高知最大級のグルメ情報サイト

生姜農家の野望Online

生姜の収穫時期と種生姜の保存方法。現役生姜農家が解説!

投稿日:2018.11.04 更新日:

生姜の収穫時期はいつ?

皆さんご存知、スーパーマーケットなどで一般的に販売されている、いわゆる普通の生姜は、生姜業界では、根生姜、囲い生姜、ひね生姜などと呼ばれる。

以上の3つは呼び方が少し違うだけで、基本的に同じものです。

私が生姜を出荷している、高知のJA(農協)の出荷場では「囲い生姜」をもっともよく使います。

囲い生姜」の呼び名は、貯蔵することを「囲う」ということから来ています。

スーパーで生姜を見かけた際、
「あっ!"囲いの生姜"が出てる!囲いの生姜や!」などと指さして言うと、

業界人を気取れます。

でも一般的には「根生姜」が、もっともよく使われているようですから、本記事でも「根生姜」と呼びます。

スポンサーリンク

根生姜の収穫は霜が降りるまでに!

収穫したばかりの生姜

根生姜の栽培期間は、おおむね4月〜11月。(*地域と気候によって若干異なる)

知人男性

家の庭に生姜を植えちゅうけんど、いつ頃掘ったらえいかね?

そう生姜の収穫時期を聞く男性に、オビ=ワン(祖父)は答える。

オビ=ワン
霜が降りるまでに掘ったらえいねぇ。霜が降りたら"しびる"きに。

しびる」は、土佐弁で「寒さで凍ってダメになる」みたいな意味である。"しびる"の発展型には「しび凍る」が存在し、これは「寒さで凍りすぎてダメになりまくる」みたいな意味である。(竜一の個人的解釈です、笑)

寒くなって霜が降りると、以下の順で生姜が"しびて"いく。

  1. 1〜2回の霜で、生姜の葉が枯れる
  2. 葉がなくなると、地表に露出した生姜本体に霜が直接降りて、生姜が凍り、腐る

1〜2回の霜ならしのげる可能性が高いが、葉が枯れたあとに降りる霜は非常に危険。

もしも収穫が遅れて葉が枯れてしまった場合は、ビニールシートなどを畑の生姜にかけることで凍ることを防げる可能性が上がります。

根生姜の適切な収穫時期

収穫中の生姜畑

知人男性

霜が降りるまでやったら、いつでも掘ってかまんかね?

オビ=ワン
かまんけんど、あんまり早く掘ったら生姜が太りきってないき、損よねぇ。
10月上旬の生姜と、11月上旬の生姜は、たった1か月と思うけんど成長の仕方が全然違うきね。
竜一
オビ=ワン
高知やったら10月20日頃から生姜の収穫するわねぇ。

知人男性

10月20日頃から、大体いつまで生姜の収穫するが?

オビ=ワン
長いときは11月一杯まで掘りゆう。12月に入ったこともあらぁよ。
とにかく霜が降りるまでは、かまんきねぇ。
竜一
オビ=ワン
霜が降りんところやったら、年末までおいてもかまんぜよ?
スポンサーリンク

種生姜の保存方法

大きな生姜

知人男性

収穫した生姜は、どうやって保存したらえいぜ?来年また生姜を植えるとき、種生姜に使いたいけんど。

生姜の種は生姜そのもの。生姜の植え付けに使う生姜を「種生姜」と呼ぶ。

オビ=ワン
自分らぁは、生産者が共同で使いゆう農協の予冷庫に入れてもらうけんど、一般家庭やったらそうやねぇ……。
スーパーのビニール袋にくるんで密閉して、部屋の中に置いちょくのが一番やない?量が多かったらゴミ袋でもえいかもしれん。
竜一
オビ=ワン
そうよのぉ。本当は14℃ばぁの一定した温度で貯蔵するのがえいけんど、一般の家庭じゃ難しいきのぉ。
暖房で暑くなりすぎてもいかんき、そこが注意やね。
竜一
オビ=ワン
乾燥してきたら、袋の中に水をちっくと入れて、保湿しちゃったらえいぞね。

土の中に埋める保存方法は、おすすめしません

生姜貯蔵用の横穴

生姜貯蔵用の横穴

知人男性

土の中に埋めて保存しても、えい言うけんど……。

竜一
それでもえいけんど、土の中に埋める保存方法はどうしても腐りやすいき、少量やったらさっき言うたビニールに包む方法で、室内に置いたほうがえいと思う。

あとは横穴を掘るか。

オビ=ワン
昔は横穴を掘って、そこへ生姜を入れよった。

(その横穴は、いまも残っています)

知人男性

よ、横穴はさすがによう掘らん。

オビ=ワン
アシらぁ若い時分にゃ、ツルハシ持って一人で横穴掘ったが。

まだ若いのに、穴ばぁ掘らいでいくか。

そう言って笑うオビ=ワンに、知人男性は苦笑いを浮かべた。

竜一
ショウガオールのパワーで掘れるやらしれん!

農業情報こちらから

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

スポンサーリンク

竜一

1982年生まれ。高知で農業経営しています。食べ歩きが好きで飲食店が好き。飲食にたずさわる人が好き。農業と高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営。農業や生姜などの野菜のこと、大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。[お問い合わせコチラ]

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.