らーめん工房「りょう花」を徹底解説!

【高知】「りょう花」南国店の看板メニュー「塩」と鶏白湯ラーメン!

「細麺が食べたいなぁ」玄関を出るとき、靴を履きながら漠然とそう思っていた。 「高知で細麺のラーメンを食べるならどこだろう」しばらく考えた。「うーん……」 うーん、をたぶん20回くらい言った。 そして閃いた。 りょう花だ……! 「最近行けていないから、定期点検としてもちょうどいい」 月日の経過とともに人間の見た目や性格、あるいは思考が変わるように、飲食店もまた変化する。 それは、まるで生命の進化の過程を見るようで楽しい。 たとえば同じお店でも、営業時間が変わったり定休日が変わることはよくあるし、メニューが変 ...

らーめん「りょう花」夏限定メニュー「冷やしチカラメン」野菜マシ!

冷たい二郎系? 「野菜増し」「肉増し」、そんな文言を見て、湧いた興味。 「野菜をたくさん盛ったラーメンで、スープが冷たい。そういうの食べたことがない……」 冷たい二郎系は、いわば「りょう花の二郎系」なのか……!? らーめん工房「りょう花」2017夏の新メニュー「冷やしチカラメン」を食べる。 一人、『りょう花 南国店』(高知)にやってきた竜一。これから未曾有の「デカ盛りラーメン」と対峙することになると知っている。 「食べきれるだろうか……」不安が襲う。 助けは誰もいない。 ラーメンとの1対1…… サシの勝負 ...

「鶏塩らー麺」 らーめん工房 りょう花南国店

昨年の秋頃だっただろうか。 『りょう花』のラーメンの味が変更された。 様々ある日常の展開の綾。 結局行けたのは今年3月………。 (店舗画像は以前のもので日が暮れていますが、今回行ったのは昼です) 『らーめん工房 りょう花 南国店』 店内にて……。 <メニューが一部変更されている……> 以前は『塩』と『特塩』主体だったのが、 『鶏塩』と『鶏白湯(とりぱいたん)』になっている。 『塩つけ麺』や、 具を極限まで減らした『真麺』などはそのまま。 <ここはやはり鶏塩か鶏白湯にいくのが筋…! 両方…2杯同時にいく…… ...

らーめん工房 りょう花南国店 塩つけ麺(平打ちエディション)

香川や広島にも店舗があり、高知にも3店舗が存在する愛媛県発信のラーメン店『らーめん工房・りょう花』 そんな「りょう花」の「つけ麺」が、これまでの太麺から"平打ち麺"に変更されていると聞いて行ってきた。 平打ち麺のつけ麺…!想像しただけで興奮するっ…! 乳首も立つ!立ち返す!ビンビンだっ…! 『らーめん工房 りょう花 南国店』 <平打ち麺のつけ麺…!それならばおそらくいままでより…つけダレが麺によく絡まりそうだ…気持ちのよい絡み具合が見れそうだ…!> 早速、コミュ障なりに頑張って注文。期待の平打ちだ。もちろ ...

らーめん工房 りょう花南国店 冷やし鶏塩らーめん(大盛)

『冷やし鶏塩らーめん』を知ったのは、『温かいトマト拉麺』を食べているときだった。 <夏季限定メニューか・・・>私は以前に食べた同じ限定メニュー、『生姜らーめん』のことを思い出していた。<生姜らーめん、なかなかよかったんだよな・・・> 久しぶりに再会したトマト拉麺は、前回同様にイタリアンパスタを彷彿させる洋風な味で攻めてくる。私はそれを食べ終えると、頭の後ろのほうから上方へ、素早く右手を挙げた。 一応、ピンクレディーの「UFO」をイメージしているのだが、伝わるか不安だ。 私の渾身の動作に気が付いた女性の店員 ...

らーめん工房 りょう花南国店 温かいトマト拉麺(大盛)

『次へ』 ◆ らーめん工房 りょう花 南国店(高知県南国市大桶乙1082-3)営業時間/11時~15時・17時~22時定休日/火曜日駐車場/18台(特塩チャーシューめん980円、温かいトマト拉麺840円、真麺490円、特塩らーめん780円、塩630円、塩つけ麺750円など。大盛100円増)『らーめん工房りょう花南国店』の場所はココ! ↓ 夏休みの宿題を出されないので大人になってよかったと思う。【人気ブログランキング】

らーめん工房 りょう花南国店 生姜らーめん・リベンジ

<"生姜らーめん"を食べずして生きられない・・・> 晩酌の焼酎を煽りながら、僕はそう思っていた。 帰りに買ってきた小説を読んでいても、 心のどこかで常に"生姜らーめん"のことを考えていた。 <生姜らーめん・・・食べたい・・・! あのときは、なんとも思っていなかったのに・・・! いまは違う・・・!生姜らーめんのことしか考えられない!> 恋が始まりそうだった・・・。 あれから僕は、前回「りょう花」でそれを食べなかった理由を、ずっと考えていた。 <好きな人とわざと口を聞かないようにしたりする、 子供みたいな感情 ...

