「農業オピニオン」 一覧

トラクター

2018/5/15

【かっこいい】ヤンマートラクターは次世代のフェラーリF1ですよ。

いまだにこれを見てトラクターだと言う人が多いけれど、じつはこれフェラーリなんですよね。 こんなトラクターみたいなトラクターあるわけないでしょうw pic.twitter.com/txjswTFGRG — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) 2018年5月14日 #AzerbaijanGP ends with #Kimi7 P2 and #Seb5 P4, a win compromised by the safety cars pic.twitter.com/DkzazmiFaq — Scud ...

2018/4/27

農業は大変?農業の現実をプロ生姜農家の竜一さんに聞いてみた!

「農業って大変でしょう?」そう言われることが非常に多いから、近年は「農業ほど楽な仕事はない!ほかの農家は知らないけど私にとっては天職だ」と言い続けているんだけど、いまだに「農業って大変でしょう?」と言われる。 人の固定観念は面白いほど、なっっっかなか変わらない。 — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) 2018年4月26日 ・時間に縛られない ・人間関係に縛られない ・曜日なんか関係なく好きに休める ・基本的に雨が降ったらそれだけで休み こんな最高な職業なかなかないでしょう。生姜農家はめっちゃ ...

収穫した親生姜

2018/4/23

種生姜は親生姜?種生姜、親生姜、新生姜の違いをプロ生姜農家が解説

生姜を栽培しようとすると「種生姜」「親生姜」2つの言葉を耳にするかもしれません。 あるいは一般のかたも「生姜の種」「生姜の親」なんて言葉をどこかで聞いたことあるかもしれません。 生姜は生姜なのに「種」と言ってみたり「親」と呼んでみたり、なにやら呼び名が複雑です。 そこで今回は現役プロ生姜農家の竜一が「種生姜」「親生姜」の違いを解説する……ついでに「囲い生姜」「ひね生姜」「根生姜」についても触れておきます。 種生姜と親生姜の違い。新生姜、囲い生姜、ひね生姜、根生姜とは 秋に収穫した親生姜 まずは本題から。 ...

生姜の植え付け中

2018/4/15

【生姜栽培】生姜は連作できる?できない?プロの生姜農家が徹底解説

生姜を栽培してみたい!と言われるかたによく尋ねられるのは、 生姜は連作可能なのか? ということです。 この質問をされる時点で、質問者はそこそこ「農業」を知っているかたなわけですが、本当によく聞かれる質問です。 今回は現役プロ生姜農家の竜一が、この質問に答えていきたいと思います。 記事を読み終える頃には、生姜の連作についてバッチリ理解できているはずです。 生姜は連作できる? 「連作に弱い」と言われる生姜ですが、巷の噂通り……。 連作には弱いです。 理想だけで言えば、1年作ってはまた別の畑へ、と毎年畑を切り替 ...

一輪の管理機

2018/4/13

【生姜栽培】「生姜」の植え付けに使う「農機具」を解説するよ!

機械を使っておこなう現代農業。 生姜栽培もかなりの部分を機械にやってもらうわけで、今回は現役プロ生姜農家の竜一が生姜の植え付け時に使う農機具を紹介します。 これを読めば、大規模栽培の生姜の植え付け時に、プロの生姜農家がどんな農機具を使っているのかわかります。 生姜王に俺はなる!  一輪の管理機 大規模な生姜栽培に欠かせないのが「一輪の管理機」。 数万個の生姜の植え穴をスコップで掘るわけにはいかないから、すべて機械で掘ります。 それでは今シーズンの竜一さんの”走り”、コース脇に設置されたカメラの映像で見てい ...

種生姜

2018/4/11

【生姜栽培】生姜の種の準備と植え方「種生姜」を通販で購入する方法

桜が咲けば植えてもよい、と言われる生姜。 4月〜5月は、生姜の植え付け時期。 関連記事:【2018年】「生姜の定植」生姜を植え始めました。 今回は、プロ生姜農家の竜一が、 種生姜を準備する方法 種生姜の植え方 種生姜を通販で購入する方法 を解説します。 これを読めば、家庭菜園などで生姜が作れるようになる……はずです! 種生姜を準備する方法 生姜貯蔵用の横穴(現在も少し使用しています) 植え付け前に準備する必要があるのが「種生姜」と呼ばれる生姜の種芋。 これは前年に収穫した生姜が、そのまま種生姜となります。 ...

