「観光情報」 一覧

はりまや橋ゲストハウス外観

高知市の宿「はりまや橋ゲストハウス」は格安料金で宿泊できる!

ゲストハウス、知ってる? じつは「ゲストハウス」が何なのかよくわからなくて、「わかんねぇーな」と長年思っていた竜一。 そのとき高知市でゲストハウスの管理人をされている「ウォーリー」さんというかたから、突然ツイッターでダイレクトメッセージが届いた。 ウォーリーさん? ウォーリーをさがせ!謎のメモ大追跡! [ マーティン・ハンドフォード ] 「ウォーリーさんは、有名な絵本『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーに似ているから、ウォーリーと呼ばれているんだって!」 ダイレクトメッセージで「竜一さんに、直接会いたい」 ...

ウサギ日和 EP4 「ウサギ島で、ウサギまみれ」

『EP3を読む』 小さな島でたくさんのウサギが暮らす、通称"ウサギ島"とも呼ばれる、ウサギの楽園「大久野島」 噂に聞いていた通りのウサギだらけっぷりに、僕はデレデレしながら歩を進め、やがて島唯一のホテルに達した。 僕はホテルの入口に立って中の様子を伺った。するとドアが左右に勝手に開いた。 自動ドアだった。 自動ドアをくぐってロビーに入る。そこには巨大なウサギがいた。 <ホテルの中にもウサギが・・・!?>と僕は驚愕した。<しかもデカイ!巨大ウサギか・・・!> しかし、よく見ると、それは大きな写真だった。<あ ...

レオマ・ラーメン祭2017・やりすぎ味噌バターコーンラーメン

【レオマ】「ラーメン祭」2017!イルミといったらラーメンでしょ?

香川県丸亀市のテーマパーク「ニューレオマワールド」にて、2017年10月28日から2018年2月28日までの期間限定で開催中の……。 「第3回 レオマ ラーメン祭」! ▼ 詳細は下記のサイトにて。 第3回 レオマ ラーメン祭【公式】 それにしても、謎で面白いのはキャッチコピー。 イルミといったら、ラーメンでしょ♥ 知らんし! 全然そんなイメージないし! 「イルミネーションといえば、ラーメンだよね♪」 そんなこと言っている人、見たことないし! 最初はそう思っていたが……。 「考えてみれば、イル ...

瀬戸よ志 ひしお丼

【小豆島】「瀬戸よ志」お休み処でランチに名物「ひしお丼」がうまい

小豆島の国道436号線を走っていた。「銚子渓」で猿を見て、小豆島北側の海岸線を半周したあとだった。 関連記事:小豆島銚子渓「お猿の国」孔雀もいる猿源郷で噂の「猿団子」を発見! 間もなく正午になろうとしている。 朝、宿を出るときに手渡してもらったロールパン1個しか食べていない。さすがにお腹が減った。 関連記事:小豆島の世界一狭い海峡「土渕海峡」を横断して証明書をもらった話 小豆島名物 ひしお丼とは 小豆島の名物に「醤(ひしお)」と呼ばれるものがある。 「ひしお」とは、大豆、麦、こうじ、塩などから作られた、な ...

レオマワールド・イルミネーション1

【レオマ】イルミネーション2017-2018!2月28日まで開催中

いまから香川にうどんを食べに行きたい。 でも妻が乗り気じゃないらしく「丸亀の◯◯に…」と言おうとすると、 「え?丸亀の…製麺?丸亀製麺のこと?」などと交わされる……。 違う!丸亀市!! — 竜一/うどん系生姜農家 (@Ryu_wld7) December 28, 2017 ああっ!それにしても! うどんが食べたいっ……!! それも香川のうどんが……! 香川県にうどんを食べに行きたい。しかし妻は乗り気ではない。 そんな折にネット上で見つけた、イルミネーションの情報。 四国のテーマパークといえば「 ...

竜一の愛媛放浪記1 【とべ動物園~前編~】

暑い。 こうも暑いと、体だけじゃなくて、心までグッタリとしてくる。 癒されたい!俺は今、猛烈に癒されたい! 動物だ!こんな時は動物さんたちに逢いに行って、癒されまくるしかねぇ・・・! というわけで、やって参りました。『愛媛県立とべ動物園』 竜一にとって、数年ぶりの愛媛県上陸。 車を運転して、高速道路を使わずに、越知町の方から三坂峠を越えるルートで行ったんですけども、 いやぁ、遠い。 途中で泣きそうになりました。☆(ゝω・)vキャピ さて、まずは入り口を入ってスグにある、カメとかヘビがいる建物に入ってみよ ...

