「野菜栽培」 一覧

no image

追憶の柿

新しくこのブログを始めるにあたって、『まえがき』のようなものを書きたいと思い、 考えること数時間。 ・・・!夜が明けそうです。 まえがきまえがきまえがきまえがきまえがき・・・。 と、呪文のように唱えていると、 まえがきまえがきまえがきかきかきかきかきカキカキ柿? と、『柿』が思い浮かんだので、 「生姜農家の野望Online」一発目のエントリーは、柿にまつわるエピソードを書きたいと思います。 何年か前のこと。 ニラ農家をやっている親戚のおばちゃん家に、 シーズンが終わったニラ畑の後片付けを手伝いに行ったこと ...

ちょっと本気出して穂を出してみた稲

既に、あちらこちらで、 早期米の稲刈りが行われている高知。 収穫を来月末に予定しているウチの米は、 今こんな感じ。 ジワリと穂が出始めました。 ではここで、農家としての今の心境を! 3・2・1・きゅ~! "穂"だけに、 穂が出て ホッとした!! あれ?夏なのに、 井戸の水が凍ってる・・・。 この緑色のツブツブの中に米が出来て行き、 「もう食べられるよー!」 となったら、黄色い色に変わってくるわけでございます。 今年の穂を見て、オビ=ワン。 「ちっくと穂が小さいねゃ。肥えが少なかったろうか・・・!」 どの農 ...

土をつくり、山で生きる

草刈り機を使って、 鍬(くわ)を使った。 百姓は百の仕事をすることから、『百姓』と呼ばれるという説どおり、 鍬を使った原始的農法から、一気に近代化。 「今度の俺の相棒は、トラクターだ」 それも、乗用。 ハイテクである。 現代では、それこそエアコン付きのトラクターもあるけれど、 ウチのトラクターは、"あえて"のオープンカー。 「エアコン付きなんて買おうと思ったら2万台は買える・・・! でもさぁ・・・!温まったらイイってもんじゃないじゃん・・・! 田舎の新鮮で美味しい空気を・・・肌で感じたいっていうか・・・! ...

シシトウ

【シシトウ栽培】「シシトウの育て方」をプロの農家が解説するよ!

トウガラシの中でも辛味のないものを日本では「ピーマン」と呼ぶ。 そのピーマンの小型種が「シシトウ」。 トマトやナスと同じナス科の野菜で生育が早い。植えてから1か月半ほどで収穫できるようになる。 シシトウは栽培の難易度が低く、初心者でも簡単に育てられる野菜である。 今回は元プロシシトウ農家の竜一が、シシトウの栽培方法を解説します。 シシトウの栽培方法(育て方) 食べたいよねぇ。 おいしいシシトウ……。 網で焼いたシシトウ…… 直火で炙ったシシトウに…… カツオ節のせて…… 醤油をかけて食べてごらん……。 最 ...

タケノコ

【タケノコ掘り】今年は表年だが、ほとんどイノシシに掘られてたよ

春……! タケノコ掘り……!! 竹……! 生い茂る……! 山の中に俺はいた……!! タケノコさがしにきたよ。 #俺の山 pic.twitter.com/S6vHdTCENC — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) 2018年3月31日 タケノコには「表年」と「裏年」がある。今年(2018年)は表年。タケノコがよく生える回り。 がっ……! しかし……! 山の中は穴だらけ……! イノシシ……! イノシシにタケノコが食われている……! それでもイノシシにタケノコを食べられてしまうのは例年のこと。めず ...

追憶のシシトウ戦記

菜園に植えているシシトウ。 シシトウを見ていると、以前シシトウを作っていたときの、辛かったこと、苦しかったこと。 いろんなことを思い出す。 予想以上の高値で売れて、喜んだ時のこと。炎天下の中でフラフラになりながら採ったのに、ありえない安値で涙も出なかった時のこと。 このあいだ近所でシシトウを作っているオジさんが、声をかけてくれた。 「竜一、また一緒にシシトウ作ろうぜ!えい小遣い稼ぎになるやろが!」 私は、「んーーー」と言いながら、笑って誤魔化した。 シシトウ栽培の過酷さを知る竜一、心の声 (な・・何をご冗 ...