生姜畑

2018/3/31

農家の仕事は日当制ではない。農業は「成果報酬型」の仕事である。

「今週に入ってから一度も働いてないですよ」 髪を切られながら鏡越しにそう言うと、 「竜一さんのことを知っているから大丈夫だけど、あまり知らない人が"今週に入ってから一度も働いてない"だなんて言ってきたら、えっ!?と思いますよ」 と苦笑された。木曜日だった。 「農家さんって忙しいイメージがあるんだけど……」と彼女は続ける。 「同じ農家でも栽培品目…作る野菜によって違いますね。それと人によってやり方が違うから」私は置かれていたコーヒーを飲んで言う。 「日給制みたいに、仕事にいけばおカネがもらえるわけじゃないで ...

シシトウ

2018/3/26

【シシトウ栽培】「シシトウの育て方」をプロの農家が解説するよ!

トウガラシの中でも辛味のないものを日本では「ピーマン」と呼ぶ。 そのピーマンの小型種が「シシトウ」。 トマトやナスと同じナス科の野菜で生育が早い。植えてから1か月半ほどで収穫できるようになる。 シシトウは栽培の難易度が低く、初心者でも簡単に育てられる野菜である。 今回は元プロシシトウ農家の竜一が、シシトウの栽培方法を解説します。 シシトウの栽培方法(育て方) 食べたいよねぇ。 おいしいシシトウ……。 網で焼いたシシトウ…… 直火で炙ったシシトウに…… カツオ節のせて…… 醤油をかけて食べてごらん……。 最 ...

2018/3/21

シシトウが辛い原因と見分け方を、シシトウ農家が徹底解説!

辛い……。 からいよ……。 シシトウが辛いよ! 収穫直後のシシトウ シシトウを栽培していた当時の竜一(若い!) いまではすっかり高知の生姜農家として世界的に有名な私、竜一はかつては生姜と共に「シシトウ」を栽培していた。 ▼ シシトウを栽培していた当時を振り返った記事。 追憶のシシトウ戦記 追憶のシシトウ戦記2 現在でも同様だと思うが、その当時に農協に出荷するシシトウ農家たちが一丸となって取り組んでいたのが、辛い実を減らす活動。 シシトウ畑 「辛いシシトウが好き」。そうおっしゃるかたも、まれにいらっしゃる。 ...

農家の地下足袋

2018/2/25

【地下足袋】の「履き方」おしゃれ農家は「足下」で差を付けろ!

大地を踏みしめる。 いつもの地下足袋。「力王」が私の足下を支えてくれる。 一口に農家ファッションと言っても様々で、長靴で作業する人もいれば、ハウス農家などはスニーカーを履いて仕事する人が多い印象。 だが私は生まれたときから、ずっと「地下足袋」である。 地下足袋の何がよいのかと言えば、まるで履いていないかのようなフィット感、これに尽きる。 履いているのに、履いていないみたいな履き心地。それがよしとされる風潮は、まるでパンツである。 地下足袋はパンツだ。 ……と言ってしまって差し支えない。 力王 貼付たび 実 ...

2018/1/23

農業は休みが少ない。農家は休めない、という幻想。

農業は休みがないだなんて、完全に幻想。ここ3日はマジメに働いているけれど、その前までは何日休んでいたのかわからない……(笑)。まあ同じ農業でも栽培品目によって違うけれど。 — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) June 10, 2017 どうも巷のイメージでは、「農家は休みがないんでしょ?大変だね」ということになっているらしい。 たしかにロクに休みもせずに働く人は、高齢の農家に多い。しかしそういった人は、農業が仕事というよりも、趣味のようになってしまっていて、田んぼや畑に出ていな ...

生姜の花

2017/11/10

生姜の花はどんな花?咲く時期、育て方、香り、花言葉を農家が解説!

「長いこと生姜を作っているが、花が咲いているのを見ることは滅多にない」 50年以上、半世紀以上にわたって生姜を栽培する、私の祖父もほとんど見たことがないと言う花……。 生姜の花! これが「生姜の花」画像だ! 食用栽培「生姜の花」 「ジンジャー」と名の付く観賞用の花とは、まったくの別物、食用栽培「生姜」の花。 つぼみからのぞく、花びらの色は朱色。 食用栽培の生姜は、そもそも「つぼみ」の状態になること自体が珍しい。 ましてや「花弁」をのぞかせる、そんな状態になることは滅多にない。 つまり上記の花弁が見える画像 ...

