高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

現役農家が語る!農業で年収1,000万円以上稼ぐには品目を選べ!

2018.11.08

農家の年収。

  • 儲かる
  • 儲からない 

人によって言うことがまったく違う、農家の収入。

どうして、人によって言うことがまったく違うのか。

竜一
その理由を現役農家の竜一がお答えします。

農業で稼げる人と、稼げない人には明確な違いがあるのです。

農家の年収は「栽培品目(作物)」によって、まったく違う

盛りだくさんの野菜

どういうわけか、一般の多くのかたが理解されていないこと。

それは「栽培する品目(作物)によって農家の収入はまったく異なる」ということです。

当たり前ですよね?

売りものが違うわけですから。

一口に「農業」と言っても、「ナス」を作るか「ジャガイモ」を作るかで収入は違いますし、同じナス農家でも栽培面積により収入は異なるのです。

収入が上がりやすい、儲かる品目は?

同じ小売業でも、稼ぎやすいジャンルと稼ぎづらいジャンルがあるように、農業にも稼ぎやすい品目と稼ぎづらい品目があります。

私が住む高知県ならば、以下の3品目がよく聞く高収入が狙える品目です。

  • 生姜
  • トマト
  • ニラ

しかしこれを見て、たとえば北海道にお住まいのかたが「よっしゃ!だったら生姜を作るぞ!」とおっしゃられても、北海道で生姜を複数年栽培するのは難しいです。

生姜に北海道は寒すぎるからです。

あくまでも土地の気候に合わせた品目の栽培が重要です。

同じ生姜農家でも、栽培面積で収入は異なります。トマトやニラでも同じで、栽培面積が収入を左右します。

おカネになる品目を、たくさん作ってたくさん売れば、たくさんの収入が得られる。

至極当然の理屈です。

農業で稼げない」とおっしゃるかたの、ほとんどは以下のパターンにハマってしまっています。

  • 販路が悪すぎる
  • 栽培面積が少なすぎる
  • 栽培品目が悪すぎる

農業で稼げない人は、販路が悪すぎる

以前「生姜は、おカネにならない」とおっしゃるかたのブログを拝見したことがありますが、どうやら道の駅などで直販されているようでした……。

生姜が道の駅で大量に売れるなんて、考えられないですよね。

イチゴやトマトは直販に強い、生姜などすぐに食べられないものは直販に弱い。これは農家のあいだでは常識なのですが、稼げない農家はそれを知りません。

農業で稼げない人は、栽培面積が少なすぎる

作らなさすぎ。

農業で稼げない人に、もっとも多いパターンがこれです。

声を大にして言いたいのですが、

猫の額ほどの面積を作っても稼げません。

ジャガイモを1aの畑に植えて、完売すると限らない直販所に出していくら稼げるのでしょうか。

そうすると「ジャガイモ1aだけでなく、ブロッコリーは1a、レタスも2a作ってるから全部で◯a栽培している」などとおっしゃるかたが多いのですが、

少量多品目型は、難易度が高いです。

少量多品目型の栽培は、「◯◯さんが作る野菜だったら市価の3倍出しても買いたい!」と他者に言わせるような、野菜作りのプロ中のプロが行うやり方です。

その次元に達していない人がやっても、なかなか上手くはいきません。

栽培品目の数だけ、必要とされる技術も増えるわけですから。

収益安定化の基本は、一品目大規模栽培です。

農業で稼げない人は、栽培品目が悪すぎる

そもそも栽培品目が悪い、というのも多いパターンです。

栽培品目が悪いと、どうやっても稼げません。

恐ろしいことに、農業界には早朝から日が暮れるまで収穫しても、ロクにおカネにならない品目も存在します。

そういう品目は「稼ぐ」観点からは、できるだけ早く栽培をやめてしまったほうがよいと思います。

けれども、その品目に強烈な思い入れがある場合は別です。

最初は稼げなくても強い思いがあるため、並みの生産者では到達できない領域に踏み込める可能性はあります。

それに、どんな品目でも言えることですが、栽培した経験は無駄になりません。

稼げない品目の見極め方

これから農業を始めて稼ぎたい人が、稼げない品目を見極める方法は、スーパーマーケットの野菜売り場に行くことです。

野菜売り場で「え?これだけ入って78円?」みたいな、お得感満載の品目はまず稼げません。

消費者が驚くほど安いのだから、生産者が稼げるはずがないのです。

農業で稼ぐには、JAや業者を通すのが利口?

