生姜農家の野望Online 10年目のメモリアル!(今後の抱負など)

投稿日:

2009年より書き始めた、当ブログ『生姜農家の野望Online』。

いよいよ来年、2018年で10年目のシーズンを迎える。

……とはいえ「竜一」のブログ史としては、2003年頃から15年ほどにわたり、ほぼ毎日書き続けているわけで、「ブログ」と呼ばれるものが創世記の頃から、まあ……自分でも呆れるほど長くブログを書いている。

▼ 詳しくはこちらの記事を。
竜一的「ブログの書き方」自我を開放し、読みものとして面白いものを書く

そのあいだに、いろいろなブロガーさんを見てきた。

ネット上で意気投合して実際にお目にかかったり、一緒に飲みにまでいったブロガーさんもいる。

一方で全国的に名をはせるブロガーさんの活躍や、それほど名をはせるかたが次第にブログを更新されなくなり、いつしかサイトを閉鎖される光景など、酸いも甘いもたくさん見てきた。

個人的にもいろいろあった。

2年~5年前、この4年間くらいのあいだは、もう毎日のブログを更新することが苦痛で仕方がなくなっていた。書く楽しみを「つらさ」が上回っていて、いつ更新を停止させようかと、ずっと"辞めどき"を考えていたが辞められなかった。

リアルの「私」ではなく、ネット上にしか存在しないキャラクター「竜一」のことが、"私"は好きだったからだと思う。

だから私は、"竜一"を辞職できなかったのだと思う。

いまだからこそ、こんなふうに書けているけれど、その当時の4年間ほどは"竜一"という存在に対して毎日頭を抱え、泣きたくなるほどだった。

「自分との戦い」なんて言葉があるが、本当に毎日戦っていた。もう1人の自分と戦う「つらさ」は精神をむしばみ、病みかねないほどだった。

そのように更新を続けていた2016年の春頃、いまはまだ言えないが、突然考えが変わるきっかけがあった。

そこからまた"餅べーション"を取り戻し、今年(2017年)の年間アクセス数は過去最高で、2016年との比較では倍増した(ありがとうございます!)。

自分が飽きるからと、書き方を定期的にマイナーチェンジしながらも、書く内容は「農業」と「グルメ」この二本柱で、9年間ずっときた。

長かった。

そろそろ"竜一"を、次のステージに持っていく。

竜一2018年モデル……!

生姜農家の野望Online2018は、ヤバい!

血の臭いがする、精神がひりつくような記事を来年は書きたい。そう考えている。元々私はそんな読みものが好きだった……。

……とはいえ、農業とグルメの記事は相変わらず更新する予定です。

だから、いままでの竜一さんがよかった人も、竜一さんを見捨てないでね……(低い声)。

来年も、"竜一"をよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。これまでに食べ歩いた飲食店は数千件。高知のグルメ情報はおまかせください。農業は生姜一本で稼いでます。

-分類不能

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.