うどん気軽南国市

セルフうどんごめん ナポリタンうどん

セルフうどんごめん(高知/南国市)ナポリタンうどん - 期間限定で提供開始

高知・南国市、セルフうどんごめんの期間限定メニュー、ナポリタンうどんを実食レポート。所在地/高知県南国市篠原928-1,営業時間/10:00~15:00,定休日/無

うどん家むぎ ぶっかけうどん(冷)大盛

うどん家むぎ - 高知・南国市に2020年1月8日新店オープン

高知・南国市に新店オープンした「うどん家 むぎ」の場所と営業時間やメニューを徹底解説した上で、肉うどん、ぶっかけうどんを実食レポート。所在地/高知県南国市植野153-9,営業時間/11:00~15:00,定休日/火

セルフうどんごめん 2019年8月の限定メニュー 冷やし担々うどん(小)と揚げなすと豚しゃぶの旨酢ぶっかけ小

セルフうどん ごめん(高知/南国市)夏季限定メニューが降臨中!

高知・南国市のうどん屋さん「セルフうどん ごめん」の夏限定メニュー「冷担々うどん」と「揚げ茄子と豚しゃぶのうま酢ぶっかけ」をご紹介。セルフうどんごめんの所在地は高知県南国市篠原928-1、営業時間は10:00〜20:00、定休日は無し

セルフうどんごめん 釜玉うどん中

オープンから2か月「セルフうどん ごめん」が圧倒的に進化していた

高知県南国市「セルフうどん ごめん」のうどんが圧倒的進化をとげていた!高知最大級のグルメ情報サイト「生姜農家の野望」が徹底解説します!

高知県南国市のうどん屋さん うどんごめんの外観

セルフうどん「ごめん」高知・南国市以東に4年半ぶりの新店オープン

高知県南国市後免に2018年10月23日オープンしたうどん屋さん「うどん ごめん」のメニューとうどんを実際に食べた感想、お店のシステムなどをご紹介。所在地/高知県南国市篠原928-1.営業時間/10:00~15:00

スーパー「マルナカ」高知・南国店のフードコートに「うどん」があった!

高知・南国市の国道55号線沿いにあるスーパーマーケット『マルナカ 南国店』。 スーパーのとなりにある建物「生活館」では、衣料品が売られていて、100均もあれば美容室もある。 そんな便利な『マルナカ南国店』さんに、 フードコートがあるのをご存じだろうか!! 私は知らなかった。 ただのスーパーだと思って舐めていた……! だが、もう毛ほども舐めたりはしない……!! マルナカ南国店! 正面に直づけ……!! 堂々……! かつコソコソと……! 脇の小さな入口から潜入する! 入店した右隅!そこにあった……! マルナカ南 ...

【閉店】子連れOK!小上がり有り!南国市ランチ「うどん家ふう」五目うどん

具だくさんのうどんといえば・・・ いまでこそ「冷やま肉おろし」「えび天肉ぶっかけ」みたいなメニューがあるが、少し前まで高知うどんにおける具だくさんうどんは・・・ 五目・・・! 五目うどんだった・・・! 『うどん家ふう』 南国市北部にある『ふう』・・・! <『ふう』は五目!五目は『ふう』!それくらい以前から五目うどんイメージの強いお店・・・!> 子連れに嬉しい小上がり・・・! そこに腰をおろし・・・ 見やるメニュー・・・! 五目うどんと、五目ぶっかけ! 両方いこう・・・! まずは五目うどん・・・! 色鮮やか ...

手打うどん 得得 南国愛店 ~あの頃は若かった編~

『手打うどん 得得 南国愛店』(画像はすべて昨年10月に訪れた際のもの) 『とんピリ辛うどん(トリプル)カツ椀セット』 『カレー南蛮(ダブル)』 ◆ 手打うどん 得得 南国愛店(高知県南国市大埇乙872-3)営業時間/11:00~22:30定休日/無営業形態/一般店駐車場/有『手打うどん得得南国愛店』の場所はココっ・・・!

【高知】南国市!セルフ讃岐うどん屋 久礼田店

12月18日火曜日。 オープン3日目だった。 <本当だ・・・! 本当に開いているッ・・・!> 待望の新店・・・! 南国市久礼田に開店っ・・・! <高知うどんの歴史に・・・! 新たな歴史の1ページが刻まれるッ・・・! めでたしッ・・・めでたしッ・・・!> 開店時刻は、 他の多くの高知のうどん屋さんと同じ、11時だと聞いた。 そこで11時ゼロ分に突撃して、 開店勝負を仕掛けてやろうと企んだけれども、 「yahoo!ニュース」を熱心に読んでしまったせいで、出遅れ。 11時20分頃に到着した。 『セルフ 讃岐うど ...

手打うどん得得 南国愛店

通常ならば500円では食べることが出来ないメニューが、500円で食べられる夢のパスポート、『ほっとこうち・500円ランチパスポート』 それを巡る闘い。うどんに限れば、いよいよ佳境。 『手打うどん 得得 南国愛店』 約10年ぶりの、得得。南国店は初めてだ。 19時前に入った。 店内は、たくさんのお客さんで、ほぼ満席状態。 店員さんも許容範囲を越えて一杯一杯の状態らしく、店に入っても、私が入って来たことに気が付いているのかどうか、怪しかった。 わずかに空いていたイスに座って待つも、水も出て来なければ、当然、注 ...

© 2020 生姜農家の野望Online