人気の土佐清水ワールド「幡多バル」高知本店オープン!

幡多バルの店内

兵庫県は神戸市を中心に飲食店を展開をされている、いまものすごく勢いのある企業、株式会社ワールド・ワンの『土佐清水ワールド 幡多バル』が、ついに高知市に新店オープン。

土佐清水ワールド 幡多バル 高知本店!

店名の通り、高知県西部・幡多地域の味覚が楽しめるお店となっている。

ただオープン当初、高知のテレビや新聞で取り上げられるほどのニュースになったこともあり、予約なしでは入店することが非常に難しいお店と化していた。

現に2度ほど、店先で入店を断られていた竜一。

がっ!

他店で1次会をしたあと、2次会として夜9時半頃に訪れると「カウンターでよければ空席がある」とのこと。

まさに3度目の正直で、

入店成功!

スポンサーリンク

土佐清水ワールド「幡多バル」高知本店の店内

幡多バルの店内

真新しい店内。
木がふんだんに使われている。

木は心に温かさを与えてくれる。

私は、木が好きだ。

土佐清水ワールド「幡多バル」高知本店のメニュー

驚いたのが『幡多バル 高知本店』のメニューである。

メニューブック自体が、近代的なアルバムのように構成された、おしゃれなデザイン。その内容は非常に多彩。

幡多地域の食材を使う「幡多縛り」で、これほど多様な料理が生まれるのかと感銘を受けた。

百聞は一見にしかず。ブログを読んでくださっている皆様に、実際のメニューの画像を見ていただこうと考えたのだが、本当に数が多い。

そのため画像は貼り付けると、縦スクロールが大変なことになるため、以下に文字リンクを貼らせていただくことにしました。

▼ こちらがメニュー画像リンクでございます。
小皿料理】【おつまみ系】【魚のわら焼き】【肉のわら焼き】【カルパッチョ】【グリル】【アヒージョ】【フリートス】【サラダ】【コカ(スペイン風ピザ)】【スイーツ

さあ……!
それではいこう!

土佐清水ワールドへ!

 飲みものとお通し

幡多バル・焼酎ロックとお通しのバケット

2軒目とあり、初手から焼酎をロックであおる竜一。

幡多バル・まけまけシャンパン

そしてチェイサーにと「シャンパン」を注文したとき、

事件、起きる。

グラスと、その受けにする「升(ます)」を持ってきた女性店員さん。

その可愛らしい顔をした女性店員さんが、こんなことを言い始める。

「シャンパンを注文されたお客様に”コール”をしてもらうことになっているんですけど……」

コール……!?

コールってホストクラブとかで、ホストの人が女の子に「飲んで!のぉ~んで!飲んで!」なんてやる、あれ?

戸惑う竜一に、可愛らしい女性店員さんは言う。
「コールをしないこともできます。どうしましょう……」

一寸、考えた竜一だったが……

「やります……!」

決意を表明して、コールすることにした。

ここで断ったら、農家やない!

受けとなる升にグラスを置き、シャンパンを注ぎ始める女性店員さん。大事なことだから何度も言うが「可愛い」。

「よいしょお!よいしょお!」
可愛らしいかけ声に、ほかの店員さんも共鳴して、グラスにどんどん注がれていくシャンパン。

受けに半分ほど注がれたとき、手を止めようとする女性店員さんに、竜一、言う。

もっと注いで……!
受けからあふれるくらい……!

困った客に、女性店員さんはニコッと微笑んだ。可愛い。

お通しは、バケットとチーズ

幡多バルのお通し・チーズ

チーズはかたまりから削ったもの、とのこと。瓶に詰められたマヨネーズを好みでつけて食べてくれと言う。

「へえぇ、面白い……」

ここからが土佐清水ワールドの本編。

 足摺めぐみ鯛のタパスカルパッチョ

幡多バル・足摺めぐみ鯛のタパスカルパッチョ

最初にきた料理は「足摺めぐみ鯛のカルパッチョ」。

本来は「清水さばのカルパッチョ」を狙っていたわけだが、清水サバはすでに売り切れ、とのことで「足摺めぐみ鯛」にした。

「足摺めぐみ鯛って食べたことがないから、これはこれで、かえってよかったかもしれない……」

適度にモチモチ感のある、スッキリとした足摺めぐみ鯛の身。

シャンパンに合う!