農業で稼げない人のほとんどに、以下2つの特徴があります。

  • 異常なほどJAが嫌い
  • 異常なほど直売が好き

べつにJAでなくてもよいのですが、たとえば生姜で収入を得る場合には、業者に貯蔵と販売を委託するのが上手に稼ぐ方法だと思います。

全部自分で行ったほうが、中間マージンを取られなくてよいイメージを持たれるかたも多いのです。

しかし生姜のように、大量に販売することが本来は難しい品目を大量に販売しようとするときは販売のプロ」におまかせするのが稼ぐ近道となります。

元々、JA(農協)は農家が作った組織で、農家が農作物を安定的に販売するために必要だから作られたわけですから。

農業で稼ぐのに、手間暇かけて付加価値を付ける必要はない

「栽培する野菜の加工品を作って、付加価値を付けて直売で……」

それも稼げない人独特の思考パターンです。

自分で作った加工品を販売する夢があるのならば否定しません。素晴らしい考えだと思います。

けれども、やはり「稼ぐ」に特化して農業経営する場合は、とにかく稼げる品目を大量に栽培して、JAや民間の業者さんなど「販売のプロ」に大量販売してもらうのが、回り道せずに最速で稼ぐ方法です。

農業をしながら加工品の開発や販売も……というのは、初心者がやるには風呂敷を広げすぎている感があります。

むしろ加工品を扱いたいならば、野菜の栽培ではなく「加工品」に特化して、自分が「販売のプロ」になってしまう方法がよいかもしれません。

生姜においても、実際に生産から販売まで、すべてを行っている会社も存在しますが、彼らのほとんどは元々は生姜の生産だけを行っていた、普通の生産者だったりします。

ローマは一日にしてならず、とも言います。

最初は風呂敷を広げすぎず、着実に歩む。

それができずに大風呂敷を広げてしまう、いきなりローマを作ろうとしてしまうのが、農業で稼げない人の多くに共通する特徴です。

農家は年収1,000万円超え可能?

農家で、年収1,000万円超えは多いです。

先述した「生姜」「ニラ」「トマト」は、すべて年収1,000万円超えを狙える品目です。

  • 銀行員を辞めて、生姜農家に転身されたかたもいます。

銀行員を辞めて生姜農家に転身するなんて、もったいない!

……と驚かれるかもしれませんが、

銀行員より生姜農家のほうが年収1,000万円へのハードルは、はるかに低いはずです。

70歳の夫婦が、忙しい時期以外は人を雇わずに生姜を1ha以上栽培して「年に1,000万ばぁのカネ稼がいでどうすらぁ!」なんて言う世界です。

むしろ、どんな品目でも栽培面積を増やしさえすれば、年商1,000万円なら超えられるわけですが、たとえばシシトウなどは収穫に時間がかかりすぎて栽培面積を増やしても、現実的には年収1,000万円は達成できません。

人を雇って収穫してもらえば収穫時間を短縮できますが、露地栽培のシシトウは単価が安すぎて、人を雇うこともままなりません。売り上げのほとんどは人件費に消えます。

実際に3年間、露地でシシトウを栽培した経験のある私が言うのだから間違いありません(苦笑)。

どうやっても稼げない品目が存在する。

だから私は「品目選びが重要」だと、再三書いているわけです。

労働時間が短くてもちゃんとおカネになる、時間当たりの単価が高い品目でないといけません。

ただ、何事も経験しないとわからない部分はあります。

農業をしてみたい、野菜作りを始めてみたいけれど、経験がない」というかたは、ぜひ一度やってみてください。

経験が人をつくります。

どんな偉人も始まりは赤子であるように、経験を積まなければ何者にもなれません。

野菜作りもやってみなければ、実際はどんなものなのか理解できるはずがありません。

けれども始めの一歩を踏み出して、やりさえすればわかるわけです。

昔は、わからないことを経験する、それが難しかったわけですが、現代ではわからないことを丁寧に教えてくれる「菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】 」などもあります。

本格的に農業を始める前に、野菜作りを体験してみるのもよいかもしれません。

農業情報こちらから

このページが気に入ったら「いいね!」しよう

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

コラボキャンペーン実施中!

高知 いの町の焼鳥店 鳥印(ちょういん) の持ち帰り焼鳥

【特典有】「鳥印」ちょういん(高知/いの町)持ち帰り焼き鳥のおすすめ店

【ブログ特典あり】高知・いの町の持ち帰り焼鳥店、鳥印(ちょういん)のメニューと焼鳥を食べた感想、営業時間などをご紹介。2018年12月にオープンした、おいしい焼鳥が食べられる穴場店です。

高知市上町の眼鏡店ミナミメガネの外観

【割引あり】高知で度付きサングラス&メガネ買うならミナミメガネ

サングラスの度付き加工が可能な、高知市上町の眼鏡屋さん「ミナミメガネ」を地元民がご紹介。当ブログをご覧のかただけに特典が付く、スペシャルキャンペーンも2019年8月31日まで開催中!ぜひこの機会にメガネやサングラスをお得に入手してください

高知市晩酌家つるじろカウンターのおばんざい

【高知】おすすめ居酒屋「晩酌家つるじろ」おいしい魚とおばんざい!

晩酌家つるじろ 2018年5月28日にオープンした高知市の居酒屋「晩酌家つるじろ」。 関連記事 晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】 仕事帰りに気軽に立ち寄れる。 おばんざいを中心としたおいしい料理が食べられる。 完全個室がある。 そんな居酒屋さん。 晩酌家つるじろは、完全個室の座敷あり! 晩酌家つるじろの個室 噂の完全個室は、店内奥にある。 普段は上記画像に見られる4人がけのテーブルが2卓ある状態ですが、宴会時はテーブルをつなげることで、10名程度お入りいただけます。 個室に ...

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.