そうじゃ飯店

<次は何処のお店に行こうか・・・!>

薄暗い部屋の中。
一人、500円ランチパスポートを見ながら私は考えていた。

<前回が『ひかるや』のうどんだったから・・・!
次はラーメンがええな・・・!
うどんばっかり食べてたら・・・栄養バランスが偏るがな・・・!>

パラパラとページをめくって、熟考。
のち、決断。

<うむ・・・!やはりラーメン・・・!ラーメンがええ・・・!
うどんうどんと来たら、次にラーメンと行くのはある種のセオリー・・・!
よっしゃ・・・!ラーメンで決まりや・・・!>

しかし・・・ここで竜一・・・!
重大なことに気付く・・・!

<あかーん・・・!
よう考えたら今は夜や・・・!
ランチパスポートやのに・・・夜はあかんわぁ・・・!>

だが・・・!

掲載されているメニューすべてが・・・!
ワンコイン500円で食べられるという・・・ランチパスポート・・・!
“ランチ”と記載されてはいるが・・・!
実は一部、夜でも使える店があるのだ・・・!

そしてよく見てみると、竜一が今まさに行こうとしているその店も、
「営業時間内ならば夜でも使用可能・・・!」
その旨が記載されていた・・・!

<マジか・・・!マジか・・・!マジか・・・!
やったぁぁぁああ・・・!千載一遇・・・!
それならば今スグ・・・40秒で支度して行くしかねぇ・・・!>

私は、高級軽自動車のステアリングを握ると、
800馬力V10エンジンをブイブイと噴かして、
高知市方面へとスッ飛ばした。

そうじゃ飯店

『そうじゃ飯店』

高知市小倉町、『フジグラン葛島』の2階にその店はあった。

看板を照らす照明の光が美しい。
まるで、スペシウム光線のようである。

店内に入る・・・!

中はそんなに広くなくて、
カウンター席と、あとは座敷が3テーブルという構成だった。

いつもなら注文時にとてつもなく迷うこともある竜一。
だけど、ランチパスなら選択肢はひとつ。迷う余地も無い。

もう、迷わない。キラッ☆
ボクには、ランチパスがあるからね。

水とおしぼりを持ってきたお姉さんに、
すかさず言う。

「ほっ・・・ほほほほほほほほほ・・・!
ほっとこうちのヤツで・・・!」

「はい♪・・・ラーメンは塩と醤油がありますけど・・・?」

瞬間。
竜一に電流走る。

<なんだとなんだとなんだと・・・!
塩と醤油・・・!塩と醤油・・・!?
そんなもん通常だったら・・・どっちにするか・・・!
2~3年は迷う究極の選択じゃないかっ・・・!>

動揺・・・!
心・・・完全に乱れる・・・!

<わからんっ・・・!わからんっ・・・!もうわからんっ・・・!
しおっ・・・!しおっ・・・!しおぉぉおおおおおっ・・・!>

瞬間的に・・・なぜか”塩”という言葉しか出て来ない・・・!
そして最早この極限では・・・その心の声に従うしかない・・・!
逃げ場など・・・!何処にも無いのだっ・・・!

竜一・・・!
発声・・・!

「塩でっ・・・!」

「はい・・・♪塩ですね・・・♪」

私の脳内で繰り広げられた壮絶なる葛藤など知らなかったかのように、
普通に注文を取って、普通に厨房の方へと去って行くお姉さん。

その後姿を見ながら、私はホッと胸を撫で下ろした。

<そうか・・・!そうかそうか・・・!
ランチパス提示後に味を選ぶ・・・!
俗に言う・・・!二段階方式だったのか・・・!>

待っているあいだに、
店内に数名いた他のお客さんが食べているものをチラッと見てみると、
大抵のお客さんが、何処かで見た内容のセットメニューを食べている。

<フフフ・・・みんなランチパス・・・!
そうじゃ飯店は割引率・・・高いもんなぁ・・・!>

そうじゃ飯店 ラーメン、チャーハン、餃子セット

『ラーメン、チャーハン、餃子セット』
(1030円 → クーポン提示で500円、期間中4回使用可能)

なんと・・・!
530円引き・・・!

半額以下っ・・・!

「餃子は、あとからお持ちしますので♪」

餃子は・・・!
あとから・・・!

あとからっ・・・!

そうじゃ飯店 ラーメン、チャーハン、餃子セットのラーメン

ラーメンの見た目が、ランチパスに掲載されている画像と少し違う。
豚バラ肉と思われる肉が、チャーシューに変わっている。

 
だが、竜一。
細かい事は気にしない。

こまけぇこたぁいいんだよ・・・!

そうじゃ飯店 ラーメン、チャーハン、餃子セット 麺アップ

パクッ・・・!

かなり細い麺。
よく九州系の豚骨ラーメンに使われている風な麺である。

やはり食感も豚骨ラーメンの細麺のように、
ブリブリとした固めの歯応え。

そうじゃ飯店 ラーメン、チャーハン、餃子セット スープアップ

昔ながらタイプの塩スープ。

そうじゃ飯店 ラーメン、チャーハン、餃子セットのチャーハン

チャーハンは独特で、ツナと、
おそらく、たくあん(漬物)が入っているように感じる。

ウチのオバ=アも、
チャーハンに時々たくあんを微塵切りにして入れるのだけど、
プリプリっと、食感のアクセントになって非常に良いと思う。

だけど、ご飯は少しシットリとしていた。

そうじゃ飯店 ラーメン、チャーハン、餃子セットの餃子

遅れてやって来た、餃子。

これだけ食べたら、さすがの竜一もお腹一杯。
でも、払わなければならないお金はたったの500円。

素敵っ・・・!

ランチパスは・・・!
正義っ・・・!

<今度来たら・・・!
醤油ラーメンにしてみる・・・!>

満たされた腹を擦りながら、
カルディアに寄って帰った。

そうじゃ飯店

◆ そうじゃ飯店(高知市小倉町)
営業時間/11時~21時30分
定休日/無
駐車場/圧倒的広さ

『そうじゃ飯店』の場所はココっ・・・!

お好きな呪文を唱えながら押して下さい。♪~(´ε` )

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    パズー(笑)
    美味しそう☆
    さすがクーポン!
    こじゃんとお得メニューですね(^O^)

  2. By すこっつ

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私は、高級軽自動車のステアリングを握ると、
    800馬力V10エンジンをブイブイと噴かして、
    高知市方面へとスッ飛ばした。

    あははは!!
    リューイチさん文章上手いね!
    ライターになれるかもw。

  3. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    これで500円ですからね・・・!
    そりゃもう40秒で仕度するしかなかったですよ!(*´σー`)エヘヘ

  4. SECRET: 0
    PASS: 5b90e6ad183357a027ec0d0443bc9637
    もはや軽自動車というより、F1マシンですからね・・・!
    屋根無いんで、雨の日は濡れますわー!♪~(´ε` )

コメント投稿

*

Return Top