高知県民のカツオ好きは異常。農作業の合間に畑でタタキを食べる!

生姜の収穫は大詰め。
あと少しで収穫を終えるという段階。

私はいつものように早朝の生姜畑に立っていた……。

そのとき!なんと!

「おおぉ………」

初霜観測!

今シーズン初めて!
生姜畑に「霜」が降りました!

これは………。

お赤飯炊かにゃならん!

あと「たいびんび」や!

めでたい日には、お赤飯たいびんびいうて、昔から決まっとるんや!

初霜への興奮冷めやらぬ中、運搬機で生姜を運ぶ。

そして昼。

スポンサーリンク

生姜畑でカツオのタタキを食べる

生姜の収穫時期は、畑で絶景弁当を食べることで全国的に知られる竜一さん。

この日の絶景弁当は……

カツオのタタキ弁当!

畑にコンテナを広げ、カツオのタタキを食べる
畑にコンテナを広げ、カツオのタタキを食べる

生姜の収穫を手伝いに来てくれているかたたちは、全員が高知県で生まれ育った人ばかり。

忙しい生姜の収穫時期。
カツオのタタキを食べる暇もない。

すると、どうなる?

当然……
至極当たり前のように……

カツオのタタキ欠乏症になってしまう!

そう!俺たちは……

カツオ依存症……!

高知県民は、カツオがないと生きていけません!

カツオのことを、高知の「県魚」なんて呼んだりするが、まさにその通り。

カツオなくして成長なし!

生まれた頃からいまに至るまで、カツオで育ったと言っても過言ではない!

しっかりカツオを食べないと、生姜も掘れやしない。

カツオを補給して生姜を運ぶ……!

ホンダの軽トラで!

コンテナを積んで、

走れ!農協へ!

2017年の高知県は11月下旬から……早めに寒くなりそうです。お気を付けください。

生姜農家の野望Online!
▼ この緑を押していってね(^_^)

人気ブログランキングに参加中
1クリックで10ポイントが加算されます。

著者

竜一

農場経営とブロガーをしています。農協系露地ショウガ農家。1982年高知県生まれ。農業界のうどん野郎/2歳児のパパ/ブログ歴14年/特技は草刈り。ブログとTwitterで「食と農業」をテーマに発信していて、最近は日本の食文化、とくに「家庭料理」に興味があります。


コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By とりあえず生中。

    農業関連の方の8割はアクティですよねww

コメント投稿

*

Return Top