高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Onine

【お父さんの育児日記】風邪を引いた娘。幼児とキスをしてはいけない

投稿日:

接吻(せっぷん)は、口づけキス / キッス英語kiss)、チュウともいい、愛情表現友愛表現のひとつ。人が自分の親愛や友愛の情や魔除けその他を示すためにを、相手の、唇などに接触させる行為。(Wikipediaより

可愛さのあまり、我が子に口づけをしてしまう親は多い。

気持ちはわかる。

チューしたい。
私だってチューしたい。

だが、それでも娘に口づけをしたりは絶対にしない。

私は2歳の娘に常々こう言っている。

「クチビルは大事な人のために取っておけ」

「どこの馬の骨やらわからない男に、大事な娘を取られたくない」と言う父親は多いが、私は娘にいまだけでなく一生幸せでいて欲しい。

生きていく中で、つらい経験もたくさんするだろう。

他人に理不尽なことをされ、泣いてしまうこともあるだろう。

人生には幸せなことも多いが、辛すぎることも多すぎるくらいに多い。

そんなときに支えてくれるのは最愛の人だ。

もしかすると愛する人は、世間的に見ればロクでもない人かもしれない。

それでもあなたがその人を愛しているならば、父である私はどうにか幸せになって欲しいと願うし、馬鹿な親だと言われようとも、全力で支えるのが親としての人生の努めだと考えている。

先日、2歳の娘が風邪を引いた。

関連記事:2歳のイヤイヤ期?「イヤ」しか言わない子どもへの対応。不協和音。

保育園に休みの連絡を入れた。

妻は仕事。
私は娘と二人っきり。

体がだいぶしんどい様子で「パパ!抱っこしてぇー!」を延々…繰り返す娘。

頬を涙が伝っている。

「お外みたい……!」
と言うから、抱っこした状態で窓際に移動した。

分厚いガラス窓がそこにある。

「まだ雨降ってるねぇ……」

小さな雨粒が落ちている。アスファルトの窪みに水溜まりができている。水溜まりに落ちる雨粒の波紋が楕円形に広がっている。

「雨、いっぱい降ってるねぇ……」

私の腕の中で娘は、「うん」と発した。

窓ガラスに顔を近づけて、一所懸命に外を見ている。

そしてそのまま、ガラスに小さな唇を押し当てる。

「な、なにしてるの?」

戸惑う私の問いかけに「むふふ」と笑う娘。

ファーストキスが窓ガラス、それはダメ!

せめて「人」とチューして!

「えぇーっ!ガラスとチューしてるのー?」と、おどけながらも父は複雑である。

唇は大事な人のために取っておいて欲しい。

窓ガラスは部屋の中と外界を遮断するためのもので、チューするためのものではないのだ。

それを教えるのが、向こう数年間の私の努めとなるだろう。

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

関連する記事

Copyright© 生姜農家の野望Onine , 2019 All Rights Reserved.