高知最大級のグルメ情報ブログ

生姜農家の野望Online

ホビー館・南の田舎道をゆく!

2011.10.10

【2011年・晩夏の西部珍道中・6部作リンク】
『海洋堂 ホビー館 四万十』 → 『この記事』 →
→ 『いろりや 前編/幻のネバネバぶっかけ』 → 『いろりや 後編/魔法のうどん』 →
→ 『西部ウルルン滞在記 「道の駅・ビオスおおがた」で出逢ったぁー』 →
→ 『本場手打うどん 庄壽庵』


『海洋堂ホビー館四万十』を後にした私は、当然タダでは帰らない。
大好きな『う』が付くものこと、『うどん』を食べに行く。

うどんを食べずには帰れない。
いや、帰るわけにはいかない。

ホビー館から家までは、2時間ほどかかる。
帰りがけに禁断症状が出たら大変だ。

<せっかく西に来たからには・・・行くでっ・・・!>

高知県西部の雄・・・!
『いろりや』へっ・・・!

ホビー館には北側の道を通って襲来した竜一。

だが、グーグルマップで見てみると、
『いろりや』の位置は、ホビー館のずっと南、海の側。
元来た北側の道を引き返して行くとすれば、明らかに遠回り。

北側の道を引き返すぐらいなら、
ホビー館南側の道を進んだほうが、どう見ても近い。

けれども、ホビー館南側の道について聞かれる噂は、あまり良いものではない。
「狭い」「すごく狭い」「めちゃめちゃ狭い」「信じられないほど狭い」と聞く。

それでも、竜一。
この局面、攻めの選択。

<引き返すなんて・・・しちめんどくせぇ・・・!
狭くて上等・・・!俺の辞書に『急がば回れ』なんて御託はねぇ・・・!>

ちょっと過酷なぐらいが・・・!
刺激的で魅力的っ・・・!

信じる・・・己のドライビングテクニック・・・!
選択・・・!南側のルート・・・!

そして、南下。
海沿いの国道56号線を目指す。

ホビー館の南側

噂通りに、狭い田舎道。

しばらく走ると、眼前に現れた、コワモテのガードマン。
大きな体で道の真ん中に立って、赤旗を提示している。

なにかの工事をしているようだ。

あとから知ったことだが、
それは、50分間通行止めで10分間だけ通れる、
いわゆる『時間待ちの工事』だった。

どうやら看板を見落としていたようで、
そうとは気付かず、通常の交互通行だと考えていた竜一。

5分ほどが経過しても、
一向に白旗を振らないコワモテのガードマンに、
次第に疑念を抱き始める。

<えっらい・・・通れ言わんなぁ・・・!
これ・・・もしかして・・・時間待ちの工事ちゃうんけ・・・!>

だが、聞けない。
相手はコワモテガードマン。

周りは誰もいない山中。
このコワモテガードマンの気に障るようなことを言えば、
どんな目に遭うか分かったもんじゃない。

ただただ待つ。

辺りは静まり返っている。

コワモテガードマンは、手が疲れたのか、
水平に持っていた赤旗を下ろした。

そして、道の真ん中に立ち塞がり、
一歩たりとも動かない。

黒く日に焼けた肌。
帽子のツバの下から、ギラリと鋭い目が光る。

<いつまで待ったらええんやろ・・・!>

不安になる。
だが、聞けない。

その時、後ろから小型のバスが来た。

<路線バスか・・・!?>

バスが一筋の光に見えた。

<もしこのバスが・・・路線バスやとしたら・・・!
たとえこれが時間待ちの工事やったとしても・・・!>

間違いなく・・・!
待ち時間は・・・もう僅かっ・・・!

<バスがお客を乗せて長時間待たんといかんような・・・!
そんな運行の仕方をしているわけがねぇっ・・・!>

予想、的中。

バスが後ろに付いてから2分ほどが経過した頃、
コワモテガードマンが、ついにパタパタと白旗を降り始めた。

私が車で横を通り抜けようとすると、
コワモテガードマンは、「ニコッ」と笑って頭を下げた。

<こ・・・コワモテはん・・・!
ホントはこの人・・・めっちゃエエ人や・・・!>

私は感動してしまって、
もはや半泣きだった。

やがて徐々に山が開けて、
狭かった空が広くなって来る。

<ついに来たぜ・・・黒潮町・・・!>

がっ・・・!

