高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

効率的に栗拾いする方法。便利な道具、服装を実体験を元に解説!

投稿日:2018.11.11 更新日:

初めての栗拾い。

  • 栗拾いはどんな服装で行けばいいの?
  • 栗拾いに持っていく道具は?
  • 効率的に栗を拾う方法は?

以上3点ついて、子どもの頃から栗を拾う現役農家・竜一が、祖母(オバ=ア)と共に栗を拾った実体験を元に解説します。

まずは効率的に栗を拾う方法からです。

スポンサーリンク

栗を効率的に拾うコツは、誰かと二人で連携すること

9月末のある日、私はオバ=アと二人で栗を拾いに行った。

広大な土地を所有する、竜一農園の栗の木は、以前は段々畑だった場所に植えられている。

50年くらい前までは、その段々畑で先代がサツマイモを作っていたらしいが、現在ではたくさんの竹や草木が生い茂る山と化している。

かつて段々畑だった土地に栗の木を植えているとはいえ、畑の面積は猫の額ほどしかないから、食べ頃を迎えて木から落ちた栗は、ほぼすべてが畑の外の急斜面に転がり落ちている

さあ、どうやって栗を拾おうか。

考えていると、オバ=アが口を開いた。

オバ=ア
アタシが上へのぼって、落ちちゅう栗を投げるき、下で待ちよって拾ってくれんかえ。
竜一
なんで?俺がのぼったほうがよくない?
オバ=ア
いや、アタシが拾うき……!

どうやら栗を拾いたいらしい。

決定した作戦は以下の通り。

効率的に栗を拾う方法

  1. オバ=アは斜面に上がる
  2. 竜一は斜面の下で待つ
  3. オバ=アは斜面に落ちて引っかかっている栗を拾い、下で待つ竜一に投げる
  4. 竜一はオバ=アが投下した栗をカゴに拾い集める

オバ=アの考えた、圧倒的栗拾い術。

が、その方法には空論では計り知れない問題点が存在したのだ。

効率的栗拾いの問題点「イガ栗を投げると人に当たる」

ヨイショ、ヨイショ、とオバ=アは斜面にのぼって言う。

オバ=ア
取りよー!

そして下で待つ私のほうに、イガ付きの栗をすごい勢いで投げ始めた。

竜一
えっ………。

戸惑う私をよそに、オバ=アはドンドン栗を投げる。

栗を落とすオバ=ア

下なんか一切見ずに、イガ栗を投げる。

竜一
当たる!当たる……!

イガ栗が、当たりそう。

竜一
俺に栗が当たるって!

しかし少し耳の遠いオバ=ア、叫んでも聞こえない。

オバ=ア
うぇ?なにぃー?

と言いながら、栗をバンバン投げてくる。

そして栗、命中。

栗の直撃を食らう竜一さん

竜一にブチ当たる。

(絵はちょっと盛ってます。さすがに血は出ていません、笑)

竜一
痛いって!栗、当たりゆって!
オバ=ア
アヒャヒャ、命中ぅー!

命中ぅー!じゃないわ!

効率的栗拾いの問題点まとめ

  • イガ栗を投げると人に当たる
  • イガ栗、それは痛い
スポンサーリンク

栗はイガ付きのまま拾うと効率的?

収穫したイガ栗

収穫したイガ栗

竜一
イガ付きで拾わんと、中の栗だけ拾ったらいかんの?
オバ=ア
前は現地でイガを外して栗だけ拾いよったけど、そうしたら返って役がかかる

(*役がかかる = 土佐弁で「手間がかかる」の意)

オバ=ア
チャッチャと拾って、家で時間があるときにイガから外したほうがマシみたいな。
竜一
イガを捨てるところがなかったら、いかんけどね。
オバ=ア
まあ、そうよ。

栗拾いに便利な道具とおすすめの服装

栗2

栗拾いに便利な道具

  • 手袋(必須)
  • トング
  • 栗剥きハサミ
  • 蚊取り線香
  • 帽子
  • 地下足袋
  • 手袋(必須)

上記のリストに上げた6つのうち、ほかのものはなくても何とかなりますが、手袋だけは必須です。

木から落ちたイガ栗には、もちろんトゲがあるため、手袋がないと痛くて収穫できません。

よく軍手で栗拾いされるかたがいますが、軍手では栗のトゲが貫通してくるため、気を抜くとトゲが刺さります

革の手袋でもよいですが、革は高級なため、おすすめは手のひらの側がゴムになっている手袋です。

竜一
全体がゴムになっている手袋もあるけど、手が蒸れて臭くなるがってね。
  • トング

栗をイガから外すのに使います。

料理用のトングみたいに長さが短いものは適しません。

  • 栗剥きハサミ

栗を剥くのに、あれば便利です。

  • 蚊取り線香

栗が落ちる時期の山には、蚊がいます

蚊取り線香もあれば便利ですが、火の取扱いには注意が必要です。

  • 帽子

帽子はなくても大丈夫ですが、帽子には日除けのほかに頭部を守る効果もあるため、あればより安全です。

竜一
意外と木の枝に頭がぶつかったりすること、あるで。
  • 地下足袋(じかたび)

靴はスニーカーでもよいですが、足元が平坦でない場合は、地下足袋のほうが足の踏ん張りが効いて歩きやすいです。

栗をイガから外すときは、イガ栗を足で踏んづけて固定した状態で、先述した「トング」を使い、栗をイガから取り出します。

そのときも親指が独立した地下足袋でやると外しやすいです。

農業情報こちらから

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.