高知の飲食店情報を中心に、様々なグルメの情報をドキュメンタリー風味でお届けしています。お店探しにお役立ていただけるのはもちろん「読みもの」として眠れない夜にお供します

竜一的「ブログの書き方」自我を開放し、読みものとして面白いものを書く

投稿日:2017.06.14 更新日:

「ブログをどうやって書いているのか」「あれだけ書いていたらネタ探しが大変でしょう?」なんて、たまに問われる。

今回は、竜一的「ブログの書き方」「生姜農家の野望Online」の書き方、ついでに知られざるブロガー・竜一ヒストリーまでご紹介します。

たぶんここから、めっちゃ語るよ、俺。

竜一さん、わりと語るからね。

(思いのままに書いたため、文体がゴチャゴチャになっていますが、これはこれということでご了承ください。なお竜一さんは、段々と竜一さんに酔っていきますが、これが竜一さんなのでね……!)

ブログを始めたきっかけ。どんなブログにしていきたいか。

ちゅんすけさんと、ちゃちゃこさんの夫婦ブログに、オフラインでの発言を書いていただいていたけれど、まさにあの通り、私、言いました。

「読みものとして面白いものを書きたかった」 竜一名言集より。

竜一さん!カッコイイ!どんだけぇ~!

オンラインゲームのブログから始まった、竜一のブログ人生。

私、元々オンラインゲーム…いわゆる「ネトゲ」と呼ばれるゲームのブログを書いていたんです。それがブロガー「竜一」の始まりで、14年くらい前かな?当時からハンドルネームは「竜一」でした(ちなみに本名ではない)。

その頃から文才があったんでしょうね。数ある同じゲームのブログでも、わりと人気があるほうのブログだったと思います(こういうのは自分で言う、笑)。

ゲームブログで、ブログの面白さに目覚める。

絡んだことのない、ほかのユーザーさんに「ブログ見てますよー」なんてゲーム内で声をかけていただいたり……。

ネトゲには「サーバー」と呼ばれるものがあって、自分が所属しているサーバー以外には行けなくて、別サーバーのユーザーとはゲーム内で交流することができない。

それなのに他サーバーのユーザーさんから「○○サーバーの者でゲーム内ではお目にかかれませんが、いつもブログ読んでます」なんてブログに直接コメントが来たりして……。

ブログって楽しいなぁ。と、そこでブログの面白さに目覚めてしまったわけです。

オンラインゲームのサービスが終わり、書いていた初代のブログも閉鎖へ。

結局1年くらい、ネトゲのブログを書いていたんですけど、最終的にそのゲームがサービスを終了することになり、まぁ……終わっちゃったんですね。

当時、ネトゲをやりながら、ブログを書きながら、すでに農業もしていた私は、ネトゲが終了したことにともないブログも終了。

俺、農業しかやることないやん。

……となったわけです。

いろいろやっていたのに、一気に二つの楽しみを失い、手持ち無沙汰になっちゃった部分もあったし、ブログの面白さが忘れられなかった……ってのもあった。

やっぱりブログは面白い。

スポンサーリンク

インターネットのない時代には、ノートパソコンではなく「ノートの紙」に文章を書いていた。

元々書くことが好きで、インターネットなんてなかった時代には、ネットでよく言われる「お前の妄想なんか、チラシの裏に書いとけ!」じゃないですけど、本当に紙のノートを買って、ノートに短編小説を書いたりしていました。

ブログというものに出会う何年も前から、書かずにはいられなかった。

自分の活字中毒なんです。

こんなことを言うとアホみたいですけど、自分の文章が好きで仕方がない。これはいまでも。

この記事を書いている、「いま」がまさにそうなんですけど「俺、頭の中でこんなことを考えていたんだ」と、オフラインの「俺」が驚くような言葉が「竜一」からは、どんどん出てくる。

