高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

【生姜栽培】生姜の定植(植え付け)は中盤戦!

投稿日:

例年4月一杯、場合によっては5月初旬まで続く生姜の定植は4割ほどを植え終わり、いよいよ中盤戦に差しかかっている。

オビ=ワン(祖父)に、最近は高齢で忙しい時期以外あまり農業に加わっていないオバ=ア(祖母)を動員。

約1か月にわたり、数万個の生姜を植えていく物量作戦。

その休憩時間の一部始終。

「ほら見て!」とオバ=アに手を見せ土佐弁で言うオビ=ワン。「オラの手の血管は太いろうが」

「なにぃ!その手!」と気性の荒いオバ=アは突き放す。

「病院へいたら、血管が太いき、注射がしやすい言うて看護師が喜ばぁや」そう言って笑うオビ=ワン。「オラぁ酒飲むき、血管が太っちょらぁや」

オバ=アは自分の手を見て、なぜか自慢げに宣言する。

「あたしの血管は細い……!」

すかさずツッコミを入れるオビ=ワン。

酒飲まんきよ!

「酒飲んで、心臓バクバクさせて血液を送らないかん!」

オバ=アは眉間にシワを寄せて苦笑する。

「歳がいって、そんなことしよったら死ぬるぞね!」

「ほうかや?ちったぁ酒も飲まいで」とオビ=ワン。「1合ばぁの酒はかえって体にえい、と医者が言うぞ」

「お爺さんの飲む量は1合ばぁじゃないろうがね!」

「んなことあるか。もう歳がいて、毎晩1合ばぁしか、よう飲まんぞ」

オビ=ワンの言葉に、ほぉ…と頷きニヤリと笑うオバ=ア。

「ほいたら、ゆうべはナンボ飲んだかねぇ?お爺さん」

「お……いやぁ……」と途端に口ごもるオビ=ワン。

「ほら見てみぃ!3合は飲んだろうがね!」

「3合もよう飲むか!2合ばぁよ」

「ひとっちゃあ(ちっとも)1合やないやいか!」

「1合も2合も変わるか!」

「そら違うと思うよ、ねぇ竜一」と突然振られる。

(俺も家でだいぶ飲んでるなんて言えねぇ……)

暖かな風が吹き、ウグイスが鳴く午後のひとときだった。

農業情報こちらから

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.