農業と高知グルメの情報サイト

竜一的「ブログの書き方」自我を開放し、読みものとして面白いものを書く

投稿日:2017.06.14 更新日:

「ブログをどうやって書いているのか」「あれだけ書いていたらネタ探しが大変でしょう?」なんて、たまに問われる。

今回は、竜一的「ブログの書き方」「生姜農家の野望Online」の書き方、ついでに知られざるブロガー・竜一ヒストリーまでご紹介します。

たぶんここから、めっちゃ語るよ、俺。

竜一さん、わりと語るからね。

(思いのままに書いたため、文体がゴチャゴチャになっていますが、これはこれということでご了承ください。なお竜一さんは、段々と竜一さんに酔っていきますが、これが竜一さんなのでね……!)

ブログを始めたきっかけ。どんなブログにしていきたいか。

ちゅんすけさんと、ちゃちゃこさんの夫婦ブログに、オフラインでの発言を書いていただいていたけれど、まさにあの通り、私、言いました。

「読みものとして面白いものを書きたかった」 竜一名言集より。

竜一さん!カッコイイ!どんだけぇ~!

オンラインゲームのブログから始まった、竜一のブログ人生。

私、元々オンラインゲーム…いわゆる「ネトゲ」と呼ばれるゲームのブログを書いていたんです。それがブロガー「竜一」の始まりで、14年くらい前かな?当時からハンドルネームは「竜一」でした(ちなみに本名ではない)。

その頃から文才があったんでしょうね。数ある同じゲームのブログでも、わりと人気があるほうのブログだったと思います(こういうのは自分で言う、笑)。

ゲームブログで、ブログの面白さに目覚める。

絡んだことのない、ほかのユーザーさんに「ブログ見てますよー」なんてゲーム内で声をかけていただいたり……。

ネトゲには「サーバー」と呼ばれるものがあって、自分が所属しているサーバー以外には行けなくて、別サーバーのユーザーとはゲーム内で交流することができない。

それなのに他サーバーのユーザーさんから「○○サーバーの者でゲーム内ではお目にかかれませんが、いつもブログ読んでます」なんてブログに直接コメントが来たりして……。

ブログって楽しいなぁ。と、そこでブログの面白さに目覚めてしまったわけです。

オンラインゲームのサービスが終わり、書いていた初代のブログも閉鎖へ。

結局1年くらい、ネトゲのブログを書いていたんですけど、最終的にそのゲームがサービスを終了することになり、まぁ……終わっちゃったんですね。

当時、ネトゲをやりながら、ブログを書きながら、すでに農業もしていた私は、ネトゲが終了したことにともないブログも終了。

俺、農業しかやることないやん。

……となったわけです。

いろいろやっていたのに、一気に二つの楽しみを失い、手持ち無沙汰になっちゃった部分もあったし、ブログの面白さが忘れられなかった……ってのもあった。

やっぱりブログは面白い。

スポンサーリンク

インターネットのない時代には、ノートパソコンではなく「ノートの紙」に文章を書いていた。

元々書くことが好きで、インターネットなんてなかった時代には、ネットでよく言われる「お前の妄想なんか、チラシの裏に書いとけ!」じゃないですけど、本当に紙のノートを買って、ノートに短編小説を書いたりしていました。

ブログというものに出会う何年も前から、書かずにはいられなかった。

自分の活字中毒なんです。

こんなことを言うとアホみたいですけど、自分の文章が好きで仕方がない。これはいまでも。

この記事を書いている、「いま」がまさにそうなんですけど「俺、頭の中でこんなことを考えていたんだ」と、オフラインの「俺」が驚くような言葉が「竜一」からは、どんどん出てくる。

けれどもブログに文章を書くとなると、紙のノートに書くのとは、だいぶ違う。

やはり読んでくれる人がいてこそのブログ。読まれないと意味がないし、読まれなくて良いのであれば、それこそ「チラシの裏にでも書いとけ!」になってしまうわけです。

ブログに書く以上は、読まれないと意味がない。

そこで先述の発言になるわけだ。

「読みものとして面白いものを書きたかった」 竜一名言集より。

竜一のアクセスアップ法は、「ひたすら面白い(と思える)ものを書く」。

よくあるアフィリエイトサイトのように、アクセスが稼げても、面白くないブログにはしたくなかった。アクセス目当ての記事を書かなくても、面白ければ人は呼べると思っていた。

