【高知市】「モーニングできる、おいしいお店」を徹底解説!

高知市でモーニングできるお店の一覧。

ファニーズワッフル高知店 モーニング&ブランチワッフル

ファニーズワッフル高知店 - モーニング開始で"朝ワッフル"可能に

ファニーズワッフル高知店が2020年2月17日(月)よりモーニング&ブランチの提供を開始!毎日朝10時〜13時までだけ食べられる時間限定メニューです。所在地/高知市南御座6-10,営業時間/10:00~21:00 *モーニング&ブランチ10時~13時まで

穀物学校のモーニング

【高知市】「穀物学校」で子連れモーニング!座敷があって嬉しいな♪

人生経験の浅い幼児を連れて、外食することは難しい。 多くの人が子連れになって初めてわかるのが、座敷のありがたさ。 たとえば母子で、たとえば父子で……。 大人と幼児。二人だけで外食することは、とても大変なことである。 入店してから数分も立たないうちに席を立ち、店内を走り回ろうとする。 走り回る以前に、着席した次の瞬間には店を出ようとする。 そんなことは日常茶飯事だ。 座敷が欲しい……! ああ、それにしても座敷が欲しい! 多くのかたが、そう思われるのではないだろうか。 穀物学校の店内には座敷あり。大人数用には ...

【高知】「穀物学校」高知市高須の喫茶店で「モーニング」(座敷あり)

朝起きると突然「穀物」の勉強がしたくなった。 ああっ!それにしても…… 穀物の勉強がしたいっ……!! そんな気分になった。 世界的にもめずらしい、穀物の勉強ができる学校が高知にある。 穀物学校(高知市高須) 穀物学校(高知市高須) 高知市高須の『穀物学校』は、地元の有名企業「現代企業社」が経営する学校で、正確には喫茶店だ。 1階は駐車場、2階に教室(店舗)がある。 入口の扉を開ける。 「おはようございます。入校したいのですが……」 心の中で教員(店員さん)にそう言って教室の奥へ。 穀物学校の店内は座敷あり ...

テラスコーヒー05のモーニング・オムレツ

【閉店】おしゃれカフェモーニング「テラスコーヒー05」高知パワーセンター

高知市介良パワーセンター内にオープンした、MOHTE(モーテ)パワーセンター高知のカフェ TERRACE COFFEE 05(テラスコーヒー05)のモーニング全4種とメニューをご紹介。営業時間8:00~20:00。定休日は無し。

【高知】「ゆうゆう」大津店。おむすびに雑炊!和食モーニングあり!

朝食はパンよりごはん派・・・ 昭和生まれの日本人竜一・・・! しかしモーニングはパンのみという店も多い・・・! そんな中・・・! 和食レストランゆうゆう・・・! さすがは和食レストラン・・・! パンよりもごはん・・・! ごはんを前面に推したモーニングメニュー構成・・・! 和食モーニングの定番、おむすびもさることながら、とろろごはんに・・・ 雑炊っ・・・! 雑炊まである・・・! この局面で竜一、長考・・・! <おむすびは他店にもありがち!折角だから「ゆうゆう」ならではものでリーチしたいとなると真っ先におむす ...

朝7時開店!高知市のおすすめ和食モーニング「カフェレストすみれ」

朝は絶対にパンよりごはん派だ・・・! パンしかないと言われればパンを食べないこともないが・・・出来ればごはんが食べたい・・・! しかし米が無限にある家ならまだしも・・・! モーニングで「和定食」がある店は意外と少ない・・・! 人口比の喫茶店の数が日本一である高知県においてもだ・・・! がっ・・・! 先日訪ねた「カフェレストすみれ」ちゃんで・・・ モーニングメニューを見ていた竜一・・・! 発見していた・・・! ごはんモーニングを・・・! でっ・・・! 早速食べに再訪・・・! ある・・・!ある・・・! 和食モ ...

【高知】「八乃森」人気パスタカフェの「モーニング」で休日満喫!

高知市のパスタカフェ 八乃森のモーニングをご紹介。モーニングのメニューと、実際に食べたモーニング「バジルベーコントーストサンド & 目玉焼き」を記載。モーニング8:00~11:00、ランチ11:00~15:00、ディナー15:00~22:00

手打ちうどん 文吉 モーニングうどん

高知のうどん屋さんで最も多い開店時刻は、午前11時。 うどんのメッカ・讃岐、香川県ならまだしも、 高知において朝から営業するうどん屋さんは少ない。 それでも朝からうどんが食べたい。 目覚めた瞬間から・・・! 血が・・・!骨がっ・・・! 白いアルデンテを渇望している・・・! <はやく・・・! はやく・・・うどんを体内に取り込まなければ・・・! 俺は・・・!俺は・・・!> 私は車を走らせた。 貴重な「高知・モーニングうどん」を求めて。 『手打ちうどん 文吉』 陽が眩しい朝だった。 <また来たよ・・・文吉さん・ ...

© 2020 生姜農家の野望Online