けれどもブログに文章を書くとなると、紙のノートに書くのとは、だいぶ違う。

やはり読んでくれる人がいてこそのブログ。読まれないと意味がないし、読まれなくて良いのであれば、それこそ「チラシの裏にでも書いとけ!」になってしまうわけです。

ブログに書く以上は、読まれないと意味がない。

そこで先述の発言になるわけだ。

「読みものとして面白いものを書きたかった」 竜一名言集より。

竜一のアクセスアップ法は、「ひたすら面白い(と思える)ものを書く」。

よくあるアフィリエイトサイトのように、アクセスが稼げても、面白くないブログにはしたくなかった。アクセス目当ての記事を書かなくても、面白ければ人は呼べると思っていた。

実際には、面白いかどうかなんて読んだ人それぞれが決めることだが、少なくとも"自分が"面白いと思えないブログは書きたくなかった。

人を家に呼ぶときに、部屋を掃除するのと同じだ。"自分が"汚いと思える部屋には呼びづらいし、"自分が"綺麗だと思える程度には掃除をするのが一般的だろう。

作家になれるほどの才能はないけれど、素人丸出しの文章でも、私にしか書けない文章が書きたい。面白い文章が書きたい。それしかなかった。それはいまでも変わらない。

「ぼくのかんがえた、さいきょうに おもしろいぶんしょう」が、書きたいだけなのである。

それで面白くなければ、誰も見てくれないだろうし、面白ければ見るだろう。大して役に立つ情報も載っていないブログなのであれば、なおさらそういう傾向になるはずだ。

スポンサーリンク

2代目のブログが始まる。

ネトゲのブログを閉鎖したあと、数か月の休止期間を経て、次に書いたブログは「生姜農家の野望Online」の前身、「国産黒豚生姜焼き定食大盛り580円」という、当時流行っていた大塚愛さんの楽曲名からインスパイアされた長いタイトルのブログだった。

人と違うことがしたい。
短いタイトルのブログが多かったから、あえて長くした。

その頃から、すでに「うどん」にハマっていたが、そのブログにうどんのことを書くことはまれだった。テーマにこだわりがなかったというか、自分の思う面白い文章が書ければテーマなどどうでもよかった。

ブログに飽きた。休止(放置)した。

しかし3~4年ほどそのブログを書いていると、段々ブログそのものに飽きてきて、ついにはブログを書くことをやめてしまった。

もう十分書いたし、いいや。って気になったのだ。

「国産黒豚生姜焼き定食大盛り580円」は完全な趣味ブログで、人に読んでもらえること以外には何の報酬もないブログで、終盤はモチベーションを保つのが大変だった。

更新停止中のブログに、定期的に入るコメント。

休止期間中も、ブログは閉鎖せずにそのまま残していたため、時々コメントが入っていた。コメントが来るとEメールで通知してくれる設定にしていたため、私もコメントが来ていることには気が付いていた。

コメントの主は、ブログを更新していた当時にコメントをくれていた人たちだった。見慣れたハンドルネームに懐かしさを覚えた。

「長いあいだ更新されていませんが、お元気ですか?」
ブログを書いていたのが遠い昔のことのように思えた。

消滅したかに思えた「竜一」という存在。

やがてブログを休止してから1年ほどが経った。コメントもほとんど来なくなっていた。もう誰も「竜一」のことなど覚えていないだろう……。

そんなある日、久しぶりに新着コメントを告げるメールが入った。

「竜一、どうしたんだ?ずっと定期的にこのブログをチェックしているが、まったく更新されないじゃないか。こっちは新しい記事を待っているのに……」

そんな内容だった。

「新しい記事を……待っている?」

1年もずっと待ってんの?

そんな……。
「更新されないブログを……1年も見てたの……?」

……気が付いたら泣いていた。トイレの中で声を上げて泣いていた。

まだこの人の中では、"竜一"が生きている……。

嬉しかった。

コメントの最後にはこんなことが書かれていた。
「また気が向いたら書いてくれよ」

.

.

.

書きます!いますぐ書きます!