実際には、面白いかどうかなんて読んだ人それぞれが決めることだが、少なくとも"自分が"面白いと思えないブログは書きたくなかった。

人を家に呼ぶときに、部屋を掃除するのと同じだ。"自分が"汚いと思える部屋には呼びづらいし、"自分が"綺麗だと思える程度には掃除をするのが一般的だろう。

作家になれるほどの才能はないけれど、素人丸出しの文章でも、私にしか書けない文章が書きたい。面白い文章が書きたい。それしかなかった。それはいまでも変わらない。

「ぼくのかんがえた、さいきょうに おもしろいぶんしょう」が、書きたいだけなのである。

それで面白くなければ、誰も見てくれないだろうし、面白ければ見るだろう。大して役に立つ情報も載っていないブログなのであれば、なおさらそういう傾向になるはずだ。

スポンサーリンク

2代目のブログが始まる。

ネトゲのブログを閉鎖したあと、数か月の休止期間を経て、次に書いたブログは「生姜農家の野望Online」の前身、「国産黒豚生姜焼き定食大盛り580円」という、当時流行っていた大塚愛さんの楽曲名からインスパイアされた長いタイトルのブログだった。

人と違うことがしたい。
短いタイトルのブログが多かったから、あえて長くした。

その頃から、すでに「うどん」にハマっていたが、そのブログにうどんのことを書くことはまれだった。テーマにこだわりがなかったというか、自分の思う面白い文章が書ければテーマなどどうでもよかった。

ブログに飽きた。休止(放置)した。

しかし3~4年ほどそのブログを書いていると、段々ブログそのものに飽きてきて、ついにはブログを書くことをやめてしまった。

もう十分書いたし、いいや。って気になったのだ。

「国産黒豚生姜焼き定食大盛り580円」は完全な趣味ブログで、人に読んでもらえること以外には何の報酬もないブログで、終盤はモチベーションを保つのが大変だった。

更新停止中のブログに、定期的に入るコメント。

休止期間中も、ブログは閉鎖せずにそのまま残していたため、時々コメントが入っていた。コメントが来るとEメールで通知してくれる設定にしていたため、私もコメントが来ていることには気が付いていた。

コメントの主は、ブログを更新していた当時にコメントをくれていた人たちだった。見慣れたハンドルネームに懐かしさを覚えた。

「長いあいだ更新されていませんが、お元気ですか?」
ブログを書いていたのが遠い昔のことのように思えた。

消滅したかに思えた「竜一」という存在。

やがてブログを休止してから1年ほどが経った。コメントもほとんど来なくなっていた。もう誰も「竜一」のことなど覚えていないだろう……。

そんなある日、久しぶりに新着コメントを告げるメールが入った。

「竜一、どうしたんだ?ずっと定期的にこのブログをチェックしているが、まったく更新されないじゃないか。こっちは新しい記事を待っているのに……」

そんな内容だった。

「新しい記事を……待っている?」

1年もずっと待ってんの?

そんな……。
「更新されないブログを……1年も見てたの……?」

……気が付いたら泣いていた。トイレの中で声を上げて泣いていた。

まだこの人の中では、"竜一"が生きている……。

嬉しかった。

コメントの最後にはこんなことが書かれていた。
「また気が向いたら書いてくれよ」

.

.

.

書きます!いますぐ書きます!

竜一復活作戦。3代目のブログ「生姜農家の野望Online」開設。

私の決断は早かった。
"竜一"を復活させる……」

パソコンを開いた。久々に見るFC2ブログの管理画面。
「ここにまた文章を……」

……と考えた。

だが休止後、1年以上が経過した「国産黒豚生姜焼き定食大盛り580円」は、戦いで傷つきボロボロになった戦闘機のように見えた。

「この機体では、もう戦えない……」

たった1年だが、何十年も昔の錆びた戦闘機が、草むらの中で沈黙しているようにしか見えなかった。

「新しいブログを立ち上げよう……」

そうして前身の「国産黒豚生姜焼き定食大盛り580円」と同じ、FC2ブログのサービスを利用して立ち上げたのが、現在の「生姜農家の野望Online」である(現在はFC2からワードプレスに移設)。

生姜農家の野望Onlineの書き方。

元々なかったテーマを「生姜農家の野望Online」では決めることにした。

ただ「面白い文章が書きたい」だけでは自分が飽きてしまう、と気付いたからだ。

テーマはすぐに決まった。
「"農家"を発信できるブログにしたい」

「農業」ではなく、「農家(人)」というのがポイントである。

原点を明確にするため、そして肝に銘じるため、トップ画像にそのときの気持ちを書き込んだ。その文言は2017年6月となった、いまでもトップ画像に記載されている。

「生姜農家の野望Online」を更新する中で、書きたいことはどんどん増え、テーマはどんどん増えていった。

「好きな"うどん"の魅力も発信したい」
「ラーメンも……」
「ああ、ほかのグルメの記事も書きたい……」

全部書くことにした。

人は変わる、変わっていくのだ。

ブログの内容はどんどんと変わっていった。ブログの書き方自体も大きく変化した。

己の自我を開放する……!
それが生姜農家の野望の書き方……!

