金色不如帰(こんじきほととぎす)カップラーメン。ローソン限定発売

金色不如帰(こんじきしらぬい)カップラーメン

ラーメンWalkerグランプリ2016全国総合ランキング部門1位、東京・渋谷区は幡ヶ谷の名店『金色不如帰(こんじきほととぎす)』の味を再現したカップラーメンが2商品同時に、コンビニエンスストア「ローソン」限定で発売開始。

ローソンでしか買えないあげくに、期間限定発売。

これはレアだと、同時発売された2商品を両方とも購入した竜一。

金色不如帰・裏(こんじきほととぎす)カップラーメン▲ 白色のカップに入った「金色不如帰 裏 極にぼ」は、金色不如帰の店舗にて木曜限定で提供されるラーメンとのこと。

高知でいわば、ヤ・シィパークのラーメン店『麺’sHOUSE繋(メンズハウスつなぎ)』さんが土曜日限定で、鴨ラーメンの店『夜須製麺所』として営業されているのと同じような感じでしょうか。

いやむしろ『麺’sHOUSE繋』で毎週日曜日限定で提供される「白湯らぁ麺」にあたるラーメンなのかもしれない。

金色不如帰(こんじきほととぎす)カップラーメンのカップ

2商品同時に食べようかと迷ったこの局面、ただ最近の竜一は肉体の巨大化が半端じゃございません。

金色不如帰(こんじきほととぎす)カップラーメン・ラーメンウォーカ・ランキング1位▲ そこで今回はデフォの黒色カップの「金色不知火 濃厚貝だし醤油そば」のみ食べることに決定。

金色不如帰のカップラーメン 濃厚貝だし醤油そばのカロリー

金色不如帰(こんじきほととぎす)カップラーメンのカロリー表示

「金色不知火 濃厚貝だし醤油そば」のカロリーは、1食97グラムあたり426キロカロリー。

金色不知火 濃厚貝だし醤油そばの中身と作り方

金色不如帰(こんじきほととぎす)カップラーメンの中身

「金色不知火 濃厚貝だし醤油そば」の容器内には「仕上げの小袋」が入っているのみ。

熱湯を注ぎ、フタをして3分待ち。その後に「仕上げの小袋」を開けて完成。

金色不知火 濃厚貝だし醤油そばを食べた感想

金色不如帰(こんじきほととぎす)カップラーメン調理後

麺上を席巻する、ネギメンマ!

金色不如帰(こんじきほととぎす)カップラーメンの麺

麺が、ほそいっ!

だいぶ細い。川でいえば間違いなく「上流域」といえる細さ。

下流ではないでしょう。

金色不如帰(こんじきほととぎす)カップラーメンのスープ ▲ 褐色がかったスープは澄んでいます。

澄み具合でいうと、これもまたやはり上流。

下流ではない気がします。

下流には下流のよさが……、たとえば下流ならではの雄大さなどがあるわけですが、上流は大事です。

川に上流がなければ、下流はないわけですから。

どんな人間も、先祖がいなければ存在し得ないのと同じです。

金色不如帰(こんじきほととぎす)カップラーメンの麺に練り込まれた全粒粉▲ 麺は5%の「全粒粉」入り。

たしかに麺線に、全粒粉の茶褐色が混在しているのを確認できます。

もはや小麦畑のすべてを閉じ込めたといっても過言ではない「金色不如帰 濃厚貝だし醤油そば」。

食べると貝の風味をしっかりと感じられます。

さすがは「貝だし」だと感極まるとともに、食べ終わったあと、またローソンに貝だしをかい出しに行きたいな、そのように味をかい想しながら思うのです。

【追記】
さらに後日、白色のカップに入った「金色不如帰 裏 極にぼ」を食べました。

金色不如帰 裏 極にぼ 濃厚煮干しそばを食べた感想。

裏・金色不如帰(こんじきほととぎす)カップ麺・白・極にぼの外観

白色のカップに入った「金色不如帰 裏 極にぼ 濃厚煮干しそば」は、金色不如帰の店舗にて木曜限定で提供されるラーメン。

裏・金色不如帰(こんじきほととぎす)カップ麺・白・極にぼのフタ

濃厚煮干そば!

カロリーは1食98グラム(麺70グラム)あたり、432キロカロリー。黒色カップの「金色不知火 濃厚貝だし醤油そば」より、6キロカロリー高い。

裏・金色不如帰(こんじきほととぎす)カップ麺・白・極にぼの中身

白色カップの中身は、黒色と大差なく「仕上げの小袋」が入っている。

裏・金色不如帰(こんじきほととぎす)カップ麺・白・できあがり ▲ 完成したのが、この状態。

裏・金色不如帰(こんじきほととぎす)カップ麺・白の麺

注目はスープ!

裏・金色不如帰(こんじきほととぎす)カップ麺・白・極にぼスープ▲ 黒色カップの「金色不知火 濃厚貝だし醤油そば」より、スープの色が明らかに濃い。

これが極にぼ……!
煮干しが極まっている……!!

個人的な感想……。

白色カップのほうがおいしい!

黒色カップの「金色不知火 濃厚貝だし醤油そば」は、あっさりしすぎている感があったけれど、白色カップの「極にぼ」は煮干しの出汁感が強くてパンチがある!

効いている……!
煮干しパンチ……!

圧倒的攻撃力!

出る!結論!

強さを体感したいなら「白」。あっさりした味ならば「黒」!

以上のように確定しました。

生姜農家の野望Online!
▼ この緑を押していってね(^_^)

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top