高知「梶ヶ森」冬の登山は注意!11月中旬時点、すでに積雪あり!

高知県大豊町「大豊インター」から車で55分。

標高1400メートルの山……!
「梶ヶ森」を私は目指していた……!

*梶ヶ森の読みは、かじがもり。

高知・大豊町の梶ヶ森周辺の集落

梶ヶ森のふもとには、斜面に面して驚くほどたくさんの家々が点在する。

どれも立派なお家ばかり。
「家の窓を開ければ、そこは絶景……」

なんて素敵なんだ……!

スポンサーリンク

「梶ヶ森」登頂は軽自動車がおすすめ

高知・大豊町の梶ヶ森の山道

山頂まで車で登れる「梶ヶ森」。

しかし道幅は狭く、車1台がようやく通れるほど。待避所も少ない。大きな車では対向車がきた場合に苦労する。

そこで、おすすめは軽自動車。

田舎道は軽に限る!

たとえ軽自動車でも、運転に自信のないかたは上手な人に任せるのが無難。そのくらいの道である。

梶ヶ森、冬は11月中旬ですでに雪が積もっている

快調に登っていた竜一。

だがっ!
そのとき眼前に現れたのは……

高知・大豊町の梶ヶ森周辺の雪景色

雪っ……!
圧倒的!雪景色!

山とはいえ……

11月の高知で雪が積もる!

あるのかっ……!
こんなことが……!

真冬でも、平野部では雪が降ること自体が滅多にない高知県。ましてや雪が積もるなんてことは、そうそうない。

なのに!梶ヶ森!
11月で雪!すでに積雪!

「まさか雪が積もっているとは驚いた……」

高知・大豊町の梶ヶ森周辺の雪景色

ノーマルタイヤでやってきた竜一。

顔面蒼白。

生きて帰れるのか……!
この山からっ……!

車に付いた、外気温を計測する温度計は「1℃」を表示している。

ここは本当に高知県か……!

この時期の平野部ではあり得ない気象状況に、

改めて感じる、山の恐さ。

路面は凍結していない。それを確認してそのまま進む。

むしろ、たとえ路面が凍結していたとしても、引き返すことなどできない。

車を回すスペースなどないのだ……!

山頂に近づくにつれて、積雪の度合いはさらに増す。

高鳴る心臓。
「大丈夫か!この状況……!」

やっとの思いでたどり着いた、山頂付近。

山荘 梶ヶ森

高知・大豊町の梶ヶ森の山荘

山荘 梶ヶ森……!

「ああ……とりあえず山荘で休憩しよう……」

しかしこのとき……!

山荘梶ヶ森!
臨時定休……!

「ウソだろう……」

呆然とする竜一。

高知・大豊町の梶ヶ森山荘の駐車場に積もる雪

我々は取り残された……!
この雪山に……!

車に付いた温度計は「マイナス1℃」を表示している。

高知・大豊町の梶ヶ森山頂付近の風景

アンテナが立つ、梶ヶ森の山頂がすぐそこに見える。

けれども山荘から山頂へ続く路面は、完全に凍結済み。カチンコチンに凍っていて、乗るとそのまま滑りそうだ。

「これは危険。事故率の許容範囲を突破……。もうこれ以上の登頂は諦めよう……」

梶ヶ森天文台

高知・大豊町の梶ヶ森の天文台

梶ヶ森山荘に併設された「梶ヶ森天文台」。中には60センチ反射望遠鏡があるという。

予約すれば、以下の料金で天体観測が可能である模様。

  • 大人/300円
  • 小学生/200円
  • 小学生未満/無料

安いっ!

「山荘に宿泊して、天体観測なんて最高だろうなぁ……」

梶ヶ森山頂付近の風景

高知・大豊町の梶ヶ森の山頂付近

積雪の梶ヶ森。

高知・大豊町の梶ヶ森から見た山々

周りの山々にも雪が積もる。

「苦労して登ってきて、このまま引き下がることなどできない……」

こうなったら雪だるまだ!

高知・大豊町の梶ヶ森で作った雪だるま

突如、竜一……!
雪だるまの制作に取りかかる!

「高知にいて、雪だるまが作れるチャンスなんて滅多にない!」

逃せるか……!
こんな偶機……!!

慣れない、雪だるま作り。

その後、恐る恐る下山して事なきを得た。

冬の梶ヶ森登山は雪に注意……。

生姜農家の野望Online
▼ 投票お願いします。

人気ブログランキングに参加中
人気ブログランキング

コメント投稿

*

Return Top