耕作放棄地と謎のうどんが抱える問題

投稿日:2009.09.21 更新日:

田園風景

「耕作放棄地」という、地主が米や野菜を作らなくなってそのまま放置している土地が全国的に問題になっていたりするようですが、
私の家の周りにも耕作放棄地は多く、
「のどかな田園風景」というよりは、「のどかな草原風景」が広がっていると言っても、あながち間違いではないかもしれません。

上記の写真の手前に写っている草原の地主さんはすぐ近所の人なので、
以前、オビ=ワンが、
「何も作らないのならウチが作るから土地を貸してくれないか」
と、声を掛けたこともあったようですが、
「いつ飢饉(ききん)が来るかわからない!その時が来たら作るからダメだ!」
というようなことを言って断られたようです。

まとめると、

「だが、断る!」

ということですね。

オビ=ワンのその話に、すかさず婆さんが、
「飢饉が来たってこんな草むら、おいそれと作れるようにはならんやんけ!」
と、鋭すぎる恐ろしすぎるツッコミを入れていましたが、
こういう時どういう顔をすればいいのか分からないので、とりあえず、爆笑しておきました。

<2009年9月23日 記事修正>
謎のうどん画像の正体は、知人が送ってくれた徳島ラーメンの画像でした。
お騒がせして申し訳ありませんでした。(汗
画像は削除致しました。

全然関係が無いんですが、この写真のうどんが、どこのなんていう店のものかお分かりの方、
いらっしゃいましたらご一報くださいませ!

去年の2月に撮られたもので、私の携帯電話の画像フォルダにずっと入っていたみたいなんですが、
その存在に今初めて気付きました。

一時期(今も?)、高知のお弁当チェーン「くいしんぼ如月」で売られていた「ぼっかけうどん」風でもあるんですが、
これ、確実に陶器の器に入っているから違うみたいだし・・・。

しかも、撮影時間が22時18分。
こんな時間に営業しているうどん屋はそうそうありません。

とにかく、ま~ったく記憶に無い一杯で、
どこのなんていううどんか気になって気になって気になって夜も眠れないですの。
(もしかすると、ラーメンだったりするかも・・・!)

 ← 人気ブログランキング - クリックすると良いことが起こります。私に。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-野菜栽培

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.