竜一復活作戦。3代目のブログ「生姜農家の野望Online」開設。

私の決断は早かった。
"竜一"を復活させる……」

パソコンを開いた。久々に見るFC2ブログの管理画面。
「ここにまた文章を……」

……と考えた。

だが休止後、1年以上が経過した「国産黒豚生姜焼き定食大盛り580円」は、戦いで傷つきボロボロになった戦闘機のように見えた。

「この機体では、もう戦えない……」

たった1年だが、何十年も昔の錆びた戦闘機が、草むらの中で沈黙しているようにしか見えなかった。

「新しいブログを立ち上げよう……」

そうして前身の「国産黒豚生姜焼き定食大盛り580円」と同じ、FC2ブログのサービスを利用して立ち上げたのが、現在の「生姜農家の野望Online」である(現在はFC2からワードプレスに移設)。

生姜農家の野望Onlineの書き方。

元々なかったテーマを「生姜農家の野望Online」では決めることにした。

ただ「面白い文章が書きたい」だけでは自分が飽きてしまう、と気付いたからだ。

テーマはすぐに決まった。
「"農家"を発信できるブログにしたい」

「農業」ではなく、「農家(人)」というのがポイントである。

原点を明確にするため、そして肝に銘じるため、トップ画像にそのときの気持ちを書き込んだ。その文言は2017年6月となった、いまでもトップ画像に記載されている。

「生姜農家の野望Online」を更新する中で、書きたいことはどんどん増え、テーマはどんどん増えていった。

「好きな"うどん"の魅力も発信したい」
「ラーメンも……」
「ああ、ほかのグルメの記事も書きたい……」

全部書くことにした。

人は変わる、変わっていくのだ。

ブログの内容はどんどんと変わっていった。ブログの書き方自体も大きく変化した。

己の自我を開放する……!
それが生姜農家の野望の書き方……!

スポンサーリンク

俺は竜一ではない。竜一は俺ではない。

私はオフラインでも、自分のことを「竜一」と呼ぶことがよくある。オフラインの「俺」と「竜一」は違う。「竜一」はインターネット上で作り上げられた、もう一人の自分。

「竜一は何だってできるんだ……」常にそう思っている。

「竜一」がブログを書くと、たちまち奇妙な文章ができあがる。

俺は、愛しているのだ。
竜一が書く「異形の文章」を……。

(カッコイイ!)

竜一も、オフラインの「俺」も、変化し続けたいまでも変わらないこと。

それは………。

「読みものとして面白いものを書きたかった」 竜一名言集より。

自分の中の「面白い」を書く。それが「生姜農家の野望Online」。

自我を開放することで、書けるようになる。

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

  • 生姜農家の野望Online管理者

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。プロフィール詳細 | お問い合わせ

アクセスランキング★TOP5

1 Real食堂 西山珈琲館 サイフォンコーヒー

Real食堂「西山珈琲館」高知市高須にオープンしたカフェでランチ

高知市高須にオープンしたカフェ「西山珈琲館」のランチをご紹介。巨大なコーヒーの焙煎機がある西山珈琲館。ハンバーグ、チキン、スープカレーが食べられる、子連れ(幼児連れ)で行けるカフェです。

2 高知蔦屋書店 内観

高知 蔦屋書店!南御座に新店オープン!全テナント情報を徹底解説

高知市南御座の卸団地にオープンした、大型複合書店「高知 蔦屋書店」全テナントの営業時間と定休日の一覧。ほか「高知 蔦屋書店」を実際に訪れて詳細レポートしています。テナント数は20以上!書籍はもちろんおいしいグルメにキッズスペースもあります。

3 高知蔦屋書店 イソップの台所 ランチ

【高知】「イソップの台所」蔦屋書店1階!現代企業社のブックカフェ

高知 蔦屋書店1階に新店オープンしたカフェ「イソップの台所」のランチメニューなどをご紹介。本があふれる素敵なブックカフェです。

4 台湾甜商店 高知帯屋町店 台湾満足スムージー

台湾甜商店!高知市帯屋町に台湾スイーツカフェが新店オープン!