追憶のシシトウ戦記2

このあいだシシトウの記事をアップしたんですけど、書いている内にいろいろと当時のことを思い出してしまって、完全に回想モードになっちゃったんで、今回は携帯に保存されていた「昔撮ったシシトウの画像」を上げたいと思います。 このあいだの記事:追憶のシシトウ戦記 以前書いていたブログにも、当時の記事があるんですけど、昔の自分の文章を読まれたくないのと自分でも読みたくないので、お見せできません(苦笑)。 その頃から竜一ブログをご覧になられているかたは、一緒に懐かしみましょう!(笑 当時、3アールほどの畑に、200本ぐ ...

管理機で生姜畑を作る

【農業】「農機の使い方」あえて機械に「使われる」という選択。

きょうはこの畑、仕上げるんだ。 pic.twitter.com/Uqxsyi7mnY — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) 2018年3月14日 暑い。かけ出汁の中にいるような陽気だ……。 pic.twitter.com/KMFAfe1k5t — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) 2018年3月14日 機械を使うのが下手な人は機械を使おうとするけど、上手な人は機械のエスコートするんだよ。 機械を使おうとして、機械の邪魔をしちゃいけないってこと。 pic.twitter.com/ ...

干しシイタケ

山で採れた自家栽培「シイタケ」を「すき焼き」にして食べる。

山に置いた原木にシイタケがわんさか生えてたから、少し残してあとは干してる。 生で取っといたのは、すき焼きにするんだ。 pic.twitter.com/bTAH0zWS21 — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) 2018年3月13日 原木を伐り出す段階から始めて、菌を打ち込み、自家栽培しているシイタケ。 今年もたくさん生えた。 一度には食べきれないから、ほとんどは干しシイタケにする。 生で食べる分はその日の内に……。 すき焼きに……。 すき焼きにするよ……! 山からナラの木を伐り出したあの日。 ...

シイタケ界の怪物

シイタケが生え始めている。ウチのシイタケは売り物にするわけでもないから、収穫時期、関係なし。 だから・・・こんなことになるのだ・・・。 見てくれ・・・!俺の成長力っ・・・! 左側が、スーパーで売られているぐらいの通常サイズのシイタケ。右側が、収穫せずに放置プレイしたシイタケ。 網で焼いて、馬路村ゆずぽーん!で頂く。すると・・・。 「ブニッ・・・!」 圧倒的・・・!肉厚っ・・・! これがまたビールに合うがやきっ・・・! 秋はマジきのこっスわぁー!

シイタケの原木を伐ったよ!

ショウガに目覚める食卓。 卵かけご飯に目覚める食卓。 <今日は・・・!シイタケの原木を伐りに行くぜぇ・・・!> 俺たちが辿り着いたのは・・・! 木々が生い茂る山の中だった・・・! (※ 画像内に生身のオビ=ワンが写っているので、そこだけ修正しています) <うわぁ・・・この木を伐るのかぁ・・・! これは大物だぁ・・・!> 「ブォンブォン」と音を立てて、 チェーンソー型ライトセーバーを振り回すオビ=ワン。 「バシュンッ・・・!」 作業終了。 (※ 竜一先生は、写真を撮って遊んでただけであるとか、そんなことは一 ...

これがシイタケ菌の力?「シイタケ」が生えた「キャベツ」が採れたよ

ウチで採れた、色の悪いキャベツとシイタケだよ。 キャベツは外側めちゃくちゃカタイ。生じゃ食えないねッ! pic.twitter.com/GJTRMB50lu — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) 2018年3月12日 家庭菜園でキャベツが採れた。 ……と言っても、外側の葉はかなりかたくて生では食べられない。 結球野菜、いいえ鉄球野菜です。 鉄のようなキャベツだよ。 — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) 2018年3月12日 鉄球キャベツである。 ついでにシイタケも採れた。 撮影 ...

