野菜栽培

アナキンの質素倹約晩ご飯

更新日:

スターターの紐を引っ張ると、勢い良くエンジンがかかった。
嵐の前兆だろうか。空はまだ明るいけれど、いつもより少し強い風が吹いている。

稲刈りが終わった。次は生姜の収穫。まだ数日ほど時間があるので、合間に草を刈っていた。

草刈り機は刃を高速で回転させて、草を切り飛ばしていく。
<俺はジェダイだ!俺はジェダイだ!俺はジェダイだ!>

いったいどういうわけだろう。草刈り機を持つと、いつもジェダイの騎士になった気分になる。頭の中では、ずっとダースモール戦のBGMが流れている。

「これは草刈り機だよ。ライトセーバーじゃないよ」と自分に言い聞かせてはいるが、無駄だ。テンションが舞い上がってしまう。

いつか地獄絵図のような状況下で、「選ばれ者だったのにぃぃぃ!」って言われたい。基本的に「俺=アナキン」設定だ。

そんな中、台風十八号が近付いている。
生姜が倒れないように、手で持って頑張って支えたい。

小松菜の漬物

今年は米が安い。生姜もまだ掘れない。うどん代と酒代を捻出するためにも贅沢はできない。

そこで晩ご飯は、家で採れた小松菜の漬物。
薄暗い部屋の中でモソモソ食べた。明日は味噌でも舐めようか…。

助けてください!助けてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-野菜栽培

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.