竜一の愛媛放浪記2 【とべ動物園~後編~】

愛媛放浪記の続き~!(前回の愛媛放浪記はコチラ→ 『竜一の愛媛放浪記1 【とべ動物園~前編~】』) 「暑い~!畑みたいやわ~!」と言いながら、とべ動物園内を歩いていた竜一。 ある文字に反応。 ハ ク ビ シ ン !!!!! ハクビシンだってぇぇえええ!! 山で農業をやっている方ならご存知だろうが、コイツ、かなりの問題児。 紹介文にも書いてあるように、畑に植えてある農作物を食べちゃったりして、もうホントに困ったヤツなのだ。 おのれ。ハクビシン。 きょうというきょうはただじゃおかないんだからな! 血走る竜一。 ...

ああ、憧れの甲子園 兎の章 エピソード1/淡路玉葱ラーメン

『エピソード2を読む』 『エピソード3を読む』 『エピソード4を読む』 まさかの雨天中止と相成った8月27日から、約一ヶ月。また私は甲子園を目指していた。 (前回甲子園に行ったとき記事はコチラ・・・!『ああ、憧れの甲子園 前編/雨とうどんと偽りの虎党』『ああ、憧れの甲子園 後編/これがホントの球場観戦』) 今回はデーゲーム。 阪神×巨人戦 朝、高知を出発してバスに揺られること数時間。 『淡路島サービスエリア』 ここで昼食。 当然、麺。 日本を代表する玉葱の産地である、淡路島。 やはり淡路島といえば、玉葱。 ...

ああ、憧れの甲子園 後編/これがホントの球場観戦

前編はコチラっ・・・!『ああ、憧れの甲子園 前編/雨とうどんと偽りの虎党』 雨の中、駐車場から甲子園まで。テクテクと歩いた。 歩き疲れるほどの、結構な距離だ。 道の脇には、『○○クリーニング店』と書いてあるのに、どう見ても『タイガースグッズ専門店』に成り果てた店舗があったりして、とても面白い。 <ドラゴンズグッズも・・・少しは売ってるんじゃねぇの・・・!?> 昔、福岡ドームで他球団のグッズも結構売られていたという記憶から、そう思っていたのだけれど、さすがは虎の聖地。 ドラゴンズはおろか、天下のジャイアンツ ...

ああ、憧れの甲子園 前編/雨とうどんと偽りの虎党

私は野球が好きだ。私は中日ドラゴンズが好きだ。落合が好きだ。浅尾が好きだ。岩瀬が好きだ。 平田はもっと好きだ。平田はヒーローインタビューが面白いから好きだ。 当時、竜一、8歳。オビ=ワンが毎日のように観ていたテレビのプロ野球中継で、「野球」という競技を覚えた。 中継されるのは巨人の試合ばかりだったけれど、惹かれた球団は巨人ではなく、当時の野球中継の主人公・巨人ジャイアンツの敵として登場する、『中日ドラゴンズ』という、圧倒的にカッコイイ球団名のチームだった。 1番・立浪2番・種田3番・パウエル4番・落合 今 ...

ああ、憧れの甲子園 兎の章 エピソード2/伝統の一戦

『エピソード1を読む』 『エピソード3を読む』 『エピソード4を読む』 願いは天に届いた。前回とは打って変わり、甲子園、好天。 三連休中、それも人気球団同士の対戦とあって、この日もチケットは完売。 私がスタンドに入った頃には、既にたくさんのファンが詰め掛けていた。 グラウンドでは、なにやら子供を招待してのイベントが行われている。 普段からプロのプレーを目の当たりにしているだけあって、目が肥えているトラッキー。 少年キャッチャーに歩み寄り、直々に指導を行う。 イベントが終わると、一斉にグラウンドに出て来て、 ...

ああ、憧れの甲子園 兎の章 エピソード4/帰らぬ虎党

『エピソード1を読む』 『エピソード2を読む』 『エピソード3を読む』 試合が終わっても、外野の阪神ファンたちは誰も帰らない。 歌う・・・歌う・・・!歌うのだ・・・! あの伝説の歌をっ・・・!皆で歌いおおすのだ・・・!! これが阪神の・・・! みんなのうた・・・!! 六甲おろ~しに~颯爽とぉ~♪ <ちょ・・・この先なんだっけ・・・!> 所詮は・・・!偽りの虎党・・・! 六甲おろしの曲調は分かっても・・・!歌詞がまるで分からないっ・・・! 化けの皮が剥がれる瞬間・・・! <くっ・・・燃えよドラゴンズなら分か ...