新農機トラクターゲリオン 第壱話「ソルゴー襲来」

「相手は2メートルを超す、大型植物"ソルゴー" 旧型の草刈り機で立ち向かうには、難敵……」 「この局面、デカイ奴にはデカイ奴…か……」 「そうね。出すしかないわ。我々の最終兵器を…」 トラクター弐号機、発射準備完了。 いきます………! うわあぁぁぁぁああ………! ソルゴー!デカイよ! デカすぎて前が見えないよ! こんなの倒せっこない! 無理だよ!みしゃとしゃぁん! 「大丈夫!弐号機の力を信じるのよ!」 暑いよ!ソルゴーが壁になって風が通らない! 弐号機のエンジンの熱気が…熱気がうわぁぁぁ……! 「もうすぐ ...

農家の地下足袋

【地下足袋】の「履き方」おしゃれ農家は「足下」で差を付けろ!

大地を踏みしめる。 いつもの地下足袋。「力王」が私の足下を支えてくれる。 一口に農家ファッションと言っても様々で、長靴で作業する人もいれば、ハウス農家などはスニーカーを履いて仕事する人が多い印象。 だが私は生まれたときから、ずっと「地下足袋」である。 地下足袋の何がよいのかと言えば、まるで履いていないかのようなフィット感、これに尽きる。 履いているのに、履いていないみたいな履き心地。それがよしとされる風潮は、まるでパンツである。 地下足袋はパンツだ。 ……と言ってしまって差し支えない。 力王 貼付たび 実 ...

【農家の服装】「生姜農家」おすすめの「地下足袋」は力王!

繁忙期にアルバイトを雇い、農作業を手伝ってもらう際、大抵は次のように質問されます。 「靴、どんなの履いていったらいいの?」 私は親の実家が農家をしていた関係で考えることがなかったのですが、言われてみるとたしかに、靴、悩みますよね。 「農業するとき、靴なに履いたらいいの?長靴?スニーカー?ズック?」みたいな。 人によればスニーカーで農作業されているかたもいて、とくにハウス栽培農家にスニーカー派が多いんですけど、少なくともウチの地域では露地栽培農家には地下足袋派が多いです。 農業する靴は足にフィットする「地下 ...

【ヤンマー】トラクターがF1マシンにしか見えない。

畑のフェラーリF1-2018。ディスクロータ・エディション。 デザインは昨年型を踏襲したものの、想像上のダウンフォースは20%増し。 最高速は、なんと30キロに及びます。 ドライバーが太ったことで、総重量はだいぶ増えてるの。 pic.twitter.com/5FXq8R7ssS — 竜一@育児・子育て中 (@Ryu_wld7) 2018年2月24日 前からだが……。 トラクターがF1マシーンにしか見えない。 チームのコメント 「このマシーンは元々後方が重いんだけど、前方に座るドライバーが肥大化したことで、 ...

秒速5センチメートルテントウムシ

生姜の管理をする合間、毎日少しずつ、このあいだソルゴーをすき込んだ造成地の岸の草を刈っている。 一口に岸と言っても、面積的には東京ドーム級。一朝一夕にはいかない。 しかしそのすべてを自分が管理している。この感覚がたまらない。農業の醍醐味だ。 斜面の上から造成地を見下ろしていると、心の中から自然と言葉が溢れ出した。 「ここが俺のフィールドだ」(かっこいい!) 1時間ほど草を刈った。 ここにはむかつく上司も、言うことを聞かない部下もいない。ついでに近年はマムシも少ない。 私はジェダイ。草刈り機はライトセーバー ...

風が涼しい!野外で感じたいくつかの秋っぽいこと

草刈り機を手に昨日の夕方まで刈っていた斜面に駆け上がる。チョークを閉めてスターターの紐を引っ張るとエンジンがかかった。この瞬間から草刈り機はライトセーバーに変わる。 11時間も寝てしまったせいで疲れは完璧に取れている。しかし何だか身体が動かない。 <こんなんじゃ、ダース・モールに勝てん>気合いを入れてライトセーバーを振り回してみる。でも何か違う。本調子ではない。<もういい。今日いかんわ。実戦やなくて練習のつもりでやろ>脱力してダラダラ草を刈る。 けれども気を抜くと岸から転落。大怪我したらジェダイごっこがで ...

