老麺館2番!高知・愛宕山に移転した元祖にんにくラーメンの店!

高知・愛宕山に移転した老麺館2番

高知市南御座にあったラーメン屋さん『老麺館2番』が高知市愛宕山に移転オープン。

高知市南御座時代の記事:老麺館 2番 俺=ジュリエット

以前訪れた『オズベーグル&カフェ』の近くだが、オズベーグル&カフェは閉店されている模様だった。

「『老麺館2番』といえば、元祖にんにくラーメンのお店ですよ!」

看板にも書かれている、まさに看板メニューの「にんにくラーメン」。今回の注文は最初から「にんにくラーメン」と決めている。

スポンサーリンク

移転した「老麺館2番」の店内

老麺館2番の店内(窓)

高知市愛宕山に移転した『老麺館2番』の店内は、カウンター席、テーブル席、さらに1卓だけだが半個室風になった座敷の席があり、子連れでも行きやすい仕様。

老麺館2番の店内

個室や半個室になっていると、ありがたい反面、注文時に店員さんを呼ぶのに苦労することもあるが、老麺館2番は大丈夫。

押しボタン完備!

老麺館2番のメニュー

老麺館2番のメニュー▲ 単品のラーメンメニュー。

「ざるらーめん」は年中提供されている模様。

老麺館2番のセットメニュー▲ セットメニュー。

老麺館2番のランチメニュー ▲ 日祝以外の平日は「日替わりランチ」もある。

これなら毎日通えます。

老麺館2番のメニュー(定食) ▲ 珍しいのはラーメンと「カツ丼」のセット。

チャーハンセットはよくあるけれど、カツ丼セットは珍しいですよ!

老麺館2番のメニュー(豚キャベツラーメン) ▲ 着目したのは「豚キャベツラーメン」。

なんだろう!

珍しい!
珍しカツ丼セットに続いて、珍しいラーメンを私は発見しました!

「面白そう……」
というわけで注文。

豚キャベツラーメン・焼きめしセット

老麺館2番の豚キャベツラーメンと焼きめし

あら!素敵!

ラーメンの上に豚肉とキャベツがのる、その隣に可愛らしく「焼きめし」「どうも」と言いながら座る。

素敵じゃありませんか。

「豚キャベツラーメン」は、「みそ味」「にんにく味」も選択できたが、ノーマルの「醤油味」を選択。

老麺館2番の豚キャベツラーメン

大量の豚とキャベツ。

考えてもみてください。
豚の生姜焼きにトンカツ、豚肉とキャベツはいつも仲よし。

のび太ドラえもんのようであります。

老麺館2番の焼きめし

そして焼きめし。

チャーハンではない、焼きめしである。

そういうことなんですよ。

老麺館2番、焼きめしのフワフワ卵とご飯

ふわっふわの卵!

卵とごはん、これも名コンビで、卵かけごはんにオムライス、親子丼に他人丼、どれもこれも卵とごはんの組み合わせです。

名コンビの度合いでいうと、

キタサンブラック武豊。

秋の天皇賞で出遅れても、馬の力を信じて後方からいくよ、そして勝っちゃうよと。

お互いの力を信じる、その心が素晴らしいじゃないですか。

そういうことがわからずに、キタサンブラックを外して買うと、馬券が外れるんですよ、私みたいに……!

老麺館2番の豚キャベツラーメン

話が逸れましたが、豚とキャベツがのった「豚キャベツラーメン」はおいしいと、私は言いたい。

老麺館2番の豚キャベツラーメン

豚から出た脂が、背脂の代わりみたいになって、よい感じです。

さあ、次順が本命。

にんにくラーメン・カツ丼セット

老麺館2番のにんにくラーメンとカツ丼セット

老麺館2番、看板メニューの「にんにくラーメン」。そこにカツ丼を合わせる。

老麺館2番のにんにくラーメン

生まれたのは絶景!

老麺館2番のにんにくラーメン

見てください、この具材の構成を。

チャーシューにモヤシ、ネギ。
ラーメンの具材の定番をしっかり入れた状況。

基本なんだよ!この状況!

基本に忠実、というのは大事です。

「釜玉うどん」で基本の卵が入っていなかったらイヤでしょう。むしろそれ、「釜玉」じゃない。ただの「釜揚げうどん」じゃん!そう言いたくなります。

老麺館2番のカツ丼

さらに、カツ丼!

先述しましたが、ラーメンとカツ丼の組み合わせは珍しい。

多くのラーメン屋さんで「味噌カツラーメン」が提供されている高知、なのに「カツ丼セット」はあまり多くない。

なぜだろう。
わかりません。

その謎は、変に詮索してはいけない謎かもしれません。そっとしておきましょう。

老麺館2番のにんにくラーメン ▲ もう一度「にんにくラーメン」に目を向けます。

綺麗です。

仁淀川か、にんにくラーメンか。

その次元ですよ。

老麺館2番のにんにくラーメン(麺とチャーシュー)

うわぁぁぁ!

食べてビックリ。

「まったく、にんにく臭くない」
そう思ったのも束の間。

あとから猛烈に、にんにくの香りが漂ってきます。

時間差攻撃っ……!

驚きました。
けれども、それでいいのです。

「にんにくラーメン」を注文している時点で、

臭くなりたい!

そういう心意気で注文しているわけですから。

ちょっとパワーを付けたいな、そんなときに、移転されて子連れも行きやすくなった『老麺館2番』の「にんにくラーメン」。いいと思います。

◆ 高知ラーメン食べ歩きの際には「高知ラーメンまとめ」を是非ご活用ください。

生姜農家の野望Online!
▼ この緑を押していってね(^_^)

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

老麺館2番の所在地、営業時間、定休日、駐車場

老麺館2番の営業時間

所在地/高知県高知市愛宕山7-12(地図
営業時間/11:00~16:00
定休日/無
駐車場/5台
■カウンター席/有(対面式) ■テーブル席/有(ベンチシート) ■座敷/有(半個室1卓)

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ぬぁわぁんと!(°□°;)

    最近重賞で不運まみれの武を
    わざわざ外すなんて!\(☆o☆)/

    さては・・・

    おめぇ~ 勝負師の皮被り
    も・もといっ!f^_^;
    勝負師の皮を被った生姜農家やなっ( ̄∀ ̄)b

    • 宝塚記念9着の結果から、ああこの馬終わったな、と思ってたんですよ。

      そしてあの道悪、不良馬場。
      母の父サクラバクシンオーは道悪の鬼。いかにも不良馬場に強そうだ。

      いや、しかしこれは罠だ。
      意外とキタサンブラック道悪ダメなんちゃうか、宝塚の結果の悪さも気になるし。

      よし、わかった。外して買おう、キタサンブラックなんか……!

      そうやってキタサンを外し、サトノクラウン1-2着軸で買った結果が……。

      ちょっ!おまっ!サトノクラウンきてるのに、キタサンもくるんかいな……!

      で、ハズレました。
      2~4着は買っていたから、キタサンいなかったら3連単10万超えの馬券だったのですが……(笑い)

コメント投稿

*

Return Top