高知市帯屋町アーケード街にオープンした、台湾スイーツカフェ「台湾甜商店 高知帯屋町店」(たいわんてんしょうてん)のメニュー、タピオカミルクティーをご紹介。甘くておいしいタピオカドリンクが飲める人気カフェ「台湾甜商店」が高知市帯屋町に誕生!

5 assiette(アシェット)の外観

assiette(アシェット)南国市・JA高知病院西にオープン!

高知県南国市、JA高知病院西側にプレオープン中の洋食屋「assiette(アシェット)」をご紹介。メニューと営業時間、定休日、料理を食べた感想。

グルメ特集一覧

高知グルメランキング!地元民が選ぶ観光で食べたいおいしい土佐料理

2019年版!高知県生まれ高知県育ち高知県在住、36年間高知県以外の土地に住んだことがなく、十年ほどグルメブログを書いている食べることが大好きな高知の地元民・竜一が、県外のかたに心から食べてもらいたい高知のおいしいもの。高知グルメを厳選。高知のご当地グルメをランキング形式でご紹介

藁屋日替わりランチ

高知で人気のおしゃれカフェおすすめ20選!ランチからディナーまで

高知のおしゃれカフェ情報をまとめてご紹介。高知市のカフェ、ドライブがてらに行きたい郊外のカフェ、ケーキが食べられるカフェ、デートにおすすめの海が見えるカフェ、個室があるカフェ、素敵な雑貨があるカフェ、夜ごはんが食べられるカフェ、項目別にまとめています

高知市大津 王様の島 カツオ潮ラーメン

【高知市】ラーメンがおいしいおすすめのお店10選!地元民が厳選紹介

ラーメンが好きで高知県全域のラーメン屋さんを食べ歩く竜一が、高知市でおすすめのラーメン屋さんを厳選してご紹介。高知を観光で訪れた方や高知の地元民に食べていただきたいラーメン。高知市でラーメンがおいしいお店と老舗ラーメン店に実際に行ってご紹介

高知市一宮のラーメン店 和へる(あえる) ランチセットの半チャーハン

高知でチャーハンがおいしいおすすめのお店5選!地元民が厳選紹介

高知のラーメン屋さん、中華料理屋さんで、チャーハンがおいしいお店を高知県全域の飲食店を食べ歩く、グルメブロガー竜一が厳選してご紹介。どのお店も竜一が実際に食べてレビューする、本当においしいチャーハンが食べられる飲食店です。

レストラン四季のランチ

香南市(野市/赤岡/夜須)ランチがおいしい地元民おすすめのお店9選

高知県香南市(野市町/赤岡町/夜須町)でランチを食べるのにおすすめのお店を「カフェ・レストラン」「ラーメン・中華料理」「うどん」とジャンル別にわけてご紹介。 高知地元民がおすすめする信頼度の高い情報が満載!香南市ランチの参考にしていただけると嬉しいです。

旭軒 塩ワンタンメン

ラーメンのプロが選んだ、高知で人気のおいしいラーメンランキング5

高知放送(RKC)のテレビ番組「eye+スーパー」で放送された「高知のラーメン屋さんが選ぶ、高知のおいしいラーメン屋さんベスト5」をご紹介。加えて数百件のラーメン屋さんを食べ歩いたグルメブロガー竜一が選ぶラーメンランキングベスト5も掲載中!

北欧館タコのバジリコスパゲティー

高知駅周辺おいしいランチが食べられる店!地元民が選ぶランキング7

今回は……! 高知駅周辺でランチができるお店をさがしている観光客のかた必見の記事! 高知県で生まれ育った生粋の高知県民であり、これまでに数千件の飲食店を食べ歩いた私、竜一が、高知駅周辺でランチできるお店をご紹介します。 すべて歩いて行けるお店ばかりで、最大でも徒歩7〜8分! 高知駅からの距離別に、ランキング形式で7店を紹介していますので、ぜひご参照ください。 注意営業時間や定休日、メニューなどの情報は変更されることがあります。当記事の記載が絶対に正しいわけではありません。 1位: えききた(高知駅から徒歩 ...

