常温がおいしい。揚げ物(フライ)あえて温め直さない、という選択。

投稿日:

めずらしく早朝から朝ごはん。

「朝ごはんは毎日手軽に作れる同じもので、ええ!」と、先日豪語したわりに、「やけに豪勢な朝ごはん食べてるやないか、竜一」とお思いになるでしょう。

関連記事:朝ごはんのおかずは毎日同じでいい。簡単に作れる献立でいい。

「えらい豪勢やなぁ」と思うでしょう?

「いや、ウチの朝ごはんはもっと豪勢や」と、おっしゃるなら、

見せてみなさい!

あなたんとこの、貴族の朝食とやらを!

まあ冗談として、「すごいやろぉ!」みたいな勢いで迫りながらも、ごはんと味噌汁以外は前の晩の"残りもの"です。

しかし………。

残りものが、うまいんですよ!

一晩寝かせたカレー。あれも食中毒の原因になるとか一時期騒がれましたけど、おいしいのは間違いなく、おいしいでしょう。

一晩寝かせると、おいしいんですよ。

前の晩の"揚げもの(フライ)"を、食べる前に冷蔵庫から出す。

そのままだと冷たくて、「おいしい」と感じない。レンジやオーブントースターで温め直すと衣がベチャっとしてイマイチ。だから、しばらく常温にならしておく。

あえて「温めない」、という選択。

常温にならしたサバやアジのフライに、ソースをダバッとかけて、白ごはんと一緒に食べてみてください。

「あれ?ゆうべの"揚げたて"とは、また違った"うまさ"があるぞ」と気づくのではないでしょうか。

常温だからこそ、味を詳しく感じられる、それはあると思います。

詳しく感じられる味の中に、もしかすると奥さんだったり、旦那さんだったり、義理のお母さん、おばあちゃん、作った人がこめた「愛情」さえも感じられるかもしれません。

揚げものは「揚げたてが一番おいしい」ことに間違いありません。

けれども、揚げてから時間が経過した揚げものも、おいしい。

それが「家庭料理」だと思うのです。

▼ 生姜農家の野望Onlineは「農業」と高知の飲食店を始めとした「グルメ情報」をあつかうブログです。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-グルメオピニオン

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.