ああ、憧れの甲子園 兎の章 エピソード3/突撃Hirano

『エピソード1を読む』 『エピソード2を読む』 『エピソード4を読む』 ついに始まった伝統の一戦、阪神×巨人戦。 <勝ってくれよ・・・!阪神・・・!負けたら・・・俺が応援に来たときは・・・雨が降るか負けるかで・・・!「アイツ来たらロクなことない」って・・・思われそうだろうがっ・・・!> 1回表、巨人の攻撃は三者凡退。その裏、阪神のターン、1番セカンド平野。巨人先発、東野。 平野がベンチから姿を現すやいなや、スタンドから湧き上がる「突撃平野」コール。 「突撃・・・!突撃・・・!平野っ・・・!」 平野・・・! ...

ああ、憧れの甲子園 鷲の章 前編/聖地への再訪

高知を経ったのは午前中だった。圧倒的な速度で高速道路をひた走るバス。 行き先は兵庫県。「阪神甲子園球場」 今年もまたプロ野球のシーズンが始まったのだ。「中日ドラゴンズ」の大ファンである私は、当然今年も「阪神タイガース」の応援をしに行く。 昨年は二度「甲子園」を目指し、一度目は球場内に入って生ビールまで飲みながら、雨天中止。 長靴を履けば試合は出来ていたはずだし、気合と根性さえあればやれたはずである。それにも関わらずの中止で、今思い出してもまったく納得がいかない。 二度目は、定期的に行われている「甲子園ツア ...

ああ、憧れの甲子園 鷲の章 後編/球児のうどん

前編はコチラっ・・・!『ああ、憧れの甲子園 鷲の章 前編/聖地への再訪』 有名人も見て、マスコットキャラクターたちも見て、"竜一"として絶対にやらなければならなかったこともやった私は、こうてん氏と共に甲子園球場の入口を目指した。 3度目で大体は把握したのだけれど、球場の入口は購入した座席の位置によって異なるようだ。 自分たちは1塁側アルプススタンドで観戦することになっていたから、"1塁側アルプススタンドにはここから入りなさい"とされている入口に向けて歩いた。 1塁側のアルプススタンドとは、内野席と外野席の ...

ああ、憧れの甲子園 鷲の章 完結編/六甲おろせず

『前編を読む』 『後編を読む』 初めて甲子園を肉眼で見たときから、甲子園は何かに似ている気がしていたが、それが何であるか、どうしても連想が辿り着かなかった。 けれども今回で三度、生の甲子園を見て、"何か"が何であるかの答えを、ようやく私は導き出した。 わかったのだ。 前回の外野席から見ても、今回のアルプス席から見ても、どこからどう見ても、どのような角度から見ても、甲子園の形状は、"うどんのドンブリ"なのである。 ただひとつ違うのは、入っているのが「麺」ではなく「観客」だということだ。 伝説の"星野フィーバ ...

瀬戸大橋記念公園

この記事は『オハラうどん』の話の続きです。 偶然が偶然を呼び、その偶然にまた偶然が重なり、いったいどういうわけか、僕は毎度香川にきた場合と同じように本場の讃岐うどんを美味しく食べてしまった。けれども僕は『瀬戸大橋の点検をする』という本来の目的を、片時も忘れることなどなかった。 <暑いなぁ・・・やっぱり高知よりも暑く感じる・・・>僕は『瀬戸大橋記念公園』を歩きながら、そう思った。<でも風が吹いているからか、ジメジメしてない!> 公園の広い敷地の中には、麦焼酎みたいに透き通った水が出ている水場があり、そこで水 ...

動物園から鉄火場へ

【徳島・カピバラの旅】 『カピバラに逢いに徳島へ ~納豆の香りと共に~』 → 『192号線は麺だらけ』 → 『とくしま動物園 EP1/鳥に接近』 → 『とくしま動物園 EP2/おねむの時間』 → 『とくしま動物園 EP3/待望のカピバラさん』 → 「動物園から鉄火場へ」 → 『中華そば 田村』 → 『あすたむらんど徳島 & 巨大たらい』 時刻は13時を回っていた。 「とくしま動物園」を出た私は、動物園の広い駐車場に、 相変わらず一台だけ停まっている自分の車の運転席に座って、 昼ご飯を何にしようかと考えてい ...