麺房三宅 冷しとり天ぶっかけうどん

うどんのプロが厳選した、高知で人気のおいしいうどんランキング5

高知で人気のうどん屋さんランキングベスト5!高知放送(RKC)のテレビ番組「eye+スーパー」で放送された「高知のうどん屋さんが選ぶ、高知のおいしいうどん屋さんベスト5」をご紹介。

ビスタリ食堂 日替わりランチ

【高知】南国市「ランチ」がおいしいおすすめのお店12選!

高知・南国市でランチを食べるのにおすすめのお店を「カフェ・レストラン」「うどん」「ラーメン」とジャンル別にわけてご紹介。 南国ランチの参考にしていただけると嬉しいです。 各店の「詳細記事」をクリックすると、詳細レポートをご覧になれます。 ページの内容を更新した場合は、その都度、更新日を冒頭に記載します。 営業時間や定休日などの情報は、変更されることがあります。当記事の記載が絶対に正しいわけではありません。 店内情報につきましても竜一1人で情報収集と執筆を行っていますので記載に間違いがあるかもしれません。何 ...

子連れランチ&ディナーにおすすめ!高知で座敷のある飲食店18選

子連れ、幼児連れ、赤ちゃん連れでのランチやディナーにおすすめの高知の飲食店を、カフェ&レストラン、ラーメン、うどん、居酒屋のジャンル別にご紹介。幼児連れでゆっくり過ごせる座敷や個室のあるお店、子連れでおいしいランチやディナーが食べられるお店18選!

高知のラーメンおすすめ73選!2018(深夜営業店あり)

合計73店!高知のおいしいおすすめラーメン店を高知駅からの距離別にご紹介。名店、人気店から穴場のお店、老舗、深夜営業のお店まで、お好みのラーメン屋さんを探せます。

高知のおいしいうどん屋さん!おすすめ43選!名店や人気店が満載!

高知のおいしいおすすめうどん店を高知駅からの距離別にご紹介!名店から人気店、穴場のお店、老舗、深夜営業のお店まで、お好みのうどん屋さんを探せます。これまでに1,000杯以上のうどんを食べ歩いた筆者おすすめのお店ばかりです。

高知の豚太郎おすすめ8選!創業50年の老舗ラーメンチェーン!

高知発祥のラーメンチェーン『豚太郎』。 創業は、昭和42年(1967年)。 2017年で50周年を迎える『豚太郎』は、高知で初めて「味噌ラーメン」を提供したラーメン店で、長く高知県民に親しまれているお店である。 私が子どもだった頃よりは店舗数が減ったように感じているのだが、現在いったい何店舗あるのだろう……と「豚太郎公式サイト」にて数えてみると、 その数、28店舗! 結構ある……! 豚太郎において統一されているのは、みそ、しお、しょうゆラーメンとギョウザの素材と価格のみ。その他のこと、つまりトッピングやセ ...

高知・桂浜周辺で食事(ランチ)が食べられるお店3選(うどん限定)

高知を代表する観光名所桂浜周辺で、食事(ランチ)ができる「うどん店」をまとめました。 スケジュールが押している中でも、時間を取らずにサッと食べられるうどん。本場讃岐うどんの流れを汲み、さらに高知流に進化した高知のうどんを、高知に来られた際には是非! ▼ おすすめ記事 超うまい!おすすめ高知うどんエリア別43選!2017【有名店!人気店!穴場まで全部ご紹介】 店名、関連記事をクリックすると、詳細レポートが見られます。 営業時間や定休日などの情報は、変更されることがあります。当記事の記載が絶対に正しいわけでは ...

高知ご当地ラーメン「味噌カツラーメン」地元民おすすめ!18選!