スポンサーリンク

俺は竜一ではない。竜一は俺ではない。

私はオフラインでも、自分のことを「竜一」と呼ぶことがよくある。オフラインの「俺」と「竜一」は違う。「竜一」はインターネット上で作り上げられた、もう一人の自分。

「竜一は何だってできるんだ……」常にそう思っている。

「竜一」がブログを書くと、たちまち奇妙な文章ができあがる。

俺は、愛しているのだ。
竜一が書く「異形の文章」を……。

(カッコイイ!)

竜一も、オフラインの「俺」も、変化し続けたいまでも変わらないこと。

それは………。

「読みものとして面白いものを書きたかった」 竜一名言集より。

自分の中の「面白い」を書く。それが「生姜農家の野望Online」。

自我を開放することで、書けるようになる。

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。プロフィール詳細 | お問い合わせ

アクセスランキング★TOP5

1 大きな草と草刈機

草刈機の使い方!刈払機の使用方法を現役農家が徹底解説!

草刈機(刈払機)の使い方を現役農家の竜一がご紹介。プロが教える草刈機の使用方法。エンジンのかけ方、エンジンがかからない場合の対処法、草の刈り方について解説しています。

2 高知市 帯屋コッペのコッペパン 大エビフライコッペ

【帯屋コッペ】くまのPAN屋のコッペパン専門店が高知市にオープン

高知市帯屋町にオープンした高知初のコッペパン専門店「くまのパン屋. 帯屋コッペ」のメニューとコッペパンをご紹介。持ち帰り(テイクアウト)可能。2階にイートインスペースがあります。所在地/高知県高知市帯屋町2-1-28 営業時間/8:00〜18:30 定休日/月曜日

3 assiette(アシェット)の外観

assiette(アシェット)南国市・JA高知病院西にオープン!

高知県南国市、JA高知病院西側にプレオープン中の洋食屋「assiette(アシェット)」をご紹介。メニューと営業時間、定休日、料理を食べた感想。

4 晩酌家つるじろ外観

晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】

晩酌家つるじろ(画像はオープン前に撮影しています) 2018年5月28日! 晩酌家つるじろ! 高知市にオープン! 当記事公開日である、本日5月28日(月)にオープンした居酒屋の新店「晩酌家つるじろ」。 居酒屋は居酒屋でも、ただの居酒屋ではない。 料理がおいしい! 店内がおしゃれ! 座敷あり! 掘りごたつあり! 子連れで行ける! カップルで行ける! 接待で行ける! 一人でも居心地がいい! マスターがイケメン! マスターが面白い! おすすめポイントをパッと上げても2,000個くらいすぐに思いつく、とんでもない ...

5 畑の食堂Copanのビュッフェランチ

畑の食堂Copan(コパン)高知/南国市・ながおか温泉の隣にオープン

高知県南国市にある「ながおか温泉」。 その隣に、地元の野菜を活かした料理が食べられるお店「畑の食堂Copan(コパン)」がオープン! 野菜をたくさん食べたい! 栄養がほしい! ビタミンがほしい! 大地の恵みを我にっ……!! そんなかたに打って付けのお店となっています。 竜一あけぼの街道沿いにある、産直所「なの市」と同じ敷地内で、以前「なのカフェ」が営業されていた跡地です。 駐車場は、ながおか温泉側につき注意! 産直所「なの市」 「畑の食堂Copan」の出入口は産直所「なの市」側を向いているが、 駐車場は「 ...

最新記事

つくね芋のツル

田舎暮らしの小話

マムシの捕まえ方。捕獲したあとにしてはいけない、たった一つのこと

草むらに、うかつに入ってはいけない。 これは夏の田舎の常識です。 なぜならば、 マムシ! 皆様ご存知の「毒蛇」がいるからです。 私も草を刈っていると、マムシに遭遇してヒヤッとすることが時々あります。 マムシの毒が回ると最悪の場合は死に至りますから、そりゃあ怖いですよ。 本記事では、そんなマムシを捕獲する方法をご紹介します。 オバ=ア流、マムシの捕まえ方 ユズの木の周囲に生えた草を、鎌で刈っていたオバ=アが、突然叫んだ。 オビ=ワンやかましいねゃ、何を言いよらぁ。 オビ=ワンどいた?(どうした?) オビ=ワ ...

麦わら帽子の被り方

農業に役立つ豆知識

農作業に「麦わら帽子」は現役農家がおすすめする「最強の帽子」だ!

農作業用の麦わら帽子の被り方をご紹介。実際に麦わら帽子を被って農業する、現役プロ生姜農家がおすすめする麦わら帽子の被り方を解説します。男性におすすめの麦わら帽子被り方、女性におすすめの麦わら帽子の被り方、それぞれを解説しています

室戸市の料亭花月のキンメ丼

安芸~高知県東部カフェ

【高知】室戸キンメ丼のおすすめは「料亭花月」ランチは予約必須!