らーめん工房りょう花 南国店 すだちの葛藤

<"すだち"が流行っている・・・!> 晩酌の焼酎を煽りながら、僕はそう思っていた。 よく拝見させていただいている麺ブロガーさんたちの記事には、 軒並み「らーめん工房りょう花」の「すだち塩ラーメン」の記事が掲載されていた。 <このブームに・・・! 俺も乗るッ・・・乗るしかないッッッ・・・!> とにかく僕はこの機会に「すだち塩ラーメン」を食べないと、 永久に「すだち塩ラーメン」になれないような気がして、 夜の南国バイパスをひた走った。 あのころ・・・ すだち塩ラーメンになることが、 僕の夢だった・・・。 『ら ...

らーめん工房 りょう花 南国店 後編/肉のちイタリア

前編はコチラっ・・・!『らーめん工房 りょう花 南国店 前編/塩の覚悟』 飲食店に行くと、毎回私のストレスになるのが「注文」自分の蚊の羽音ほどの声量で店員さんを呼ぶのが本当に大変で、心の負担がとてつもなく大きいのだ、クフ王のピラミッド並みに・・・。 この時も注文する品を決めてから、少し苦労するかもしれない、という懸念を拭い去れないままに、テーブル席から厨房のほうを見やった。 厨房とホールを仕切るガラス越し、店員さんと目が合う。 何かを調理しているみたいで、しきりに両手を動かしながら「コクリ」と頷き、「いま ...

らーめん工房 りょう花 南国店 前編/塩の覚悟

外食といえば「うどん」で、こうも「うどん」ばかり食べていると、さすがにたまには別のモノも食べてみようか、とも・・・あんまり思わないのだけれど、この時は、なんとなく「チャーハン」が食べたかった。 すでに日も暮れて辺りは暗く、誰が見ても夜だったし、夜も開いているうどん屋は少ないし、それだったら、なんとなくチャーハンが食べたいわけだし、中華料理屋もいいけれど、なんとなくラーメン屋に行ってみようか。ラーメン屋にもチャーハンはあるし。 などという、なんとなくな動機で、南国市の「りょう花」へ急行した、ユラユラと。 『 ...

らーめん工房りょう花南国店 真麺~2杯目~

ラーメン屋と言えば、『豚太郎』ぐらいしかなかった一昔前とは打って変わり、 群雄割拠。 次々に新しいラーメン屋さんが出店するという、麺好きには嬉しい時代に突入し始めた高知ラーメン業界。 しかし、『塩ラーメン』というカテゴリーに限れば、まだまだ、「ココ!」と言える店が無いのが実情である。 そんな中、時折、無性に食べたくなるのが、『らーめん工房りょう花』の塩。 平日の14時過ぎ。店内には、私の他に3組ほど。 「トントントントントン!トントントントントン!」 ネギを刻む音が、背中側にある厨房から響く店内。 一人で ...

らーめん工房りょう花南国店 真麺

高知市内で髪を切ったあと、南国の『りょう花』に行った。時刻は14時過ぎ。少し遅い昼ご飯だ。 店の自動ドアを開けると、「いらっしゃいませ!」という元気な声が響き、若い女性の店員さんが案内してくれる。 はち切れんばかりの営業スマイル。か・・・可愛い。 もしかして、この子、俺のことが好きなのかな?と、勘違いしてしまいそうだ。(←ここドン引きするところ 席に座ると、"一応"メニューを確認した。「あったあった、これこれ!」 店員さんを呼ぶ。 ここの店員さんは本当に良い。ちゃんとチラチラとお客さんを見ていて、目で合図 ...

らーめん工房りょう花南国店 塩つけ麺 & 特塩チャーシューめん

うどん屋でもラーメン屋でも、月日と共に、次第に味が変化して行く。そんなことが、ありますよね。 一度行って、「美味しい!」と思ったのに、数ヶ月経ってもう一度行ってみると、「あら?」と思うこともあれば、逆に、「まぁ、こんなもんかな?」という程度にしか思っていなかった店が、「こんなに美味しかったっけ!?」と言うほどに、進化を遂げていることもあります。 『らーめん工房 りょう花 南国店』 ここに来るのは久しぶり。前に来たのがいつだったかは覚えていないけど、おそらく、一年以上は来ていなかったと思う。 店の外観の写真 ...

Copyright © 生姜農家の野望Online , All Rights Reserved.