生姜の力で美しく

生姜農家の野望Ginger

生姜は植えっぱなしで冬越しできる?越冬させる方法を専門農家が解説

投稿日:2019.06.02 更新日:

生姜の越冬は難しい。

秋に収穫した生姜を、種芋にしようと植えっぱなしにして、そのまま置いていたら土の中で腐っていた

家庭菜園で生姜を栽培した場合に、よく聞く失敗談です。

どうして腐ったのだと思いますか?

竜一
私も現場の状況を見たわけではないから、絶対とは言えませんが、原因はおそらく「温度」です。

生姜の原産地には諸説ありますが、インドやカンボジアなどの温かい地域で生まれたとされています。

生姜は寒さに弱いのです。

たとえば人間でも、グアムで生まれて年中ずっと常夏だったのに、ロシアに移住した日には「うわっ!寒ぅーい!モンベルのダウンジャケット欲しいーっ!」と震えることでしょう。

南国生まれの生姜にとって、日本の冬は寒すぎるのです。

スポンサーリンク

種生姜の保存に適した温度と、おすすめの保存方法

収穫したばかりの生姜

種生姜保存の適温

種生姜を保存するための適温は13℃〜15℃くらいです。

あなたが生姜栽培する地域における、冬場の平均気温は何℃ですか

ちなみに外気温が氷点下……なんてことに短時間でもなると、生姜は死にます

もう二度と芽は出ません。

食用にする生姜ならば冷凍保存しておく方法もありますが、あれは食用にすることが前提だから冷凍しても問題ないわけで、生姜を凍らせると芽は出ません

竜一
私が生姜栽培する"南国土佐"と呼ばれる高知県でも、冬の最低気温は氷点下になる日もあるため、越冬させるには寒すぎます。

土の中に埋める保存方法は、危険度が高い

生姜貯蔵用の横穴

生姜貯蔵用の横穴

巷でよく言われる「種生姜を収穫したあと、土の中に埋める保存方法」はおすすめしていません

土の中は、外気温より温かい

……とはいえ植えっぱなしの状態で、生姜がかぶっている土は、わずか数cm程度

植えっぱなしの状態では、生姜が土から露出している場合もあります。

露出した部分は、そのまま冬の冷たい外気にさらされます。

竜一
土をかぶっている、あるいは意図的に土をかぶせたとしても、かなりの深さに生姜を埋めない限り、越冬は難しく高リスクです。

プロの生姜農家は、予冷庫に貯蔵している

生姜の予冷庫(貯蔵庫)

生姜の予冷庫(貯蔵庫)

日本最大の生姜生産地である高知県でも、かつては各生産者がそれぞれに横穴を掘って生姜を貯蔵していました

しかしその方法では温度管理を徹底することができず、横穴の中で生姜が腐る事例が毎年報告されていたそうです。

そこで現在では、生姜の生産者とJA(農協)が共同で用意した予冷庫に貯蔵しています

予冷庫の設定温度は、生姜を貯蔵する上で適温である13℃〜15℃

ただ予冷庫に入れていても、腐ってしまう生姜が毎年のように発生するのが実情です。

それくらい、生姜の貯蔵は難しい。

でも横穴で貯蔵していた時代に比べるとリスクは激減、雲泥の差です。

同じ高知県内でも、予冷庫を持たない地域の生産者は、現在も横穴に生姜を貯蔵していますが、少なくとも土の中に種生姜を埋めたりしません

プロの生姜農家は、生姜を土中で越冬させるのが難しいことを知っているからです。

我々が生姜を貯蔵している予冷庫の設置費用は、数億円規模です。

家庭菜園はもとより、生姜以外の作物もあつかう少量多品目型の栽培で、種生姜を貯蔵するために横穴を掘ったり、予冷庫を購入されるのは難しいと思います。

そこで私は、種生姜をビニール袋に密閉して冷暗所で保存する方法を推奨しています。

詳しくは、下記リンク先をご一読ください。

収穫した生姜
種生姜の保存方法をプロの生姜専門農家が徹底解説

種生姜はどうやって保存すればいいの?収穫した「根生姜の種芋(種生姜)を保存する方法」を、生姜専門農家の竜一が徹底解説。種生姜を痛めることなく植え付けの春まで保存するのに重要なポイントをわかりやすくお伝えします。上手に保存しておかないと、生姜は簡単に腐りますよ。

