レストラン「四季」高知・香南市野市町。おすすめのおしゃれランチ。

レストラン四季9
* 訪問したのは2015年3月です。

香南市野市町の隠れ家的洋食店『レストラン 四季』。

高知方面から行く場合は、香南市野市町の国道55号線にあるギフトショップ「東部ギフト」手前、あるいは「TSUTAYA野市店」手前の交差点を北へ入るとよいが、説明が難しいため地図を参照していただくのが話が早い。(地図

レストラン四季10
レストラン四季の店舗向かいには田園が広がる

住宅と田んぼに囲まれた『レストラン四季』。

「こんなところに飲食店が……!」
なんて、讃岐うどんめぐりにありがちなフレーズを口にしたくなるロケーション。

田んぼの周りには用水路が整備されていて、ナイル川並みの水量をほこっている。

レストラン四季8

店先の扉に貼られた紙に記載されているのは、今日の「日替わりランチ」の内容だ。

「これにしよう!」

一目見た瞬間にそう思った。
ハンバーグ、魚のフライ、ホタテのフライ、それにドリンクが付いて1,100円。

料理はすべて手作りされていることを知っていた竜一。コスパのよさに驚愕。

「安居渓谷くらい、安い……」

スポンサーリンク

レストラン四季の店内

土曜日の昼。混雑している店内。全席テーブル席。

メニューを開くも、やはり「日替わりランチ」がよさそうだ。

レストラン四季「日替わりランチ」

ポタージュスープとサラダ

レストラン四季1

先にスープ、その後にサラダが来る。ポタージュスープだ。

「”や”の付く味だな」と私は思った。

”や”の付く味とは、やさしい。やわらかい。そういう味という意味だ。

「とてもほっこりする……」

ほっこり具合でいうと、田舎のお婆ちゃんが寒い冬に外で「芋」を干していた。そんなエピソードを聞いたときほどの、ほっこり具合だ。

サラダ

レストラン四季2

サラダにかかったドレッシングも、おそらくは手作り。
「これまでに食べたことがないような味……」

ドレッシングが未体験ゾーンである。

太陽系のその先みたいな味がする。

これで「じつは業務用のドレッシングです」なんて言われたらどうしよう……。

やわらかい味わいのスープといい、手作りドレッシングがかかったサラダといい、すごく丁寧に作られた「お料理」といった印象。

思えば、田舎のお婆ちゃんが作る「干し芋」、あれも丁寧に作られた「お料理」なのである。

スープとサラダのおいしさに感動した直後、

くるっ……!
メインディッシュ……!!

日替わりランチのメインは、ハンバーグ、白身魚とホタテのフライ

レストラン四季3

ハンバーグ!ライス!
白身魚とホタテのフライ!

ハンバーグ

レストラン四季5

手作りハンバーグ!

サラダを食べている最中から、厨房からハンバーグのタネを両手でキャッチボールして成形する、ペチペチという聞こえていて、楽しみにしていた一品。

食べるとハートフル。

あふれる肉汁の一滴一滴に『四季』ご主人の、愛、LOVE、そしてYOUがにじんでいる。

フライの皿に移行。

白身魚のフライとホタテのフライ

レストラン四季4

「まずは大好きなホタテちゃんから……」
ホタテから食べようとした瞬間、心が揺れた。

好きなホタテからあからさまに食べる私の姿を見て、白身魚がどう思うか、だ。

俺はいいけど、YAZAWAがどう思うかだよね。

私はいいけど、SHIROMIはどう思うかだよね。

いつも白身魚にばかり、不憫な思いをさせるわけにはいかない。

魚だって、がんばってんだ。

レストラン四季6

白身魚にタルタルソースをたっぷり付けて食べる。

パン粉がおいしい。そしてタルタルソースがおいしい。

いつしか私の心は叫んでいた。

ああっ……!
持って帰りたいっ……!!

タルタルソースを……!
タッパーに入れて持って帰りたい!

食後のドリンク(レモンティー)

レストラン四季7

住宅と田園に囲まれた立地、穏やかな雰囲気が漂う店内で、食後に飲むレモンティー。

なんか、私、いま優雅じゃん?

そんな気持ちにさせてくれる『レストラン四季』。

ナイル川の流れみたいに、優雅である。

* レストラン四季では、2017年12月23日、24日、25日の3日間。【要予約】6,000円クリスマスディナーが食べられるとのこと。当該の3日間はクリスマスディナーのほかも、予約コース料理のみの提供とのことでご注意ください。

「レストラン四季」の所在地、営業時間、定休日、駐車場

所在地/高知県香南市野市町西野1939-2(地図
営業時間/11:00~14:30(L.O.14:00)、17:30~20:30(L.O.20:00)
定休日/火曜日
駐車場/有
■カウンター席/無 ■テーブル席/有 ■座敷/無

コメント

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメント投稿

*

Return Top