<あれ・・・ここ黒潮町ちゃう・・・!
なんか・・・四万十市とか・・・書いてある・・・!>

その時、竜一。
ようやく気が付いた。

南下する道を間違えた

あらま・・・!俺・・・!
途中で・・・道・・・間違えたんやっ・・・!

<もうなによこれ・・・!時間もガソリンも超無駄やった・・・!
なんで四万十市まで来てん・・・!もう・・・ホンマにホンマ・・・!>

圧倒的自己嫌悪。
下がるテンション。

<まぁ・・・しゃあない・・・!人生七転び八起き・・・!
俺は転んでもタダじゃ起きん・・・!
起き上がりながらうどんを食べる・・・食べるんやっ・・・!>

スタンドアップうどん・・・!
いろりや・・・!

IKUZE・・・!!

(次回・・・!いざ『いろりや』へっ・・・!)

【2011年・晩夏の西部珍道中・6部作リンク】
『海洋堂 ホビー館 四万十』 → 『この記事』 →
→ 『いろりや 前編/幻のネバネバぶっかけ』 → 『いろりや 後編/魔法のうどん』 →
→ 『西部ウルルン滞在記 「道の駅・ビオスおおがた」で出逢ったぁー』 →
→ 『本場手打うどん 庄壽庵』

愛をください。(;ω;)

facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます。コメントもお寄せいただけます

Facebookページに「いいね!」すると更新情報が届きます
コメントもお寄せいただけます

Twitter で

Instagramでフォローする

コラボキャンペーン実施中!

高知 いの町の焼鳥店 鳥印(ちょういん) の持ち帰り焼鳥

【特典有】「鳥印」ちょういん(高知/いの町)持ち帰り焼き鳥のおすすめ店

【ブログ特典あり】高知・いの町の持ち帰り焼鳥店、鳥印(ちょういん)のメニューと焼鳥を食べた感想、営業時間などをご紹介。2018年12月にオープンした、おいしい焼鳥が食べられる穴場店です。

高知市上町の眼鏡店ミナミメガネの外観

【割引あり】高知で度付きサングラス&メガネ買うならミナミメガネ

サングラスの度付き加工が可能な、高知市上町の眼鏡屋さん「ミナミメガネ」を地元民がご紹介。当ブログをご覧のかただけに特典が付く、スペシャルキャンペーンも2019年8月31日まで開催中!ぜひこの機会にメガネやサングラスをお得に入手してください

高知市晩酌家つるじろカウンターのおばんざい

【高知】おすすめ居酒屋「晩酌家つるじろ」おいしい魚とおばんざい!

晩酌家つるじろ 2018年5月28日にオープンした高知市の居酒屋「晩酌家つるじろ」。 関連記事 晩酌家「つるじろ」おいしい居酒屋さんが高知市にオープン【特典有】 仕事帰りに気軽に立ち寄れる。 おばんざいを中心としたおいしい料理が食べられる。 完全個室がある。 そんな居酒屋さん。 晩酌家つるじろは、完全個室の座敷あり! 晩酌家つるじろの個室 噂の完全個室は、店内奥にある。 普段は上記画像に見られる4人がけのテーブルが2卓ある状態ですが、宴会時はテーブルをつなげることで、10名程度お入りいただけます。 個室に ...

竜一

高知で生姜農家を経営しています / 飲食店が好き / 飲食にたずさわる人が好き / 高知のグルメ情報をまとめたサイト「生姜農家の野望Online」を運営中 / 大好きな飲食店を知ってほしくて書いています。

■お問い合わせ【メールフォーム
▼ 各種SNSも更新中、フォローお気軽に!

Copyright© 生姜農家の野望Online , 2019 All Rights Reserved.