生姜を植えるでござる

去年もそうした、一昨年もそうした、その前もそうした。
まるで輪廻のように繰り返す、生姜栽培。

今年も定植が始まった。

私にとってはまだ十回にも満たないが、
オビ=ワンにとっては、何十回目だろう。

本人に、どんな心境かとインタビューしてみたいほどだけれど、
それを聞いてしまうと、百姓をやり抜いた答えが解ってしまって、
先々の自分の人生が割り算になるような底冷えの気配がして、聞けないでいる。

『定植』とは、植えることの意だが、
私は出来るだけ、「生姜の定植が始まった」と書かないようにしている。

そう書くと、『生姜の定食が始まった』・・・もとい、『生姜焼き定食が始まった』
空目する確率が上がって、なんだか美味しそうになってしまうからだ。

生姜の定植

土の上に、ひとつひとつ生姜を並べて、
種芋から出始めている生姜の芽をいたわりながら、
アルミレーキ、通称・エブリと呼ばれるT字型の道具を用いて土をかける。

「おおの、腰が痛い・・・!」

生姜を並べてゆく作業は、
しゃがんで、横へ横へとカニみたいに移動しながら行うから、
オビ=ワンには少々ツライようである。

「まぁ、ボチボチやったらエエわよぉー!」

などと優しく声をかけてあげながら、
私は、なぞかけの新たなる扉を開いてしまうのだった。

“人間とかけて、
うどんと解きます、その心は・・・!”

「どちらもコシが大事でしょう!」 (by 竜一先生) ウウウ・・・ウマスギル!

生姜の定植

頑張る祖父のかたわらで、遊ぶ孫、30才。

生姜の定植 オバ=ア汁

~昼食時の一コマ~
(朝食時の画像なのは気のせいだ)

長方形の飯台を囲んで昼食を取る、
オビ=ワンとオバ=アと私。

オビ=ワンにオバ=アが声をかける。

「この福神漬け食べて!なかなかコレ美味しいがよ!」

薦められるがまま、
福神漬けを口にしたオビ=ワン、その時だった。

「痛いっ・・・舌噛んだ・・・!」

「慌てて食べるきよ・・・!
けんど、どうで、おじいさん、美味しいろうがえ!?」

席を立ったオビ=ワンは、
噛んだ舌の痛みからか、苦々しい表情を浮かべて、
小声でナニカを言い残して台所を去って行った。

私はオビ=ワンが何を言ったのか聞き取れないままでいると、
オビ=ワンが去ったあと、ニタニタと笑いながらオバ=アが言う。

「福神漬け喰わされて舌噛んでロクなこたぁない言うた!
てにやんオジイじゃ・・・!ヒャッヒャッヒャ・・・!」

(てにやん = 手に負えない、みたいな意)

生姜の定植

生姜の定植は、今月末まで・・・下手すると来月始めまで続く。

押していただけると励みになります!
【人気ブログランキング】
押してでふ!

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By かくれんぼみお

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    定植って 定食みたいですね。勘違いする字が、よくあり
    私は だんなに 歯は、殺菌があって 虫歯になるんだってというと 『細菌やろ』とツッコマレ
    近所のおんちゃん あっちもこっちも 痛ならんって 言ってたというと あっちもこっちも痛くて たまらんやろと 指摘され

    これって 定植と定食とは 似てなかったですかね?

  2. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    どうなんでしょう!自分も雑菌と細菌の違いって、よくわからんので・・・。(TωT)アハハ

コメント投稿

*

Return Top