生姜栽培

精霊、酒抜き!

更新日:

一年に一度……!
定植するならこの時期だろう…!

春………!
スプリング………!

331-3.jpg

レッツゴー……!
センテンス スプリング…!!

331-1.jpg

一箱…約百個入り……!

fc2blog_20160331075105f75.jpg

この生姜を…オビ=ワンと二人…!
今日も延々植え続ける……!

331-2.jpg

「まあ、よけ(たくさん)入る…」
生姜を土の上に並べながら、そう言うオビ=ワン…!「けんど植えちょかな、採れんきのぉ」

「そらそぉよ」と竜一…!「また秋、収穫するときに、ようこれほど植えたもんよ言われらぁ」

夕方からは…パオパオをかけにオバ=アも参戦…!
(*パオパオ=保温などの目的のために土の表面を覆う農業資材)

パオパオをかけながらオビ=ワン…!
「パオパオかけるも…やくがかかるよ…!」
(*やくがかかる=手間暇かかる、みたいな意)

fc2blog_2016033107514990b.jpg

日もほとんど沈んだ頃に…大体ノルマクリア…!

オバ=アが言う。
「オジイさんよ。よい生姜が採れますようにいうて、酒でも持ってきてお願いしちょきや」

するとオビ=ワン。
「持ってくる酒があるか…!自分で飲まないかんに…」

「ひゃひゃっ」と笑うオバ=ア。
そのとき竜一……!



「大地の精霊に飲ます酒はないかよ!」



「あるかや…!」



終わった。

ボクをおしていってね!(笑)

* 俺、雨が降ったらコスプレするんだ…。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-生姜栽培

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.