暗黒料理

新タマネギのカレーライス

更新日:

ねぇんだよ……!
食材がっ……………!

肉とタマネギしかっ…!!

家にあった食材。
それは肉とタマネギのみ。

これだけで………!
いったい何ができるというんだ……!

そのとき目に入る長方形。
長くて四角い箱。

あるのかっ………!
そんなことがっ………!!

このカレぇぇぇ……!
肉とタマネギだけで……!
できるって書いてあるっ……!!

そうとわかれば………!
作るぜっ……今日は………!

ウチで採れた………!
新タマネギを使った………!

新タマネギのカレーライスを…!!

タマネギを切る。

<どう切ればいい……!
どう切れば………!>

切り方を迷った。
カレーの箱に印刷された写真を見ると、タマネギの姿が見えた。

<少なくとも………!
微塵切りではないパティーン……!>

これ………!
何切りっていうんだ……?

くし切りッッッ………!?

とにかく………!
それらしく切りおおしたのち……!

サラダ油を引いた……!
鍋に投入っ………!

ここで誤算発生。

タマネギが多すぎて…!
鍋の中が大混雑っ……!!

山盛り…………!
てんこ盛りのタマネギ……!

多すぎて…………!
混ぜられないっ………!

混ぜることなど……!
不可能っ……土台無理っ……!!

ここで肉を投入。

無論、混ぜれない。

<これでは………!
肉を焼くことができないっ……!>

この局面で竜一…!
圧倒的閃き……!!

<ククク…………!
鍋の底で肉を焼くなど……!
凡人の発想っ………!!>

こんな状態で……
お肉が焼けるかなぁ……

じゃない!

焼くんだっ………!
強い決意で焼かなきゃダメっ……!

底が無理なら………!

鍋のふちで焼けばいいっ…!!

まさか……………!

三十すぎて………!
鍋のふちで肉を焼く日がくるとは……!

人生、なにが起きるかわからないよ。

スタバの店内みたいに、
いい雰囲気になってきた。

水を入れて煮込む。

その間、暇。
だから俺は酒を飲む。

<まだ酔っちゃダメ………!
ここは……ハイボールで………!
軽い手で凌ぎきれっ………!!>

煮込み、終了。
ルーを入れる。

水かさ、わりと減らず。
危険な水量のまま。

だがしかし………!
人生がそうであるように………!

大抵なんとかなる………!

できた………!
できおおしたっ……!!

『竜一さんちの、こだわってない栽培の新タマネギのカレーライス』
(* 完成後、一晩寝かせています)

ライスにパセリを散らす…!
圧倒的……俺の女子力っ……!!

<ただ………!
新タマネギを使ったせいか……!>

甘くて、イマイチ。
むしろマズイ。

自分で栽培した野菜を………!
自分で調理し…結果マズイという……!

あるのかよ……!
こんな悲劇っ……!!

翌日、リメイク。

カレーパウダー…コショウ……!
唐辛子などを加え…味を調整……!
…というよりも…ブチ壊し……!

カレードリアに……!
しおおしたっ……!!

すると……………!

ややマシ………!
食べれないこともない……!
そんな味の次元に………!

到達っ………!!

P.S. 先日作って冷凍しておいた餃子で
スープを作り、ドリアと一緒に食べたんですけど、そっちは圧倒的美味ですた!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-暗黒料理

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.