高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

椎名誠さんの『四川省風「死に辛そば」』を作ってみたよ!

投稿日:2010.02.17 更新日:

めん・・・。

めん・・・。

めーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。

うどん、ラーメン!そば、ソーメン!

気が付いた時には、寝ても覚めても麺のことばかり考えるようになっていた私。
そんな麺中毒、略して麺中な私の大好きな作家の一人である、椎名誠さん。

ご存知の方も多いでしょうが、椎名さんはかなりの麺好きで、
著書の中で麺の話を熱く書かれているのなんかを読むと、「この人も相当やな(;^ω^)」と思うわけであります。

そんな椎名さんの麺好きが祟って(?)開設されている、『椎名誠の「麺の甲子園」ブログ』で、
椎名さんが中国の四川省で食べたということで紹介されている『四川省風「死に辛そば」』

これなんですが、実は以前から定期的に訪問して写真を見ては、「美味しそうだな~」と思っていたんですよね。
そして、こうも思っていたんですよね。

いつか自分も作ってみたい。

いわば、この麺は私の永遠の憧れだったわけなんですね。(なんだそりゃ
そして、この度ついにその永遠の憧れを、実際に作ってみました!

もう我慢できない!
これ食べたい!
食ってやる!
の、脳内三段跳びでございます。(謎

【材料】
乾麺のソバ
ネギ
ラー油
ヤマキのめんつゆ
天カス

これだけ!

天カスについては、麺の甲子園ブログでは材料として記載されていなかったのですが、
天カスを入れたら美味しいよという話を、実際にやってみた方が他のブログで書かれていたので、私も入れてみました。

めんつゆをヤマキにしたのは、特にこだわりがあるとかそいうわけではなく、
ただ単に、特売で500ミリリッター198円だったからです。(爆

では、作って行きまーす。

麺を茹でるお湯を沸かしている間に、長ネギを細かくみじん切り。
お湯が沸いたら麺を入れて、グツグツグツ。
一杯食べる麺中毒だから、麺たっぷり3束。投入。

刻んだネギを器に入れて、ここにラー油とめんつゆを加える。
ラー油は、麺の甲子園ブログに「一人前で大さじ1杯」と書かれている通りに、麺が3束だから三人前ということで大さじ3杯入れる。

めんつゆの量については、麺の甲子園ブログには詳しく書かれておらず、どのくらいが丁度いいんだろうと少し考えたんだけど、
ここは、勝負師ならぬ、麺中毒の勘で1対1、大さじ3杯を上から垂らし、これをネギと混ぜ混ぜして行く。

めんつゆとラー油、1対1ってなんかカッコええな。
男と男の、フェイスオフ。
めんつゆとラー油のタイマンバトルや・・・。...( = =) トオイメ

はい。常人には理解不能な言葉を発している内に、出来ました。

四川省風死に辛そば

でーーーーーーーーん。

四川省風死に辛そば 正面ビュー

見よ、このさん然とそびえ立つ 『四川省風死に辛そば』 を!

四川省風死に辛そば

画像はウシ用です。(違

明らかに作り過ぎたなと自分でも引きつつ、いざ実食。

モグモグモグ。

・・・!

モグモグモグ。

う・・・!

うm・・・!

うま・・・!

あれ・・・!

味がしない!?

めんつゆ追加。

おっ。いい感じ。

うまい!
うまいよ!椎名さん!!!

だが、

辛あああああああああい!!!

辛過ぎて鼻血が出そう!!!

予想以上の辛さに驚きながらも、黙々と食べる。
椎名さん風に言うと、「ワシワシと食べた」か。

ワシワシと食べていると、段々と胃がヒリヒリとして来るのに気付いた。
俺の胃が、もうやめてくれと言っている。

未知なる味の麺に出逢い、脳内で鳴り響いていたポップでキュートで明るい楽しげな曲は、
今やロッキーのテーマに変わり、さながら耐久戦の様相を呈してくる。

薄れ行く意識の中で思う。

すげえ、すげえよ。
こんな辛い麺食べたこと無い。

辛い。
辛い。
めっちゃ辛い。

毛穴から火が出そう。
いや、出てる。
絶対出てる。

これ、マジで死に辛や・・・。

俺、もうダメかもしんない・・・。 
椎名さん、これ、俺には辛過ぎたよ・・・。 >┼○ バタッ

○ 四川省風「死に辛そば」  1R5分27秒 ギブアップ  竜一 ×

alt="人気ブログランキング" border="1"> - 人気ブログランキング ← あなたがクリックしてくれると、頑張れます。

※ めんつゆの量は、ラー油の量の3倍以上入れていいように思いました。
※ 便秘の方にとってもオススメです。

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.