高知・北川村「モネの庭」カフェ「モネの家」おすすめメニュー!

モネの庭のギャラリー入口

印象派の巨匠、クロード・モネがこよなく愛したフランス・ジヴェルニーの庭をモデルに創られてた、高知県北川村の『モネの庭』。

高知県東部を代表する観光地のひとつである『モネの庭』に、のどかな山の景色を見ながら食事できるカフェがある。

それが『カフェ モネの家』。

元々は『レストラン モネの家』という名で営業されていたが、2017年4月より『カフェ モネの家』としてリニューアルオープンされている。

カフェ モネの家

カフェ・モネの家の外観

『カフェ モネの家』周辺の景観は素晴らしい。

モネの庭の景色

「花の庭」、そして北川村の山々を一望できる!

「素敵ですなぁ……」

カフェ モネの家の店内

カフェ モネの家の店内

『カフェ モネの家』の店内は、室内の席のほか、テラスにも席がある。

カフェモネの家 テラス席周辺

圧倒的!眺望!

風光明媚な景色を眺めながら、食事することができる。

カフェ モネの家のメニュー

カフェ モネの家のメニュー

モネの家のメニューはそれほど数が多いわけではないが、多くの料理に高知県ならではの食材が使われている。

この局面、長考したが「四万十ポーク 焦がしバターソテー」「四万十鶏のロースト モネレシピ」を注文することにした。

四万十ポークには、地元「北川村のゆずポン酢」が使われているというし、四万十鶏のローストは、なにせ「モネレシピ」だ。

モネレシピ!?

これは食い付かざるを得ない。

ランチセットに付くスープは「温かいスープ」「冷たいスープ」を選べるとのことで、注文した二つのセットに「温」「冷」それぞれを付けていただくことにした。

冷たいスープ さつまいも

カフェ モネの家「サツマイモの冷製スープ」▲ 初手は「冷たいスープ」。サツマイモのスープだという。

こ、これは……!

一口飲んで驚愕した。

おいしいのだ。

絶句。

しばし言葉を失う……。

 

温かいスープ ねぎとじゃがいも

カフェ モネの家の温かいスープ ▲ 「温かいスープ」は、ネギとジャガイモのスープ。

これがまた異次元のおいしさ。

「なんだこれは!こんなにおいしいスープ、なかなかないですよ」

讃岐うどんでいわば、まえば……。

『前場製麺所』の“かけ出汁”みたいだ!

関連記事:【讃岐うどん】手打ちうどん まえば(前場製麺所)香川県・丸亀市

どうなっているのかよくわからないが、味が複雑で奥行きがすごい。

中東の石油王のおウチの、広いリビングのようでもある。

カフェ モネの家の子ども用取り皿▲ しかも子ども用のお皿がかわいい。

ハチさん飛んでます!

「おいしそうだなぁ」と、お花にブンブン寄ってきているではないですか。

スズメバチやアシナガバチだと怖いですが、ミツバチはええ子ですから。自分からは襲ってきません。

さあ、お花の蜜を吸ってください、いうことです。

四万十ポーク 焦がしバターソテー ~北川村ゆずポン酢ソース~

カフェ モネの家「四万十ポーク焦がしバターソテー 北川村ゆずポン酢ソース」

ここからはメインのお料理。

「ゆず」の産地として知られる、北川村。

「四万十ポーク焦がしバターソテー ~北川村ゆずポン酢ソース~」は、高知県西部で育てられている豚、四万十ポークのバターソテーに、北川村の「ゆずポン酢ソース」がかけられた一品。

