおしゃれランチ。

店内に、ゆったりとした素敵な空気が漂います。

私はそこで「エッグベネディクトサンド」をモンゴモンゴと食べたのです。(面白い……!)

生姜農家の野望Online!
▼ この緑を押していってね(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

「mongo mongo(モンゴモンゴ)」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県香南市野市町父養寺5-4(地図
営業時間/11:30~17:00(ランチは14時まで。なくなり次第終了)
定休日/月曜日、火曜日
駐車場/有
■カウンター席/無 ■テーブル席/有 ■座敷/無

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top