一日中、冷蔵庫の中で エピソード1/農業ジェダイの帰還

投稿日:2015.02.27 更新日:

※ 本日2連続更新です。
続けて読みやすくするために
「エピソード2」を先に更新しています。


はや、
2月も終わろうとしている。

ここ数日、
ロクに外に出ていない。

なにせ俺は………。

fc2blog_2015022620495825e_20150227083347cf3.jpg

ずっと………!
冷蔵庫の中にいるんだ…!!

正確には『予冷庫』と呼ばれる、
生姜の貯蔵施設。

その中でひたすら生姜を割る。
今年植える、種生姜を拵える作業だ。

例年は自宅でやっていたけれど、
いちいち家まで生姜を運搬して、
また予冷庫に返すのが
時間と労力の無駄だという判断で、
今年から予冷庫の中でやらさせてもらうようにした。

予冷庫内は、
十数℃に設定されているので、
よくあるご家庭の冷蔵庫ほどは寒くない。

しかしそれにしても、
日が当たらないからだろうか。

温度的には大して寒くないはずなのに、
予冷庫の中にいると、身体の芯から冷えてくる。

fc2blog_2015022620474670c.jpg

オビ=ワンと2人、
黙々と生姜を割る。

(オビ=ワン、
たぶん数ヶ月ぶりの登場ですが元気です!)

時折、
「グォォォォォー!」
ジェット機のエンジン音みたいに鳴り響く空調。

かなり、やかましい。

密閉された巨大空間。

思わず、オビ=ワンに言ってしまう。

「こんなところにずっとおったら、
普通の人やったら気が狂うで…!」

生姜の種を割る、
という目的があるからまだしも、
もし、なにもすることがなかったら、

半日もしない内に……!
間違いなく………!

積み重ねられた……
コンテナによじ登り………!

やるしかなくなる……!

一世一代の………!
スパイダーマンごっこを!

(↓ 続きはこちら!)
『エピソード2を読む』

↓ 応援クリックお願いします(>_<)

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。

-生姜栽培

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.