カンボジアのクッキーはどんな味

fc2blog_201511141358393ac.jpg

生姜の収穫が続いていたある日のおやつタイム。手伝いに来てくれている酒飲みのおじさんが、みんなにお菓子を配った。

「これ、もろうたけんど、あしゃ食べんきに」酒飲みのおじさんは甘いものが苦手らしい。私と同じだ。
「外国のお菓子じゃとお」酒飲みのおじさんは顔をクシャクシャにして笑った。

「どこと書いちゃうで」親戚のおばさんはお菓子の箱を手に取って眺めた。アルファベットが羅列されている。
「わからんが」といって親戚のおばさんは箱を私に手渡した。

「カンボジアいうて書いちゃう」

「カンボジアつか」私の声にオビ=ワンが反応した。思えばウチの畑で主力として植えている生姜の品種名も『カンボジア』だ。

一級なんちゃらという、なかなか取ることが難しい農機の整備士の資格を持っているおじさんがお菓子を手に取った。
「アンコールワットやとお」今年からこのおじさんが来てくれているから、収穫中に農機の調子が少々悪くなっても安心だ。

fc2blog_20151114135908957.jpg

私もお菓子を手に取った。クッキーだろうか。山のような形になっている。表面に『ANGKOR WAT』と刻印。

ああこれはアンコールワットの形を模しているのか。アンコールワットはカンボジアだもんな。
箱に日本語は一切書かれていない。表示はすべてアルファベット。明らかに日本で販売されている製品ではない。

「誰かカンボジアへ行っちょったが?」酒飲みのおじさんに訊いてみた。おじさんは答えずに笑っている。

普段なら絶対に食べないお菓子。しかしこれはそんじょそこらのお菓子ではない。本来カンボジアに行かないと食べられないお菓子だ。せっかくだから食べておこう。

人生初、カンボジアのお菓子。いったいとんな味がするのだろうか。日本のお菓子と違うのだろうか。カンボジアの味がするのだろうか。

口に含んだ。噛むとそれはサクッと砕けた。

驚いた。驚くほど普通。普通のクッキーの味。カンボジアの味はしない。

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    かんぼじゃ
    かんぼじゃ!

    言いもて

    舌の上に載せて
    上あごに押し付けて

    ふにゃふにゃふにゃらぁ~!
    と成るまで待たにゃぁ!(*^o^*)

    ええかいの?
    かん ぼじゃぁ~
    まで 待つんだゾッp(´⌒`q)

    ったく!
    若いもんは仕事が早すぎるんじゃけん!(-_-#)

  2. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    ああ、そうか!もっと長く味合わないといけなかったんですね。そうしたらたしかに…。じわじわカンボジア感が出てくるがやったがかもしれないです(笑)

コメント投稿

*

Return Top