「味噌ラーメン」の上に「とんかつ」がのった「みそカツラーメン」。高知のB級グルメ、ご当地グルメ、高知名物とも言える「みそカツラーメン」おすすめ18選!地元高知県民が伝える「みそカツラーメン」の口コミ!実食した感想!

高知のおいしい「カレーうどん」おすすめの名店6選

うどんに出汁でのばしたカレーをかけて食べる、カレーうどん。 そんなカレーうどんの高知における個人的オヌヌメ店をまとめました。 ▼ おすすめ記事 超うまい!おすすめ高知うどんエリア別43選!2017【有名店!人気店!穴場まで全部ご紹介】 * 店名をクリックすると詳細レポートが見られます。 * ページの内容を更新した場合は、その都度更新日を冒頭に記載します。 [ Last Update : 2017/01/18 ] 店名 国虎屋 住所 安芸市穴内乙683-1 営業時間 平日11:00~OS17:00、土日祝1 ...

高知のおいしい「釜玉うどん」おすすめの名店8選

釜揚げ麺に卵を絡めて、生醤油や出汁醤油などで食べるうどん、釜玉うどん。そんな釜玉うどんの個人的オヌヌメ店を勝手にまとめてみました!

遠くても行きたい高知のおすすめうどん店[まとめ]

このコーナーでは管理人竜一が勝手に選んだ、高知県中央に位置する高知市からは遠いけれど、わざわざ行きたいうどん屋さんをご紹介します! ▼ おすすめ記事 超うまい!おすすめ高知うどんエリア別43選!2017【有名店!人気店!穴場まで全部ご紹介】 * 店名をクリックすると詳細レポートが見られます。 * ページの内容は定期的に更新し、その都度更新日を冒頭に記載します。 [ Last Update : 2016/08/14 ] 店名 定休日 営業時間 住所 繁じ(はんじ) 木・第1水曜(祝日の場合は営業、翌日休み) ...

【高知のうどん】やわらかくて美味しいオススメのお店[まとめ]

硬いうどんに引き続き、今度は俗に「やわゴシ」や「軟弱ゴシ」「女麺」などと呼ばれる、「やわらかいうどん」を出すお店を選出・・・! 題して、竜一選抜・・・! 「高知の女麺屋・ベストセレクション!」 ▼ おすすめ記事 超うまい!おすすめ高知うどんエリア別43選!2017【有名店!人気店!穴場まで全部ご紹介】 * 店名をクリックすると詳細レポートが見られます。 * ページの内容は定期的に更新し、その都度更新日を冒頭に記載します。 [ Last Update : 2016/08/02 ](剛麺版はコチラ!) 店名 ...

【高知のうどん】硬くて美味しいオススメのお店[まとめ]

よく訊かれる質問がこれ。 「高知で美味しいうどん屋ってどこですか?」 しかしこの質問、答えるのがすごく難しい。 異性の好みが違うように、人によってうどんの好みは違うからだ。硬いうどんが好きな人もいれば、軟らかくてフニャフニャの麺が好きな人もいる。 そこで高知で硬いうどんを出す店と、軟らかいうどんを出す店を、それぞれまとめてみようと思った。 今回は、俗に「男麺」や「剛麺」と呼ばれる「硬いうどん」を出すお店を選出!これを見れば、もう竜一に訊くことなど、なにもない・・・! 題して、竜一選抜・・・! 「高知の剛麺 ...

最新記事

PIzzeriaORTO オリト ランチ 2種海老のトマトクリームパスタ フェットチーネ

Pizzeria ORTO(ピッツェリア オルト)高知蔦屋書店1Fでパスタランチ

高知蔦屋書店1階のイタリアンレストラン PIzzeria ORTO(オルト)のランチを実食レポート。フェットチーネを使用したパスタランチを数百軒の飲食店を食べ歩いたグルメブロガー竜一がご紹介します。

