高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

白昼堂々、生姜畑にイノシシ出現。

投稿日:

定植が終わった生姜畑に、繊維を織った「パオパオ」という資材をかけていた。

野鳥の声が聞こえる、のどかな山間。
「それにしても暑い。急に暑くなったな……」

よく、「春がない」と言われる高知の気候を体感していた。
「暑くて眠くなるぜ……」

そのときだった。

白いパオパオの上に、茶色い物体が立っているのが見える。

「ネコ……?」

でも、ネコにしては………。

次の瞬間、竜一の頭の中にあった点が線でつながる。

「って、まさか……」

イノシシ……!!!

紛れもない。イノシシ。それも子供。

ウリボウ……!!

「うぃっ!うぃっ……!」
言葉にならない声を上げ、イノシシを指差す竜一。

近くで一緒に作業をしていたオビ=ワンも、それに気付いて目を丸くする。

「ちゃっ!まこと……。イノシシやねゃ……!」

謎の声を上げて、威嚇するオビ=ワン。

「ほいっ!ほいぃぃぃ!」

そそくさと退散するイノシシ。
「どっから出ていくか見ちょけ……!」

イノシシは畑の隅の茂みに消えていく。

「あっから入ってきゆがか……」唇をかみしめるオビ=ワン。「あそこへ電柵仕掛けちょかないかんねゃ……」(*電柵=電流が通った害獣除けの柵のこと)

じつは、イノシシが畑に入っていることは、3日ほど前から気が付いていた。畑の中に足跡が残っていたからだ。

「あれが、きゆがか……」(*アイツが来ているのか、の意)

「おしこと。写真撮っちょかんきよ」(*もったいない。写真を撮ればよかったのに、の意)

と言うオビ=ワンに、笑う竜一。
「そんなもん撮ったに決まっちゅうやん……」

イノシシが出たときよりも、驚くオビ=ワン。

「なにっ!?いまのまに撮った?いつ撮りよった…!?しょう、いそしいのぉ……」(*しょう、いそしい=すごく行動が早いな!みたいな意)

「だってモタモタしよったら、逃げるがわかっちゅうやん」

「そらぁ、また"プログ"のネタができたやいか……」

「よぉ出て来てくれた、と思うて撮ったわよぉ」と笑う竜一。まぁ"プログ"やなくて"ブログ"やけどね……」

(* ブログを書いていることは、家族に十年ほど黙っていた竜一だったが、近年バレた)

このとき午後3時頃。
「日の暮れかけには、たまに見かけるけど、昼間にイノシシ見たがは初めてや……」

そう言う竜一に、オビ=ワンもうなずく。
「ほうよのぉ……」

夕方。作業終盤。
やっとパオパオを張り終えようというとき、オビ=ワンが口を開く。

「きょうはいろいろあったねゃ…。イノシシも見たし……」

「い…いろいろ……!?」

イノシシの出現以外、大したことは起こらなかったよ。

(* まあ、オビ=ワンも白昼堂々と現れたイノシシに、結構ビックリしたんでしょうなぁ……)

農業情報こちらから

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.