奥物部湖湖水祭

投稿日:2010.08.16 更新日:

一昨年の話。

子供の頃以来、20年ぶりぐらいに、
香美市物部町の『奥物部湖湖水祭』に行ってみた。

当初は、今も変わらず魅力的な、
パワフルおかんこと、くまちゃんが住んでいる物部。
というだけで行ったのだけど、

いざ行ってみると、
街灯が少ない田舎の暗いダム湖から空に向かって放たれる花火。

更には、静かな山間に響く花火のドーン!という音の、
ド迫力ぅぅううう!
に、スッカリ心を奪われた竜一。

「あの花火がまた見たい!」
という思いに駆られて、今年も行くことにしたのでありました。
(去年は精神的に病んでいた為に行きませんでした)←←←

遡るは、先週の土曜日。

竜一、車を一路、
高知県北東の山の中に向かって走らせる。

奥物部湖湖水祭りに行くまでの道。雨が降り始めた!(香北町)

「何だかこっちの方、曇ってんな~」
と思っていると、
香北町のユーマート辺りに差し掛かったところで、

降雨。

「あううう!物部の方真っ暗やんけ~!
今日の祭り中止とちゃうんけえええ!」

と、ヤキモキしながら着いた臨時駐車場から、
シャトルバスで輸送されて、
ついに到着!

奥物部湖湖水祭 会場3

祭り会場!

良かった~!
祭りやってる~!

相変わらず雨は降っているけど、
前に来た時より、人が増えている気がする~!

奥物部湖湖水祭 会場2

祭り会場に着くと、
2年前に聞いたことがあるような、
セクシ~ダンス♪セクシ~ダンス♪
という、田舎の雰囲気に似合わない妖艶な洋楽が流れ、
舞台の上では、数人の男女が踊っていた。

そんな中、降ったり止んだりを繰り返す相変わらずの雨。
竜一、適当に建物の軒先に非難したりしながら、祭りを見物。

奥物部湖湖水祭り 会場1

それにしても、
朝から、オバ=ア汁とオバ=アランチと、
夕方にインスタントラーメンしか食べていないから、
お腹空いたな~・・・。

って、これは・・・!

その時、
竜一に閃光走る。

こちら竜一。
こちら竜一。
前方50メーターほど先に唐揚げ屋さんを確認。
直ちに試食してみます、ど~ぞ~。

肉汁は空腹を救う!

ここは、
食べる・・・。
食べるしかねぇ・・・!

奥物部湖湖水祭 唐揚げを食べる竜一
(雨に濡れて髪ボサボサ)

な・・なんじゃこりゃあ!!

肉汁がお口の中で
セクシーダンスなんですけどぉー!

旨い!
3セクシー。

(3段階評価なので、3セクシー=満点です)

茶髪でチーマー風な髪型をしたお兄さんが丁寧に盛ってくれた唐揚げは、
ローソンのからあげくんをも凌ぐお味なのでした。

奥物部湖湖水祭 市長の挨拶

そうしていると、いつの間にか、
時刻は花火開始予定の時を刻む。

まずは、花火を打ち上げる前に、
舞台で香美市長のご挨拶だ。

この時すでに、
市長、泥酔。

舞台に立った第一声。

『元気ですかぁー!!』

闇夜を切り裂くように、
中途半端に似ているアントニオ猪木のモノマネ。

ぶっちゃけ、
誰一人笑っていませんでした♪( ゚д゚)ポカーン

奥物部湖湖水祭 爆裂花火

打ち上げが始まった当初にパラついていた雨も次第に止み、
ドカン!ドカン!と順調に打ち上げられた花火。
(まともな花火の画像なんて一枚も無いのが竜一クオリティ)

奥物部湖湖水祭 灯篭流し

ダム湖に流される約5000個の灯篭と花火の光のコラボレーションはとても美しく、
息を呑んで見つめたのでありました。

※ 湖水祭で買って帰って食べた鹿バーガーの記事はコチラ!

1位になったら竜一が全裸になると言われているランキング。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竜一

1982年生まれ。高知で生姜農家をしています。うどんをかぶって寝たいほどうどんが好き。ラーメンとカフェも好き。農業家/ブロガー/農業界のうどん野郎/農業は生姜一本で稼いでます。

-高知県観光

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2018 All Rights Reserved.