竜一の高知放浪記

農家レストランくさぶきランチ

【第5話】竜一の高知放浪記 / 梼原町「くさぶき」キジ肉は外せんぜ

第4話に戻る 津野町の「布施ヶ坂公園」をあとにした我々は、大した理由もなく生半可な気持ちで国道197号線を走って、梼原町ゆすはらちょうを目指していた。 「そらあんた、せっかく津野町くんだりまで来たからには、ついでに梼原町も行っとかないかんわ」 「誰に言いゆうが」 「いや別に……」 時刻は13時半ほどだった。 ソルティ「お昼ごはんどうする?」 竜一「どうすると聞かれても、ここは山の中や。見ての通り山しかない。さすがに木は食えんわなぁ……」 ソルティ「当たり前やない!アホかっ?くだらんことえいき、はよ考えや」 ...

高知津野町布施ヶ坂公園のローラースライダー

【第4話】竜一の高知放浪記 / 津野町「布施ヶ坂公園」のローラースライダー

第3話に戻る 我々が、高知・津野町にある「道の駅 布施ヶ坂ふせがさか」に車で何時間もかけて向かった理由は、コンニャクのおでんが食べたかったからである。 ソルティ「コンニャクのおでんのために津野町まで行く人、普通おらんよね」 竜一「ここに一人おるわ」 本記事執筆時点より8年前の2012年にも短い記事にしたためているが、竜一は「道の駅 布施ヶ坂」のコンニャクおでんが大好きで、津野町に頻繁に足を運んでいるのだ。 さて、6年ぶりとなった今回の津野町遠征……。 ソルティ「全然頻繁に行ってないやん!」 結論を言うと、 ...

香南市野市町にある曽我の中日そば

【第3話】竜一の高知放浪記 / 隠れデカ盛り処「曽我」の中日そば

第2話に戻る 人は見かけによらないものだ。 コワモテなのに話してみると気さくで優しい人とか、若く見えるのにアラフィフの超絶美人もいる。 一方で、"見かけによらない店"もある。 見た目は年季が入った老舗食堂なのに、とんでもないデカ盛り料理を出すお店が、高知にはいくつか存在する(と言ってもすぐに思いつくのは2店だけだが)。 高知のデカ盛り処で、もっとも有名なのは、大豊町の「ひばり食堂」。 知る人ぞ知る"隠れデカ盛りの聖地"が、香南市野市町の「曽我」である。 高知・香南市野市町の老舗食堂「曽我」は隠れたデカ盛り ...

活魚レストラン藤 いっぱい海鮮丼

【第2話】竜一の高知放浪記 / 圧倒的コスパ「活魚レストラン藤」の豪華海鮮丼

第1話に戻る さかのぼることウン年前――。 生姜農家の野望Onlineの問い合わせフォームからメールをいただいた。 竜一さん、活魚レストラン藤をご存知ですか? 海鮮丼が花みたいになってて、めちゃくちゃすごいんですよ。 ぜひ行ってみてください。 正直、一語一句は覚えていないが、そんな内容のメールだった。 竜一「活魚レストラン藤ふじ、行ったことある?」 ソルティ「芸西村げいせいむらにあるお店やろ?」 (※ちなみにソルティとは妻の仮名である。和名だと生々しいかなと外国人っぽい名前を付けてはいるが、実際には高知県 ...

吉野園の外観

【第1話】竜一の高知放浪記 / 住宅街の名店「吉野園」の味噌カツラーメン

「味噌カツラーメン」という食べ物をご存知だろうか。 味噌カツラーメンとは、名の通り"味噌ラーメン"に"トンカツ"がのったラーメン。 もっとも他県のラーメン屋さんのメニューにも"味噌カツラーメン"はあるようで、東京や北海道にも味噌カツラーメンは存在する。 たが、どこのラーメン屋さんでも味噌カツラーメンを見かける、なんてことはないはずだ。 ところが高知のラーメン屋さんにおける"味噌カツラーメン提供率"は、8割を超えている。 割合は竜一の体感だけれど、少なくとも7割2分3厘は超えていて、イチローの日米通算の生涯 ...

© 2020 生姜農家の野望Online