2017・生姜の収穫は大詰め。

2017年の生姜の収穫は大詰め。

例年ならば、翌年植える種芋にするための生姜、いわゆる「種生姜」の収穫は、数日間の中休みを経て行うのが常。

しかし“今年は寒くなるのが早い”と事前に情報を得ていたため、中休みなしで収穫した結果、あと数日で収穫が終わる見込み。

高知県地方は18日の土曜日に雨が降り、そのあと一気に冷え込む模様です。

生姜農家の野望Online!
▼ この緑を押していってね(^_^)

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント投稿

*

Return Top