草刈り機・愛 spring ~草刈り機につづるI love you~

いつ以来だろう・・・!草刈り機を使うのなんて・・・! おそらくは開墾をしていた1月以来・・・!久々の相棒との再会・・・共闘・・・! 草が伸び始めたこの季節・・・!今年も始まった・・・! 100万馬力のエンジンが奏でる・・・! 草刈り機ラプソディがっ・・・! この相棒・・・!ホームセンターではなかなか売っていない・・・! そこで売っている草刈り機の・・・倍以上の値が付く・・・! 一応・・・プロ仕様と呼ばれるもの・・・!それの竿が長い・・・! ロングパイプモデル・・・! フォースの力も利用しつつ・・・!バァァ ...

田んぼの締め方(水の溜め方・というか、その風景)

畦(あぜ)周りの草も刈りおおし・・・!(参考文献) いよいよ出番・・・! 俺たちの屁ラーリ・・・! 生姜畑を作るのにも活躍する彼・・・!もとい屁は・・・! 田んぼにも使える万能型・・・! まずは水を入れる前日に荒叩き・・・! すると案の定・・・!予想していた通り・・・! カラスが虫をついばみに来る・・・! おおっ・・・!カァー君久しぶり・・・! 「元気にしていたか・・・!そうか・・・次郎が都会へ旅立ったか・・・!」 なにっ・・・!?「入れ代わりに三郎が・・・Iターンしてきた・・・?それは良かったなぁ・・・ ...

続・田んぼの耕し方(というかその風景)

降りしきる雨の中・・・。JAから稲の苗を取ってきた。 オビ=ワンとの華麗な連係プレーで、あらかじめ準備していた苗床に苗を置く。 「おおの、腰が痛い・・・」弱音を吐く祖父に孫・・・。 「痛い言いよっていくか!」スパルタ・・・! その後・・・一人・・・!また田んぼを締める・・・! 「おお・・・カァー君・・・!雨の中、虫捜しかね・・・」 「今日は三郎は一緒じゃないのかい・・・?」 えっ・・・!?「三郎は雨だから家でテレビ観てる・・・?」 「アイツは本当にテレビが好きだなぁ・・・。とと姉ちゃんは録画しときなって言 ...

草刈り・プロの仕上がり

小石などが飛んでくる・・・!そんなことは日常茶飯事の草刈り・・・! ゆえに草刈りをするとき・・・本来はヘルメットと防護メガネを着用したほうがよい・・・! がっ・・・しかし・・・!日常的に草を刈るプロの皆さんは・・・!そんなものをイチイチしていられない・・・! そこで代用されるのが帽子・・・!竜一の場合は麦わら帽子・・・! これなら小石くらいは・・・!飛んで来ても大丈夫・・・! 大きな石が飛んで来たら・・・! 大きな石の場合は・・・! 無事を祈るしかないっ・・・! さらに怪我防止のため・・・手袋も必須・・・ ...

私設コースで走らせる畑のフェラーリ

スターティンググリッドに着くフェラーリ! ドライバーはもちろん・・・!農業界のエース・竜一・・・! コンディションはフルウェット・・・! 観客は今回も・・・カラスのカァー君一人・・・! ギヤをローに入れてスタンバイ・・・! シグナルはオールレッドから・・・ ブラックアウト・・・! そのとき・・・!カァー君が分身・・・! と思わせておいて・・・一人に戻るカァー君・・・! 分身の術は終了か・・・!? ミラーで後方を確認・・・!<大丈夫・・・まだ後続は来ていない・・・!> 下方も確認・・・!<よしよし・・・土左 ...

休耕田に生えたセロリだけ残すようにトラクターで耕した結果・・・

農家にゴールデンウィークは関係ない・・・! そんなこと・・・!誰が言った・・・! 竜一・・・しっかり・・・!怒涛の5連休・・・! 久しぶりの労働・・・!休耕田を耕す・・・! ピョン吉と共に・・・! <有象無象の雑草め・・・!> 俺のフェラーリで・・・全部叩き込んでやる・・・! 菜園畑の跡地でもあるため・・・!雑草の中には・・・!5株ほどセロリが植わっている・・・! 「セロリは残せ・・・!」それがオバ=アからの指令・・・! 「はいはい・・・」テキトーに聞いて開始する竜一・・・! 今回もカァー君が応援にやって ...