黒尊川のこんにゃくと小エビのアヒージョ

幡多バル・黒尊川こんにゃくと小エビのアヒージョ

続いては、黒尊川の山奥で作られているというコンニャクと、小エビをオリーブオイルで煮た「アヒージョ」。

私、アヒージョ、好きです。

「子どもの頃はアヒージョを食べたことがなかったけれど、いまではアヒージョなしの人生なんて考えられない

幡多バル・黒尊川こんにゃくと小エビのアヒージョのバケット

アヒージョは、一緒に持ってきてくれたバケットにのせて食べてもおいしいし、単体でそのまま食べてもおいしい。

幡多バル・黒尊川こんにゃくと小エビのアヒージョ

小エビ!コンニャク!
オリーブオイル……!

美しい彩りコントラスト!

幡多バル・黒尊川こんにゃくと小エビのアヒージョのこんにゃく

感動的だっ……!!

「かなりおいしい。私は好きな味……」

長太郎貝のアリオリチーズグリル

幡多バル・長太郎貝のアリオリチーズグリル

長太郎貝のアリオリチーズグリル……。

高知でいう「長太郎貝」は、一般的に「ヒオウギ貝」と呼ばれる貝のことだ。

それにしても……

アリオリって何?

日本人よ……!
ご存じだろうか!アリオリを!

アリオリとは

アイオリ(仏:Aïoli、プロヴァンス語:alhòli)は南フランスでよく用いられるソースの一種。日本語表記でアイヨリソースと表現されることもある(未確認)名称はプロヴァンス語のalh(ニンニク)とòli(油)から成る合成語である。マヨネーズ同様、卵黄と油を乳化させて作る。

材料: ニンニク、卵黄、オリーブオイル、レモン汁、塩、コショウ(Wikipediaより引用

要するに、南フランスのソースである!

勉強になった!

こうして我々は無知な自分に、知識を一つ一つ詰めていくのだ。

(まあ…たぶん明日には忘れているけれど)

幡多バル・長太郎貝のアリオリチーズグリル

アリオリチーズをのせて、こんがりとグリルされた長太郎貝。

幡多バル・長太郎貝のアリオリチーズグリル、伸びるチーズ

伸びる……!
伸びるチーズ……!!

直線に向いたディープインパクトほど伸びる!

一気に伸びて、差しきった!

私の心を!

思い出をありがとう!ディープ!
長太郎貝アリオリチーズの皆さんも!ありがとう!

アリオリが、すごくいい。

アリオリを一度食べると、もうアリオリせずにはいられなくなる。そんなアリオリ具合。非常においしい。

やはり本場のアリオリは違う。

幡多バル・四万十ポークのソーセージとサラミのコカ

幡多バル・四万十ポークのソーセージとサラミのコカ

コカ!

パッと見、ピザに見えるけれど……

またきたっ……!
わからないものシリーズ!

コカ編!

コカとは

コカ(カタルーニャ語:coca)とはスペイン東部発祥のパン。現在では酵母で発酵させる作り方が主流だが、元は無発酵パンであった。単数形はcoca(コカ)、複数形はcoques(コカス)という。塩味のコカだけでなく、甘いコカや甘辛いコカも存在する。主にカタルーニャ州、アラゴン州東部、バレンシア州ほぼ全域、バレアレス諸島、アンドラおよび北カタルーニャとも呼ばれるフランスのルシヨンで食べられる。(Wikipediaより引用

要するに、

スペインのパン!

モッチリとした食感の生地に、四万十ポークが好相性。

どの料理もそうだが、食べれば……

土佐清水ワールドに包まれる!

「私はここにきて気がついた……」

幡多バルは、高知・幡多地域「世界」が融合したお店なんだ!

ランチ営業もされているようで、夜飲みに出かけることが難しいかたでも、昼間に土佐清水ワールドを体感できる。

街にお出かけの際に、是非!

生姜農家の野望Online
▼ 投票お願いします。

人気ブログランキングに参加中
人気ブログランキング

土佐清水ワールド「幡多バル」高知本店の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県高知市帯屋町1-14-20(地図

【営業時間】
平日・ランチ/11:30~14:00(L.O.13:30)
平日・ディナー/17:00~24:00(L.O.23:30)

土・日・祝/11:30~23:00(L.O.22:30)

定休日/月曜日
駐車場/無
■カウンター席/有 ■テーブル席/有 ■座敷/無(?)

コメント投稿

*

Return Top