続きを見る

▼ Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます。

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

竜一

日本一の生姜の産地・高知県で生姜農家を経営している竜一と申します。「生姜で美しく」をコンセプトに、生姜の専門家が生姜のすべてを語るサイト「生姜農家の野望Ginger」を運営しています。

▼ 各種SNSも更新中、フォローしてね!

現役の生姜農家がおすすめする
ジンジャーシロップとは

  • 続かない生姜生活していませんか?

乾燥させた生姜のみに含まれる成分「ショウガオール」には、体を深部からの温めるエイジングケア(老化防止)腸内環境をスッキリさせるなど様々な効果があります。

生姜が体によいことはわかっていても、生姜を毎日の献立に取り入れるのは大変ですよね

でも「気が向いたときだけ生姜料理」では、生姜の効能を十分に実感することは難しいです。

竜一
生姜を毎日摂るために、以前から私は「生姜を食べるのではなく、飲む」という提案をさせていただいています。

"飲む生姜"を実現するのが、乾燥生姜パウダー × 5,000億個の乳酸菌 × 36種類以上のミネラルを配合したジンジャーシロップ「乳酸ジンジャー」です。

煮出した生姜のエキスだけでなく、乾燥生姜パウダーほかの成分を配合することで、家庭で自作できない圧倒的高品質のジンジャーシロップを実現しています。

乳酸ジンジャーは、お湯や炭酸で割って、生姜湯やジンジャエールにして飲むだけ。これなら毎日いつでも気軽に生姜が飲めます。もちろん料理にも使えます。

現役生姜農家の竜一がおすすめする、ジンジャーシロップ「乳酸ジンジャー」で本当の生姜パワーを実感してください。

\ 定期便なら25%オフ /

乳酸ジンジャーを申し込む

生姜農家がおすすめする理由はこちらから
定期便は縛りなし!1か月の利用のみでも解約できます

最新記事

管理機で生姜畑の土寄せをする
【生姜栽培】土寄せのタイミングと方法を生姜農家が実演しながら徹底解説

生姜栽培の土寄せのタイミングと土寄せのやり方をプロの生姜農家が徹底解説。とても面白い解説ですから、ぜひご一読ください。

草刈機
草刈機・刈払機のおすすめ機種と選び方を草刈りのプロが比較して解説

草刈りのプロがおすすめする草刈機(刈払機)の機種と用途別の選び方。動力と刃の種類の違いをプロが比較して解説しています。女性も使える、高齢者も使える草刈機、プロを目指すかたにおすすめの草刈機が見つかります。

ジンジャーシロップを密閉容器で保存する
ジンジャーシロップの作り方・レシピを生姜の専門農家がご紹介

生姜の専門農家が、ジンジャーシロップ(生姜シロップ)の作り方、アレンジレシピ、ジンジャーシロップの飲み方や、ジンジャーシロップを活用した料理をご紹介。生姜料理を毎日作るのが難しかった人でも、飲める生姜ジンジャーシロップなら生姜生活が長続きするはずです。

乾燥生姜パウダー
蒸し生姜の作り方・粉末にする方法を生姜専門農家が徹底解説

蒸し生姜の作り方と、蒸し生姜を粉末(蒸し生姜パウダー)にする方法を生姜専門農家が徹底解説。ショウガオールとジンゲロールをたくさん含んだ蒸し生姜は、粉末にしておくと長期保存可能です。

Copyright© 生姜農家の野望Ginger , 2019 All Rights Reserved.