上手に出来るかな!田んぼの「代掻き」コツと方法

田んぼのフォーミュラカー・・・!屁ラーリF1に搭乗して行う・・・! 田植え前に欠かせない作業・・・! 主に田んぼの泥をならし・・・!ほぐすためにやる・・・それが・・・! 代掻き・・・!(しろかき) <代掻きをするのは素人には難しい・・・!屁ラーリことトラクターを操る能力・・・技量が問われる・・・!> <かく言う俺も十年以上やってきて・・・やっと人並みに出来るようになった程度・・・!小手先の技術も必要だが・・・それだけではダメ・・・> そんな高難度・・・!代掻きのコツはひとつ・・・! Don't think ...

田植え直前!「田んぼの代掻き」及び生姜の追加定植

もう本当に時間がない・・・! 田植え間近・・・! 急ピッチで掻く泥っ・・・! ドサクサに紛れて生姜も植えおおす・・・! 植え残った種芋による植え増し・・・! 幾分・・・芽が肥大し・・・!根も生え始めている・・・! <これで追加分も含めて・・・生姜の定植完了・・・!次は稲・・・数日後に控えた田植え・・・!> 一仕事終えて・・・また一仕事・・・!農業界に平和をもたらす作業は・・・! まだ始まったばかり・・・!

マーカーを使いこなせ!「田植え機の使い方」のどかな画像付き

機械の山の中から・・・引っ張り出す田植え機・・・! 一年ぶりに乗る・・・!コスパ最悪野郎・・・! きたぜ・・・!今年も田植えの季節がっ・・・! 両脇の台に・・・!稲をわんさか乗せて植えまくる・・・! 田植え機の上手さは・・・!いかにマーカーを使いこなせるかで決まる・・・! マーカー・・・!それがこれっ・・・! 田植え機の後方から横に伸びる棒・・・! この棒を垂らして走ることで・・・!泥の中に目印を付けていく・・・! そして次順・・・! 先程付けた目印と・・・!田植え機正面の棒の位置を合わせ・・・! さらに ...

アゼから植えるパターン「田植え」とオバ=アのウェルカムボード

田植え2日目・・・! 田植えは大きくわけて2種類ある・・・! 中から先に植えて・・・!あとで周囲を植えるパティーン・・・! そして・・・! 畦から植えるパティーン・・・! 田んぼの形状によって植えやすいほうを選ぶ・・・! がっ!畦から植えるパティーンが遙かに簡単・・・! この日・・・!畦から植えるパティーンばかりだった竜一・・・! 余裕のヨッちゃんで田植えを終える・・・! <中から植えるパティーンと違って・・・畦から植えるパティーンは楽勝・・・!> 植えるパティーン・・・!植えるパティーン・・・! 植える ...

余った苗を有効活用!田植えネバーエンド

余った稲の苗・・・! 本来・・・!休耕田にする予定だった地を田んぼ化し・・・! 追加で植える・・・! <近年・・・どういうわけかウチの米を買ってくれる人が増えている・・・> がんばって作りますえぇ・・・!

暑いときの対処法「谷から上がる冷気を狙え」

ああ・・・それにしても・・・ 暑いっ・・・! <気象庁発表の最高気温が30℃を超えている!ってことは直射日光下では40℃前後までいっている可能性も・・・> これは暑いっ・・・! <仕事なんかしていられない!熱中症で倒れちゃ身も蓋もない・・・身体を冷やそう・・・!> フラフラと畑から這い出た竜一が向かった先は、茂み・・・! 何の変哲もない茂み・・・! <上がってくるのさ、ここから・・・!> 圧倒的・・・!冷気がっ・・・! 茂みの下は、小川が流れる谷になっていて、そこから冷気が気流に乗って上がってくる・・・! ...

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.