2017/11/6

機械化が進んだ現代農業、しかし最後は「人間力」だと思うのです。

生姜の収穫がはじまりました。いっぱい掘るんで、いっぱい生姜食べてください。https://t.co/wwU1rLWxXW — 竜一 生姜農家(高知・食べ歩き) (@Ryu_wld7) 2017年11月4日 生姜を収穫しています。ほとんど機械で引き上げるんですわ。。。 pic.twitter.com/04Y2kFTG5M — 竜一 生姜農家(高知・食べ歩き) (@Ryu_wld7) 2017年11月5日 生姜の茎を切りながら掘り起こす、それが生姜ハーベスタ(収穫機) pic.twitter.com/YePz ...

2017/10/28

【農家の服装】「生姜農家」おすすめの「地下足袋」は力王!

繁忙期にアルバイトを雇い、農作業を手伝ってもらう際、大抵は次のように質問されます。 「靴、どんなの履いていったらいいの?」 私は親の実家が農家をしていた関係で考えることがなかったのですが、言われてみるとたしかに、靴、悩みますよね。 「農業するとき、靴なに履いたらいいの?長靴?スニーカー?ズック?」みたいな。 人によればスニーカーで農作業されているかたもいて、とくにハウス栽培農家にスニーカー派が多いんですけど、少なくともウチの地域では露地栽培農家には地下足袋派が多いです。 農業する靴は足にフィットする「地下 ...

2017/9/12

農家の服装。竜一さんは夏でも「Yシャツ」だよ。

▲ 画像にも写っていますが……。 参考記事:「麦わら帽子」農作業におすすめ!最高にかわいいかぶり方。コーデ。 私は、夏、冬、問わず「長袖のYシャツ」を着て仕事をしています。もう十数年……。 「夏に長袖なんて暑くないの?」とたまに聞かれますが、半袖で仕事するほうが大変です。 半袖だと、腕が直射日光で焼ける、物理的に焼ける。それはもうグリルで魚を焼くように……。 直射日光が当たらないようにすることで、日焼けを防ぐ。 首元と手元を閉めることで、害虫の攻撃を(できるだけ)防ぐ。 夏場の直射日光下では、上述の2点が ...

岸に立てかけた草刈り機

2017/9/5

農家とは。これからの農家は「ジェダイの騎士」でなければいけない。

農家とはなにか、 考えたことがあるだろうか。 野菜や果物を栽培する人? たしかにそうだ。それが一般的な「農家」の定義だ。私も「生姜」という野菜を作っている。 しかしそれだけではない。 私が得意とすることのひとつに「草刈り」がある。 現代の農家は「草刈り機(刈払機)」を使って草を刈るわけだが、草を刈っているといつもこう思うのだ。 俺、ジェダイじゃね? もう俺、ほとんどジェダイだよ! #スターウォーズ っぽいのが撮れた。 #ライトセーバー pic.twitter.com/4x2ZFMfdI7 — ...

2017/8/24

今年は蜂が少ない年?スズメバチを見かけない「夏の日の2017」

去年はハチが多い年で、どこに行ってもハチの巣があったんですけど、今年はハチが少ないです。 イナゴが大量発生する年があるようなもので、ハチも虫ですから、その年の気象条件で発生状況が違うみたいです。 👇1年前に書いたブログ記事。https://t.co/bYpfxiuUDH — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) August 23, 2017 1年ほど前、「今年は鉢が多い年?しかも大体スズメバチ「夏の日の2016」」というブログ記事を書いたようなもので、昨年は本当にハチが多い年だった ...

2017/8/20

道具の片付け方。腕利きの職人ほど仕事道具を大切にする。

当たり前ですが「農業」という仕事のほとんどは外で行います(納屋でやる仕事もあります)。 外から帰ってくると、まず家の納屋に持ち出した仕事道具をすべて片付けます。これは「ああ疲れたなぁ」と一服するよりも先に済ませます。 いまの農家は徒歩で仕事に出かけることが少なく、大抵の場合は軽トラの荷台から道具を降ろしていくわけですが、自分が一服するよりも先に片付けてやらないと、仕事道具たちが「暑かった。早く冷ましてくれ」と言っているように聞こえるのです。 ▲ 草刈りから帰ってきた、このとき軽トラの荷台に積まれているのは ...

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.