【ガスト】から好しの唐揚げがおいしい!ハッピーアワーで「せんべろ」

2021.03.07

  1. TOP >
  2. 高知グルメ >
  3. 高知市グルメ >

【ガスト】から好しの唐揚げがおいしい!ハッピーアワーで「せんべろ」

2021.03.07

※再生ボタンを押すと音が出ます。ご注意ください。

▼以下は、動画を文字起こしというか、"文字戻し"です。

髪を切ったその日の昼、私は「ガスト」に立ち寄った。

朝から何も食べていなくてお腹もすいていたし、喉も渇いていた。

ガストで"せんべろ"して帰ろう。

午後4時。昼食どきをとっくに過ぎたガストの店内は閑散としていた。

私は空席に座るとタッチパネルを操作して、料理をふたしな、そしてアルコールを注文した。

ガストでは「ハッピーアワー」といって、平日10時30分から20時まで、生ビール、角ハイボール、レモンサワーが、破格の税別200円(税込220円)で飲めるサービスが提供されている。

ほどなくして、ビールとハイボールが運ばれてきた。

2杯同時に注文したのは、ビールをハイボールのチェイサーにして、ハイボールをビールのチェイサーにしたいからだ

ビールを半分以上飲み干したところで運ばれてきたのは、草原みたいに美しい緑が印象的な「ほうれん草ベーコン」だった。

ガストで頻繁に注文する、これも税別199円と破格だ。

さらに「から好しの唐揚げ」が運ばれてきた。

ガストで前々から提供されている通常の「唐揚げ」に比べて、1個あたりの価格は2倍ほどになるけれど、それでも注文したい逸品だ。

役者がそろった頃には、ビールの8割ほどが胃袋に消えていた。

ほうれん草ベーコンにのったバターは、草原にたたずむヒツジのようだった。

それを溶かして、口に放り込む。
バターのよい香りが鼻に抜ける。

いつ食べても同じ味。
体によさそうでカロリーも低そう、なんて安心感は「日曜日のサザエさん」に通じるものがある。

次に「から好しの唐揚げ」に箸を伸ばす。

箸を通して指先に伝わってくる、うまいものをつかんだとき独特の感覚。

指先の神経が言っている。
「これ、おいしいやつ」

きのうも食べて知っているけど、また食べる。
2日続けてガストで食べる「から好しの唐揚げ」

サクサクと弾ける衣、ジューシーな鶏もも肉はプリップリの食感で私を支配する。

「幸せ……」

そして肴がうまいと当然出てくる欲求。

「もっと飲みたい……」

しかし現時点で、予定された会計金額は1,055円に達している。

これ以上飲むと、"せんべろ"が達成できない。

脳内で悪魔がささやく。

<もう1杯飲んでも、220円しか変わらないよ>

たしかにそうだ。
220円しか変わらない。

でも現状で抑えると、限りなく千円ピッタリに近い金額で"せんべろ"だと胸を張って言えるが、もう1杯飲んで1,275円では、"せんにひゃくえんべろ"なんて語呂も非常に悪くなる。

"せんべろ"は流行っても、"せんにひゃくえんべろ"は流行らない。

名残惜しいが、ここは"せんべろ"で帰ろう。

帰って家で、"べろべろ"に。

「今夜も、自宅で、トイレに千鳥足」

チャンネル登録、
お願い致します。

YouTubeで見る

チャンネル登録する

-高知グルメ, 高知市グルメ