リピート機能付き生姜栽培 ~終わりは始まり~

投稿日:2011.12.13 更新日:

最後の出荷を終え、
今年の生姜の収穫が、すべて終了した。

期間の後半、ウチの問題で、
数日休んで12月に入ってから再び掘り始めるという、
変則的な日程を強いてしまったのだけれど・・・。

嫌な顔ひとつせずに手伝いに来てくれた近所のおじさん、
じっちゃん、ばっちゃん、農協の出荷場の方々・・・。

「人に助けられたなぁ」
と心底感じた一ヵ月半だった。

運搬機

賑やかだった生姜の収穫から一転、
ヒッソリと静まる家の庭で、
使用した機械を洗い、燃料を抜いて、油を注す。

<お疲れさん・・・!
また来年も壊れんとに動いてや・・・!>

草刈り機

生姜の収穫が終わった俺を・・・!
待ち受けていたのは・・・!

有象無象の雑草たちだった・・・!

<ちくしょーっ・・・!
なにが嬉しゅうて草なんか刈らんといかんのじゃ・・・!>

(誰かっ・・・代わりに刈りたい人がいたら・・・!
いつでも刈らさせてあげるよ・・・!)

"大体・・・常日頃から・・・!
そんな調子である竜一・・・!"

だが・・・!
「一番好きな農機は・・・草刈り機・・・!」

そう公言する男・・・!
エンジンを始動させた瞬間・・・!

<おぉぉっ・・・!たまんねぇ・・・!
この指先から全身に伝わって来る・・・獰猛なる振動っ・・・!>

んんっ・・・い・・・!イイっ・・・!
この震え方・・・!ブルッブルッきてるっ・・・!

"脳天突き抜ける・・・!
シバウラエンジンのエキゾーストノートが呼び覚ます・・・!"

本能っ・・・!

溶けるほどに暑い・・・夏の日中・・・!
ゴンッゴンッ・・・草を刈りまくり・・・!
近所の年寄り連中に心配された狂気の器・・・覚醒っ・・・!

「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ・・・!!」

刈るっ・・・!刈るっ・・・!刈るっ・・・!
ひたすら刈って・・・!刈りおおすっ・・・!

"そして数時間後・・・バッチリ刈りおおした竜一に・・・!
声をかける・・・!オビ=ワン・・・!!"

「おう・・・暇いらんやいか・・・はや刈ってしもうたがっ・・・!
足場が悪かったろうがや・・・!滑らんかったか・・・!」

「そりゃもう・・・滑りながら刈りよらぁよぉ・・・!
この岸・・・!石がどっさりあるもん・・・!
石車に乗って・・・!ズルズル滑った・・・!」

「ほうか・・・!オラもさっき滑った・・・!
刈ろうとしよったら・・・!のっけから滑った・・・!」

(※ オビ=ワンも途中から手伝って刈ってくれていた)

数日のあいだは、ひたすら草を刈る予定。
あとは刈った草を焼いて、生姜畑を耕して・・・。

今年の収穫が終わったこの局面、
既に来年の生姜栽培に向けての準備を開始しているというわけである。

<クッ・・・!案外やることがあるんだが・・・!
俺の農閑期うどん食べまくり計画はどうなっちまうんだっ・・・!>

とりあえず昨夜は、家でキムチ鍋にマルちゃんの3玉入りゆで麺をブチ込んで、
禁断症状の緩和に努めた次第・・・!

押して頂けると励みになります!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-生姜栽培

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.