出来たてホヤホヤ

投稿日:2013.09.07 更新日:

後ろを振り返って、土の具合を確認する。
土が、粉のようにサラサラになっている。
ティラミスにかかったココアパウダーみたいだ。

山の木々がすぐ側まで迫った狭い畑。
その中をトラクターは大きなエンジン音を立てながら、象が歩くように、ゆっくりと前進する。

あらかたトラクターを使い終えて、エンジンの回転数を落とすと、山の中からカラスの鳴き声が聞こえた。

私はトラクターを操縦して畑から出る。
同時にオビ=ワンは、別の機械を軽トラから降ろし、私と入れ替わる形で畑に入る。

そしてその機械を使って、土の中に溝を作っていく。
後方へ少しずつ下がりながら機械を使うオビ=ワンの水色したシャツの背中には、黒く汗が滲んでいた。

私はクワを手に、もう一度畑に入り、オビ=ワンが機械で作った溝に残る土を綺麗に除けていく。

途中でオビ=ワンは、一旦、機械を止めて、服の袖で額の汗を拭う。
木綿のハンカチーフで拭けば、ハンカチ王子・・・いやハンカチ爺さんになれるところだが、オビ=ワンはハンカチなど持っていない。

私はさらにクワを使って、溝に残った土を除ける。
体が温まってきた。少し暑い。汗が滲む。

私も一旦手を止めて、額の汗を拭う。
もちろん服の袖で。

最初にトラクターを使い始めてから、2時間ほど経っただろうか。

<まぁ・・・こんなものかな・・・>
私は全体を見渡しながら、ゴム手袋を外す。

畑ができた。

「さあ・・・なにを植えようかのぉ・・・!」
と言ってオビ=ワンも、出来たてホヤホヤの畑を見渡す。

山の中でカラスが鳴いている。
「ぐぁー!ぐぁー!」と鳴いている。

↓ 真夏終了!はい!次!秋!みたいな気候の急変!今年の高知!メリハリ効いてるねッ!
【人気ブログランキング】
持っているのはクワじゃないよ!'クワ'イトセーバーだよ!

▼ 生姜農家の野望Onlineは「農業」と高知の飲食店を始めとした「グルメ情報」をあつかうブログです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-野菜栽培

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.