製麺処蔵木南国店 特製濃厚魚介豚骨ラーメン太麺

【新店】製麺処 蔵木 南国店 ラーメンの人気店が南国市にオープン

南国市にオープンしたラーメン屋さん「製麺処 蔵木南国店」を最速で実食レポート。蔵木南国店のラーメンを食べた感想やメニュー、営業時間の確認ができます。これまでに数百軒のラーメン屋さんで大量のラーメンを食べてきたブロガー竜一がご紹介します。

ローソン 悪魔のおにぎりの中身

ローソン「悪魔のおにぎり」コンビニ史を変えた人気商品がリニューアル

悪魔のおにぎりはどんな味?コンビニおにぎりの歴史を変えた人気商品、ローソン「悪魔のおにぎり」をグルメブロガーが実食レポート。2019年1月15日にリニューアルして再販された悪魔のおにぎりの新バージョンをご紹介します。

ローソン 悪魔の焼うどんの麺

悪魔の焼うどん!ローソンの新商品は青さ入り天かす山盛りうどん

悪魔の焼うどんはどんな味?LAWSON(ローソン)の新商品「悪魔の焼うどん」を数百軒のうどん屋さんで1,000玉以上のうどんを食べ歩いた、うどんブロガー竜一が実食レポート。

製麺処 蔵木 南国店

ラーメン蔵木が高知・南国市バイパス沿いに2019年1月16日オープン

【追記】2019年1月16日オープンしました。 追記ここまで。 南国バイパス沿いに「蔵木」ができる! #高知 南国市のバイパス沿いにラーメン蔵木が近日オープンする模様です pic.twitter.com/DcPB2ug8Gv — 竜一/生姜農家の野望Online (@Ryu_wld7) 2018年12月29日 竜一高知・南国市の国道55号線(南国バイパス)沿いに、高知市や愛媛県松山市にも店舗展開するラーメン店「製麺処 蔵木」が近日オープンされる模様です。 南国バイパスのどこよ! 新たにオープンされる「製麺 ...

土州屋 どろそば

中華そば 土州屋(どしゅうや)高知市/どろそばの圧倒的粘力にひれ伏す

高知市帯屋町 中華そば 土州屋 の看板メニュー「中華そば」と「どろそば」を実食レポート。高知市繁華街で評判のラーメン屋さん土州屋を数百件のラーメン店を食べ歩いたラーメンフリーク竜一がご紹介します。

甘味茶寮 さくらさく ランチ

甘味茶寮さくらさく。高知市の人気カフェで大満足ランチ!

高知市大原町のカフェ、甘味茶寮 さくらさく。のランチを実食レポート。高知県内の飲食店を数百件食べ歩いたブロガー竜一が、さくらさくメニュー画像満載でご紹介します。

高知市にあるラーメン屋さん鈴木食堂の味噌カツラーメン バタートッピング

鈴木食堂 - 高知市/味噌カツラーメンが刻んでいる、食感のビートを!

高知市城山町のラーメン屋さん「鈴木食堂」を、数百店のラーメン屋さんを食べ歩いたラーメンフリーク竜一が実食レポート。鈴木食堂の味噌カツラーメンを徹底解説しています。

イソップの台所 イソップモーニング

イソップの台所の「モーニング」は個室ありで子連れで食べに行ける!

高知蔦屋書店1Fのカフェ「イソップの台所」のモーニングをご紹介。店内には座敷になった個室があり、子連れ、幼児連れでモーニングできます。

セルフうどんごめん 釜玉うどん中

オープンから2か月「セルフうどん ごめん」が圧倒的に進化していた

高知県南国市「セルフうどん ごめん」のうどんが圧倒的進化をとげていた!高知最大級のグルメ情報サイト「生姜農家の野望Online」が徹底解説します!

くいしんぼ如月 2018から2019年の味噌煮込みうどん

くいしんぼ如月「味噌煮込みうどん」冬季限定メニュー

高知の弁当チェーン くいしんぼ如月の冬季限定メニュー「味噌煮込みうどん」の実食レポート。子どもの頃からくいしんぼ如月に通う、如月フリークが解説します。

-分類不能

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.