あすたむらんど徳島 & 巨大たらい

【徳島・カピバラの旅】『カピバラに逢いに徳島へ ~納豆の香りと共に~』 → 『192号線は麺だらけ』 → 『とくしま動物園 EP1/鳥に接近』→ 『とくしま動物園 EP2/おねむの時間』 → 『とくしま動物園 EP3/待望のカピバラさん』 → 『動物園から鉄火場へ』→ 『中華そば 田村』 → 「あすたむらんど徳島 & 巨大たらい」 上り坂が続き、道はドンドン山の中へ入っていく。「中華そば田村」を出た私は、「あすたむらんど徳島」という所を目指した。 まだ口に残る「田村」のスープの香りを感じながら到着した駐車 ...

とくしま動物園 EP3/待望のカピバラさん

【徳島・カピバラの旅】『カピバラに逢いに徳島へ ~納豆の香りと共に~』 → 『192号線は麺だらけ』 → 『とくしま動物園 EP1/鳥に接近』→ 『とくしま動物園 EP2/おねむの時間』 → 「とくしま動物園 EP3/待望のカピバラさん」 → 『動物園から鉄火場へ』→ 『中華そば 田村』 → 『あすたむらんど徳島 & 巨大たらい』 「とくしま動物園」には「室内展望所」といったような施設があって、その中から、人間が、外にいるキリンの目線と同じ高さで対峙できるようになっていた。 これまでキリンと同じ目線に立っ ...

とくしま動物園 EP2/おねむの時間

【徳島・カピバラの旅】『カピバラに逢いに徳島へ ~納豆の香りと共に~』 → 『192号線は麺だらけ』 → 『とくしま動物園 EP1/鳥に接近』→ 「とくしま動物園 EP2/おねむの時間」 → 『とくしま動物園 EP3/待望のカピバラさん』 → 『動物園から鉄火場へ』→ 『中華そば 田村』 → 『あすたむらんど徳島 & 巨大たらい』 昼間に活動する鳥たちと違って、哺乳類は夜行性の動物が多いようで、とにかく寝ていた。 (寝ていた・・・!) (寝ていた・・・!) (寝ていた・・・!) (とにかく寝ていたっ・・・ ...

とくしま動物園 EP1/鳥に接近

【徳島・カピバラの旅】『カピバラに逢いに徳島へ ~納豆の香りと共に~』 → 『192号線は麺だらけ』 → 「とくしま動物園 EP1/鳥に接近」→ 『とくしま動物園 EP2/おねむの時間』 → 『とくしま動物園 EP3/待望のカピバラさん』 → 『動物園から鉄火場へ』→ 『中華そば 田村』 → 『あすたむらんど徳島 & 巨大たらい』 駐車場に車を停めて、濡れたアスファルトに足を下ろす。 高知を出たときから降ったり止んだりしていた雨は止んでいた。それも、たったいま止んだばかり、という風な路面の濡れ具合。傘をさ ...

192号線は麺だらけ

【徳島・カピバラの旅】『カピバラに逢いに徳島へ ~納豆の香りと共に~』 → 「192号線は麺だらけ」 → 『とくしま動物園 EP1/鳥に接近』→ 『とくしま動物園 EP2/おねむの時間』 → 『とくしま動物園 EP3/待望のカピバラさん』 → 『動物園から鉄火場へ』→ 『中華そば 田村』 → 『あすたむらんど徳島 & 巨大たらい』 徳島の「西の雄」と謳われるうどん屋さんに吸い込まれそうになりながら、私は国道192号線を、さらに東進。県を横断して徳島市を目指した。 その道中に通った徳島県西部の"三好市"界隈 ...

カピバラに逢いに徳島へ ~納豆の香りと共に~

【徳島・カピバラの旅】「カピバラに逢いに徳島へ ~納豆の香りと共に~」 → 『192号線は麺だらけ』 → 『とくしま動物園 EP1/鳥に接近』→ 『とくしま動物園 EP2/おねむの時間』 → 『とくしま動物園 EP3/待望のカピバラさん』 → 『動物園から鉄火場へ』→ 『中華そば 田村』 → 『あすたむらんど徳島 & 巨大たらい』 早朝、コンビニの駐車場に停めた車の中で私は「納豆おにぎり」を食べていた。 これから車で徳島県を目指す。納豆おにぎりは、その"腹ごしらえ"というわけだ。 ちなみに今回の旅の目的は ...