カフェ モネの家「四万十ポーク焦がしバターソテー 北川村ゆずポン酢ソース」の野菜 ▲ たくさん盛られたお野菜たち。

大きなオクラと、ミョウガの天ぷらが印象的。

さすがは“印象派”のモネの家で出される料理だけある。

カフェ モネの家「四万十ポーク焦がしバターソテー」の四万十ポーク

北川村のゆずポン酢ソースをまとった四万十ポークは、気品にあふれている。

豚であるけれど、「ブーブー」という感じではない。

むしろ、「おほほ」と笑っているようでもあります。

四万十鶏のロースト モネレシピ

カフェ モネの家「四万十鶏のロースト モネレシピ」とライス ▲ そしてこちらは「四万十鶏のロースト モネレシピ」。

洋食だと、よく「ライス」か「パン」を選べる場合が多いが、モネの家では聞かれなかったため、「パン」の提供はなく「ライス」のみいただける模様。

カフェ モネの家「四万十鶏のロースト モネレシピ」

「四万十鶏のロースト」にも、大きなオクラや、ミョウガの天ぷらなどの野菜たちが同様にあしらわれている。

カフェ モネの家「四万十鶏のロースト モネレシピ」の四万十鶏 ▲ 上品に腰を下ろす「四万十鶏」からは、ブランド鶏としてのプライドを感じる。

カフェ モネの家「四万十鶏のロースト モネレシピ」

皿に盛られた料理を眺めていて、ふと思った。

北川村の山々みたいだ。

そう、皿の上に北川村の風光明媚な景観が広がっていたのだ。

モネの家のキャッチコピーを勝手に考えた。

「お皿の上が北川村。」

カフェ モネの家「四万十鶏のロースト モネレシピ」食用花

お花も咲いて、綺麗だなぁ。

「華やぐ」という言葉がありますが、お料理の脇にお花が添えられるだけで、「華やぐ」ではありませんか。

綺麗だなぁ。ああ素敵だなぁ。と思うのです。

 

カフェ モネの家「四万十鶏のロースト モネレシピ」ウインナーなど

変な話………

ウインナーがおいしかった。

最近わけあって、ウインナーを食べる機会がすごく多いんですけど、お料理に添えられたウインナーが非常においしかったです。

これどこで売ってんの、と。
お聞きしたいくらいのウインナーでした。

モネの庭で「青い蜂」をさがせ!

モネの庭「青い蜂」の看板

なんでも、幸せを呼ぶ青いハチといわれる「ブルー・ビー」なるハチが、モネの庭の園内にいるらしい。

なにそれ!?

とりあえず、さがしてみることに。

ブルー・ビーは「フローラルホール」入口前の青い花(ロシアンセージ)のそばをよく飛んでいる、という。

「青いハチは青い花が好き……」

早速、フローラルホール前へ。

モネの庭 フローラルホール入口前で「青い蜂」をさがす!

結果、小一時間さがしたものの青いハチは見つからず。

子ども用のお皿にはハチさん飛んでいたのに、お花にはハチさん飛んでない!

「寒くなってくるといなくなるらしいから、もう時季的に厳しいかもしれないねぇ……」(* このとき10月初旬)

モネの庭「手作りパン工房」のパンを持ち帰り

北川村「モネの庭」手作りパン工房のパン

モネの家のとなりにある「手作りパン工房」にて、パンを購入して帰路に着く。

近くの人気ラーメン店『いごっそらーめん店長』の店先を通ると、この日も大行列ができていました。

関連記事:いごっそラーメン店長

ラーメンとゆずとお花が熱い北川村に、是非お越しください。

以上、勝手に北川村振興協会・竜一でした。

生姜農家の野望Online!
▼ この緑を押していってね(^_^) ▼

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

「カフェ モネの家」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

カフェ モネの家の営業時間

所在地/高知県安芸郡北川村野友甲1100 北川村モネの庭マルモッタン(地図
営業時間/10:00~17:00(ランチは11:00~15:00)*詳細は上記画像にて。画像をクリックすると拡大表示します。
定休日/火曜日(祝日の場合は営業)、年末年始、冬期メンテナンス期間
駐車場/有
■カウンター席/無 ■テーブル席/有(テラス席も有) ■座敷/無

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top