高知県東部の室戸市グルメ「室戸キンメ丼」を食べるなら「料亭花月」がおすすめ!地元・室戸沖でとれたキンメダイの刺身と照り焼きがのった豪華海鮮丼。締めにキンメダイの出汁をかけて、室戸キンメダイの出汁茶漬けが楽しめます。

収穫したばかりの生姜

生姜栽培

生姜は植えっぱなしで冬越しできる?越冬させる方法を専門農家が解説

生姜は植えっぱなしで冬越しできるのか、プロの生姜専門農家が徹底解説!種生姜の保存に最適の温度と、おすすめの種生姜保存方法がわかります。家庭菜園や少量多品目型の野菜栽培をされているかたは、ぜひご一読ください。

農業に役立つ豆知識

効率的に栗拾いする方法。便利な道具、服装を実体験を元に解説!

効率的に栗拾いする方法と、栗拾いに便利な道具とおすすめの服装をご紹介。実際に栗拾いした体験談を交えて解説しています。栗拾いに必須の道具である手袋は、軍手ではなく、手のひらの側がゴムになった手袋がおすすめです。

草刈り中の竜一

農業に役立つ豆知識

斜面での草刈り事故を防ぐ方法。三点支持とケツブレーキが重要!

中山間地域で農業に従事する竜一が実際にやっている、草刈り中の事故を未然に防止する方法をご紹介。草刈り中に三点支持(三点確保)する方法を解説します。

盛りだくさんの野菜

農業に役立つ豆知識

現役農家が語る「農家の年収」1,000万稼ぐ農家と稼げない農家の違い

農業で年収1,000万円以上稼げるか否かは品目次第!JA嫌いは損してる!? なぜ農業で稼げないのか、農業で稼ぐにはどうすればよいのかを現役農家の竜一が語ります。

生姜農家の生姜料理

簡単にできる「生姜スープ」の作り方。現役の生姜栽培農家が解説!

市販のインスタントスープをアレンジして作る、生姜スープの超簡単レシピをプロの生姜農家がご紹介。生姜をすりおろすだけで手軽に作れるため、忙しい朝におすすめです。

収穫した親生姜

生姜栽培

種生姜も食べられる。種生姜と親生姜の違い、親生姜おすすめの食べ方

知人男性 生姜を掘りよったら、植え付けに使った種芋が付いてくるけんど、あれは捨てるかね? そう聞く男性にオバ=アが言う。 オバ=ア食べれいでか!生姜やもの。 「種生姜」と「親生姜」の違いは? 収穫した親生姜 生姜を収穫していると、植え付けに使用した「生姜の種芋」が新生姜に付いてくる。 生姜の種芋には、呼び方が二通りある。 生姜の親芋の呼び方 種生姜 親生姜 種生姜とは⇒ 将来「親生姜」となる生姜のことで、植えられて新生姜を生み出すまでの期間(収穫〜貯蔵〜植え付け)の種芋を指す。 親生姜とは⇒ 植え付け後に ...

収穫したばかりの生姜

生姜栽培

生姜の収穫時期と種生姜の保存方法。現役生姜農家が解説!

生姜の収穫時期はいつ? 皆さんご存知、スーパーマーケットなどで一般的に販売されている、いわゆる普通の生姜は、生姜業界では、根生姜、囲い生姜、ひね生姜などと呼ばれる。 以上の3つは呼び方が少し違うだけで、基本的に同じものです。 私が生姜を出荷している、高知のJA(農協)の出荷場では「囲い生姜」をもっともよく使います。 「囲い生姜」の呼び名は、貯蔵することを「囲う」ということから来ています。 スーパーで生姜を見かけた際、 「あっ!"囲いの生姜"が出てる!囲いの生姜や!」などと指さして言うと、 業界人を気取れま ...

ユズとユズ搾り器

農業に役立つ豆知識

田舎のオバアが教える「ゆず酢の作り方」皮は冷凍で保存しておける

「こんねん(今年)はユズがどっさり採れた」 ……とオバ=アが言う。(*2017年の話です) どれどれ、と見てみると、コンテナに大量のユズが入れられている。 山から収穫してきたユズ ユズ、大量。 オバ=アいらいでか!ユズは搾ったらなんぼしないもの。 (いるに決まっている、ユズを搾っても大した量ではない) 「ゆず酢の作り方」ゆず搾り器でひたすら絞る! ユズ1個から取れる搾り汁は、わずか。 オバ=アゆの酢!ゆの酢! 手押し式ゆず搾り器 ユズ玉を1個ずつ、挟んでポン!で搾っていく。 このとき半分に切ったユズ玉の皮 ...

-分類不能

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.