ウサギ日和 EP2 「盛港~大久野島」

『EP1を読む』 船は低いエンジン音を響かせながら、港に接岸した。中から降りてきた係りのオジサンに乗船券を渡して乗り込む。 <船に乗るなんていつ以来だろう・・・>と僕は記憶をたどった。<桜島へ渡ったとき以来、2年ぶりか・・・> さて、どの座席に腰を下ろそうか、迷っているあいだに船は早くも発進した。 普段、船に乗る機会なんてあまりないのに、船内に閉じこもっているのは勿体ない気がして、甲板に出る。 乗船した盛港が急速に遠ざかっていく。周りにはいくつかの島が見えるけれど、目指す大久野島がどれであるのか、僕にはわ ...

ウサギ日和 EP1 「盛港へ行って船に乗る」

早朝の「馬立パーキングエリア」で、僕はジョジョ立ちをしていた。馬立PAは、愛媛県の四国中央市を抜ける高速道路沿いにあるPAだ。 「じゃあ予定通り、ここで朝ごはんを」と僕はジョジョ立ちを終えて呟いた。 朝ごはんは、2日前にスーパーで買った半額のお惣菜だ。食べ忘れていたそれを、これから遠出しようというこの局面で食べるのは、どう考えても危険である。 <お腹を壊したらどうしよう・・・>と僕の中にも、わずかばかりの不安がよぎった。<でも!いまここで食べなきゃコイツはもう絶対に食べられないんだよ!> 僕は、お惣菜のパ ...

ウサギ日和 EP5 「ウサギ島でもアレを食べる、そしてウサギたちとの別れ」

【運営チームからのお知らせ】 生姜農家の野望Online運営チームです。どこかを旅した紀行文など長編シリーズになると、大抵途中で書いている本人が飽きてしまい、突然フェードアウトすることで知られる当blogですが・・・何でも中途半端はいけません・・・! そこでこのたび、わずか『EP4』まで書いたところで力尽きた、瀬戸内海に浮かぶ"ウサギ島"こと大久野島へ行った話、『ウサギ日和』の続きを、まさかのやる気を出しまして、完結させる所存でございます。 「どんな話やったっけ?」という方は下記のリンク先にて、是非ご一読 ...

ウサギ日和 EP3 「ウサギの楽園・大久野島」

『EP2を読む』 大久野島・・・。通称「ウサギ島」とも呼ばれるその島は、本当にウサギの楽園だった。 「あ!あそこにウサギがいる!」「おっ!ココにもいる!」と僕は、その辺で寝転がっていたり、あるいはピョンピョン飛び跳ねているウサギたちの可愛らしさに完全に魅了されながら、島内を散策した。 ほげぇーーーーー! 大久野島自体が観光地と化しているので、ウサギたちは、やはり人に慣れていて、かなりの距離まで近付いても逃げない。逃げないどころか、ごはんをくれると思ってコチラに近付いてくる。 <やーん!俺モテモテやー!>と ...

ウサギ日和 EP8 「襲いかかるガス欠の恐怖」

『EP7を読む』 <この判断は自滅へ繋がるかも・・・>坂を上っても上っても「寒風山トンネル」は見えてこない。 <まだ・・・まだ上らないと見えてこないのか寒風山トンネル・・・>燃料の残量を示す棒状のデジタル表示は、"棒"と言うよりも"米粒"みたいになっている。<トンネルを抜ければ、たしか下り坂になっている・・・!> 状況は、ライオンの背中に跨がろうとするよりも危ない。 いままでの人生・・・大抵なんとかなってきた・・・。でも・・・俺・・・ここで詰むかもしれない・・・。 1リッターでわずか数円しか違わないガソリ ...

ウサギ日和 EP7 「電子音が知らせる危険」

『EP6を読む』 <食べたいよ・・・食べたいよ・・・キージーカレー・・・> 愛媛県から香川県へ通じる、何号線だかよくわからない国道を東へ走る。車窓から、誰かが住んでいる家や、誰かが営んでいる商店が見える。ガソリンスタンドも見える。 僕には少し気がかりなことがあった。でもウサギたちに会えて、バリィさんに会えて・・・2つの夢が連続で叶って気分がいい。 <なんとかなるだろう・・・!>と僕は楽観的に考え、道路標識に従って進路を南へ変えた。 高知へは、西条市から「寒風山(かんぷうざん)」を越えるルートで帰る。 行き ...

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.