農家レストラン まほろば (道の駅南国・風良里) 前編/天使の微笑み

南国市。
『道の駅南国・風良里(ふらり)』

そこで毎週1回。火曜日のみ。
農家の女性グループが『農家レストラン・まほろば』なるものを開催していると聞いたのは、随分前。

しかし「火曜日のみ」という条件が足かせとなって、なかなか行けず。
月日は流れ、12月17日。

<おっ…今日…火曜日じゃないか…!>
唐突に風良里のことを思い出し、フラリと出向いた。


<来たはいいが…まだあるのか…!?…券っ…!!

事前に調べて知った、農家レストランのシステムは特殊。

料金1000円。
50分間、食べ放題。

いつ入ってもいいわけではなく、総入れ替え式。

1回目が、10時50分~11時40分
2回目が、12時~12時50分
3回目が、13時10分~14時

すべての回の食事券は、10時30分より販売される。

私、到着。
このとき、すでに11時45分。
狙った12時の回ギリギリ。舐めきった時間。

<10時30分から売ってんだ…もう食事券が売り切れていたとしても…驚きはしない…!>
ある程度、覚悟しながら1階エントランスホールに入る。

すでにエントランスホールには、大量の人!人!人!
<うぐっ…予想通り…すし詰め…!無いかもしれない…もう食事券…無いかもっ…!!>

階段の下に、オバチャン発見。
誰が見ても、受付。駆け寄る。駆け寄って発声。

「ま…まだありますか…じゅ…じゅじゅじゅ12時の回…!」
常人では考えられないほど、ドモッた。

するとニコヤカに、オバチャン。
「ありますよぉー!」

「あ…ありますかっ…!?」
「ありますよぉー!お一人様1000円です!」

天使……!
オバチャン!大天使っ…!!

<掴んだ…この道の駅南国・風良里で…!強運…!来年の分の運まですべて使い果たす…圧倒的強運…!掴んだぁぁぁっっ…!!>

代金と引き換えに、念願の食事券を頂く。
<39番と書かれている…これが俺の番号…!嬉しい…ミックミクだっ…!!

それから待つ。
12時になるまで待つ。

平日ということが関係しているのか。
詰め掛けた人々の年齢層は、高め。
私のお祖父さんお祖母さん世代が主。

<金髪なんか俺一人…影は薄いが無駄に目立つ…!これなら迷子になる心配はなさそうだ…!>
わけのわからないことを思いながら、待つ。

やがて、時は12時。
一人のオバチャンが階段の下に立ち、食事方法の説明を始めた。

<ふむふむ…バイキング形式なんだな…>
初めての挑戦で、まったくわからないので、酒のことは今だけ忘れて集中して聞く。

<なるほど!食事スペースは2階…!とすれば…この上に…すでにもうお料理が用意されているという図式…!!>お腹が鳴った。

「野菜ばっかりですけど…」
オバチャンは一通り説明し終えたあと、そう言って苦笑した。

<いいさ…野菜ばかりで…!農家レストランという時点で…もう最初から野菜食う気満々…!むしろ…食い尽くしてやるっ…!!>

農家レストランに挑む、農民。
電撃の50分間が、始まろうとしていた。

(後編へ…なんだか壮大に続く!)
『誰が見ても壮大な後編を読む』


【人気ブログランキング】

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By アサクラタヌキ

    SECRET: 0
    PASS: b8c5cdf4898ad50bfeaeb5373b3a6ce3
    1月28日高知市朝倉から家内と二人で楽しみにして、まほろばに行った。
    閉店だつた。インターネットで確認して行ったのに! 昨年初めて行った時も営業していなかった。本当にやっているのですか? 人を馬鹿にするのもいい加減にして下さい。 もう一度聞きたいけど、本当に営業してるのか?辞めているならサイトも閉鎖しておいて下さい。

  2. By asakuratanuki

    SECRET: 0
    PASS: b8c5cdf4898ad50bfeaeb5373b3a6ce3
    1月28日高知市朝倉から家内と二人で楽しみにして、まほろばに行った。
    閉店だつた。インターネットで確認して行ったのに! 昨年初めて行った時も営業していなかった。本当にやっているのですか? 人を馬鹿にするのもいい加減にして下さい。 もう一度聞きたいけど、本当に営業してるのか?辞めているならサイトも閉鎖しておいて下さい。

コメント投稿

*

Return Top