トラクターもサルことながら

投稿日:2014.01.17 更新日:

僕にはなりたいものがある。
猿だ。僕は猿になりたい。

昨日は、昼から晩までトラクターに乗っていた。
時速10キロぐらいで進むトラクター。

やることがない。
トラクターの上。それは退屈な場所。
ヒマすぎて眠くなる。

でも寝たらハンドルが切れないので、トラクターごと段々畑から落下する。

落下したら痛い。
場合によっては「死に至る落下」となってしまう。
だから僕は寝るわけにはいかない。

お嫁にいく前に落ちるわけにはいかないのだよ…!

ずっと乗っていると、冗談抜きに眠くなってきた。
危険を感じた。僕はトラクターから降りた。

よしっ……!
記念撮影しようぜ…!

気分転換に記念撮影していると、近所のおばちゃんがやってきた。
おばちゃんは、バナナをくれた。

<おばちゃん……俺…猿ちゃうで……!>
思わず、ツッコミを入れそうになった。

しかし、このとき気付いた。
<いやっ!これでいい…これでいいんだ…!夢が叶った…!そうだ…そうだった…!>

俺は猿になるのが夢だったんだ!

あーいあい!
あーいあい!

あーいあい!
あーいあい!

おさーるさーんだよー!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-生姜栽培

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.